--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
2013

■トラリピとは?トラップリピートイフダン(TRIFD)資産運用方法

CATEGORYトラリピ
「普段から忙しくて相場を見れる時間が少ない。」
「寝ている間のNY市場でチャンスを逃したくない。でも寝たい!」
「出張や旅行が多いから、心配でポジションを持てない。」


こんな方にピッタリの機械的トレード方法。
さらに公式データで、口座保有者全体の74%が儲けていて、
豪ドルでの運用に至っては8割以上が儲けている
という取引手法。

その名も「トラップ・リピート・イフダン」略してトラリピ
僕はこの仕組みがない頃に以前一度アナログでやって
結局手間がかかってしまって大変だった取引方法なのですが
今は業者が特許取得して自動的に売買できるようになっているので
本格的に活用しているトレード方法。

リスク管理がかなり重要なポイントになりますが、
使い方や設定方法次第で資産運用に活用できる
驚くほど単純、しかし奥が深いトレード方法。


仕組みは非常に単純です。




つまり単純な指値とその決済を繰り返すだけ。
それを自動化してしまおうというのが「トラップ・リピート・イフダン」です。

まず簡単にイフダンからおさらいしておくと、
通常のイフダン注文はこんな感じ。
もし~が成立したら~の決済注文が有効になります、ということですね。↓



これがリピートイフダンになるとこんなイメージ。
イフダンを何回も繰り返すのでリピートイフダンということですね。↓



また、トラップトレードはこんな感じ。
つまり罠にかけるということなのでトラップということです。↓



そしてリピートイフダンとトラップトレードを一緒にしたものが
トラップリピートイフダン。上記を組み合わせるわけです。↓



相場は通常下がっては上がり、そしてまた下がってというように
数十銭から数円の幅で上下に波を描いて動くのが普通。
さらにトレンドというものはなかなか明確には出来ません。
もみ合ったり長い期間同じようなレンジで動くこともしばしば。

このレンジで何度も同じような水準を行き来している時、
あそこで指値買いしてここで決済注文するのを繰り返し出来たらなぁ、
という考えを実現してくれるのが「トラップ・リピート・イフダン」なわけです。



さて、ここまで書いたところである程度経験のある方、もしくは勘の良い方なら
「急落する相場だったらどうするんだ?」とか、「設定幅が難しい!」とか
「資金管理が出来ていないとキツい!」と思われることかと思います。

そう、この仕組みの唯一の欠点は、有効な資産運用手段が、
資金管理(リスク管理)次第で危険な取引になってしまう可能性がある点。
僕も2002年からFXを始めて、毎年何度か急落する場面に出会っていますし
そのたびに逆張りの買い注文を入れて苦しい状況に陥っている方を大勢見ています。

ですからこの仕組みを使う場合は必ず、
資金管理(リスク管理)の精度を上げるとともに、
取引する通貨によってどの程度の値幅が良いのかなど
じっくりシミュレーションをしてから使ってみてください。


逆に言えばこの取引方法の欠点が明確になっているわけですから
資金管理と取引値幅の設定をしっかりとした状態に作り上げれば
後は勝手に注文を入れてくれるわけですから、最初がかなり肝心です。


この最初のリスク管理さえしっかりと出来て計算できれば
かなり有効な資産運用の手段となります。

特に余裕資金がある方はリスク対応幅が広いために
それに比例して戦略の幅もかなりして広くなるので有利。
最低30万ぐらいから始めると良いかとは思うのですが
できれば50万以上、100万以上で始めると余裕ですね。


現在この仕組みはマネースクウェア・ジャパンのみが扱っていて
特許も取得していることから、他の業者ではできません。

一応資金的なこととリスクのバランスを業者も分かっていて
ある程度資金があった方が良い、ということも説明がありますので
試される方は効果を試すよりもまず自分の資金やリスクを把握し
その上でこの仕組みを活用していくと良いと思います。

ちなみに僕は6月14日から香港ドルで自動売買を開始。
それもFXトラリピ研究者さんの手法を参考にして
100万で年利12%程度の利回りを目指しています。

100万で年利12%というと銀行預金と比べてかなり良いですが
実際にFXでデイトレするのに比べるとやはり低いです。

ただリスクの低さが香港ドルで自動売買する最大のメリット。
香港ドルなら過去の史上最安値を割り込んでも大丈夫であり
強制ロスカット水準に達する確率は非常に低いです。

またFXトラリピ研究者さんは自分年金を目指しているそうですが、
確かに年利12%で投資を続けると、6年ごとに資金量は倍になるペースで
36年後には100万円が6400万円まで増やせる計算。

リスクの低さ、将来的な安心感を買う意味でも
普段のトレードに加えて実行する価値があると判断し
自分でも実行し始めた次第です。

この結果についても日々のブログで書いて行き、
将来的に安心できる金融資産を作っていきたいと思います。

■トラップリピートイフダン詳細はこちら→http://www.m2j-3.biz/toraripifx_f/


※【2010/6/14追記】
香港ドルでのトラリピ運用を開始しました。
→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1669.html

※【2011/10/19追記】
豪ドル1000通貨単位でのトラリピ運用を追加しました。
→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1607.html

※【2013/2/19追記】
2012年の公式データで、口座保有者全体の74%が儲けていると出たうえに、
豪ドルトラリピに至っては8割以上が儲けているという凄まじい結果となっています。

※【2013/10/1追記】
トラリピで長く取引していたのが認められたからか、
このブログの読者の方に、「トラリピ戦略と考え方」
というレポートを進呈できることになりました。

→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1415.html

長期投資として考えると銀行に預けているよりはるかに効率良いですし
最近は日経新聞でも取り上げられるぐらい有名な自動売買ですから
また試したことが無い方は是非このキャンペーンを機会にして
うまく活用していただければ幸いです。

【このブログ限定!1,000円上乗せで合計6,000円!】
【為替見習レポート「トラリピの戦略と考え方」】
【運用方法がしっかりわかる!「FX トラリピの教科書」】

など多数のプレゼント企画をこのブログ限定で実施中!

詳細はこちら↓


■手順1:コチラからトラリピ口座開設申込
(当サイト限定プラス1000円クオカード付き)
トラリピ口座開設申し込み

※当サイトだけの限定キャンペーンですので、
 必ず当ブログよりお申込みください。
 途中で他サイトをご覧になりますと、
 対象外となる可能性がありますのでご注意ください。

※トラリピ運用ができるのはM2J(マネースクウェア・ジャパン)社だけ。


■手順2:コチラからレポート(トラリピレポート)申込
レポート申し込み

※条件を満たされたすべての方に当サイトオリジナルレポートプレゼント

■手順3:ログインして手順どおりに初期設定を行い取引を行うだけ。


知らないと損!口座保有者全体の74%が儲けているトラリピ。
豪ドルトラリピに至っては8割以上が儲けている取引手法

http://www.m2j-3.biz/toraripifx_f/

trcpn20131231.jpg

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。