18
2016

■使わないと損!スプレッド最狭!ゼロは当然、マイナスも。セントラル短資FX「ウルトラFX」

セントラル短資FXがスプレッドゼロ、そしてマイナスにまで至る、
業界最狭スプレッドを「ウルトラFX」にて提供、ということは以前書きましたが
使わないと損とも言えるこの低コストの環境。その詳細をまとめました。

ultrafx009.jpg
まずスプレッドは可変。
そして複数の提携カバー先金融機関が提示するレートの中から
最も良いレートを採用するという方法によって、その時点で最も狭い
スプレッドを提供する
という形でプライス提示されています。

ということはレートが逆転することもある、
つまりマイナスレートという衝撃の状態になることも。


ドル円のスプレッドがマイナス0.1になったところ(クリックで拡大)
ultrafx002s.jpg



スプレッド競争は以前からかなり過熱した感がありますが、
自分がFXを始めた10年以上前はドル円で5銭とか当たり前だったのを思うと
なんとも夢のような状況になったものだなと思います。

しかもこの方式は以前から大口顧客向けにはあったものの、
100万通貨単位などからという一般人には厳しい条件だったのが、
今回は5万通貨単位からと敷居もかなり低くなりましたし、
下記のようにユーロ円でもゼロになったりしますから、
これは使わないと損という感じですね。


ユーロ円でもゼロスプレッドがあります(クリックで拡大)
ultrafx003s.jpg


ちなみに2015年11月のマイナススプレッド提示状況はこんな感じ。(クリックで拡大)
ultrafx008s.jpg


またこれはもう取引するためには必須ではありますが、
非常に注文がスピーディーに通るということもポイント。

成行注文では当然ワンクリック発注機能が備えられていますし、
トリガー成行ではレートパネルがドラム式に表示されていて、
マウスホイールでレート変更が出来るなどかなり迅速に取引が可能です。↓

ultrafx004.jpg


これはデイトレを行う上で重要で、少しの違いで利益が変わりますから
1回の利益の差は数百円であったとしても、年間にすれば数万円の差がつく
ということは普通にあり得ますから、かなり嬉しい機能ですね。


またレートパネルには通貨ペアごとの建玉の合計が表示されていて、
コストも加重平均値で表示されますし、一括決済がかなり早くできるので
戻した場合の早い決済にかなり威力を発揮します。

ultrafx005.jpg

特に自分のデイトレは順張りゆえに損切りがつきものですし
その損切りや少額決済で撤退する時に一括決済で引き上げる、
ということは多くありますから、これはかなり有利ですね。

当然画面のカスタマイズも自分好みに出来ますから、
初心者の方でも使いやすい状態にして好条件で取引すれば、
無駄な負けを防いだり、他の業者ならかかるスプレッドによるコストを
下げることによって利益率を高めたりすることが可能となるわけですね。

大口向けの仕組みをここまで敷居を下げるということは、
結構業者側も苦労したのではないかと思いますが、
の投資環境は是非体験しておくと良いと思います。


業者の選択は慣れるのに少し時間がかかったとしても、
コストや機会損失などを考えると、良い業者に変えておくことで
年間数万~数十万の利益の差が出ることもザラと言えますので、
スプレッドゼロ、マイナススプレッドも頻繁に出てくるこの環境は、
今後トレードをしていく上で使わないと損ですね。

使わないと損!コストや取引機会で年間数万~数十万差も。
ウルトラFXの詳細はこちら↓
http://www.ultra-fx.com/
ultrafx009.jpg




0 Comments

Leave a comment