01
2008

■3月の取引結果まとめとドル円長期テクニカル状況■8ヶ月連続で長期は下向き確定。今月どこまでもどせるのか!?

午前中の記事でかけなかった先月のまとめと昨日確定した
ドル円の長期テクニカルについて書きます。


まずは3月の結果とまとめですが
■3月の確定済み利益額
+208,000円

■現在のポジ
USD/JPY 122.30 LONG*3
USD/JPY 121.10 LONG*3
USD/JPY 118.38 LONG*4


3月もこれまでと同じく特に大きな利益を出した取引はありませんでしたが
30銭前後の利確を中心にした日々のデイトレで利益を積み上げられたかと思います。
またドル円関してはショート中心で早い決済・早い損切りを心がけ、
一ヶ月通して基本戦略どおりの取引を低レバで実行できました。

本来ならもう少し取引量・回数ともに増やす予定でしたが、
本業が想像以上に忙しくなってしまったためその点が反省点。

3月は大きく円高にふれたため一時的にボラティリティが上がりましたので
久しぶりに資金管理もかなりシビアに見直しましたが、現在のところ問題はなく
今後も「塩漬けを残した状態でいかに高回転取引で確定利益を作るか」
という検証は今後も続けていこうと考えています。

3月もレバレッジは一度も3倍を越えることはありませんでしたので
4月も中期テクニカルが転換するまでは基本戦略を継続し
小さい利益をコツコツ積み上げていければと思っています。

※私の塩漬けポジに関しては「新しい検証をする」と書いたとおり
 明確な根拠と資金管理に基づいて塩漬けしているものですので
 決して安易に真似することのないようにしてください。

 現時点では約160万ほどの含み損をまだ抱えていますが、
 保有期間7ヶ月の間、短期の高回転取引で出した確定利益は3,525908円と
 含み損分を大きく上回っていますので現時点では一応の成果は出ています。

※新しい検証について→該当過去記事(下のほうです)



また昨日確定したドル円相場の長期テクニカル(長期トレンド)は下向きとなり
これで8ヵ月連続という状況になっています。


※チャートの見方など長期テクニカルに関しての過去記事は
8月末の記事
9月末の記事
10月末の記事
11月末の記事
12月末の記事
1月末の記事
2月末の記事


3月はさらに一段と円高方向へと動いたわけですが、チャートを見てもわかるように
その下落スピードは過去の下落を見ても速いものとなっています。

ボリンジャーバンドの-3シグマと-2シグマの間で推移するというのは
テクニカル的に見ても非常に強い下落圧力を意味しますので、
今後は-2シグマと-1シグマの間までの推移にもどるかが焦点。

今日の昼時点で中期テクニカルの抵抗帯手前で止まっていましたが
今後はこの中期テクニカルの抵抗帯の中にしっかり入ってそのまま上抜けるか。
長期トレンドは上記のように下方向で継続していますから、
まずは中期的な流れが変わるかどうかをしっかりみたいですね。

特に短期的に大きく戻した場面でも、中期が戻しきっていないときは油断は禁物。
希望的観測を持って甘めに見るのではなく、中期テクニカルの方向性や抵抗帯を
日々しっかりと認識しておき、その抵抗帯を明確に越えて中期が上向くまでは
「下落トレンドの中の戻し」として捉えたいところ。


これらの節目などはまた日々の記事やメルマガで書きますが
中期テクニカルの方向性が変わらない間は、これまで同様

「中期が下かつ短期の上値第一目処を越えるまではショート中心」
「短期が上で、中期テクニカルの抵抗帯に近づけば戻りを探る」
「短期の上値第一目処を越えたら様子見して攻防を見守る」
「中期テクニカルの抵抗帯に入っていった場合は様子見」

という基本戦略で取引は順張り中心に行う予定です。

今週は雇用統計などの注目材料が多数予定されているため
特に目先の動きに惑わされてしまうことが多くなりがちですが、
自分はどの時間軸でポジションを構築しようとしているのかを考え、
それにそった戦略と分析を行うと良いと思います。

特に取引をしているとつい「値段」に目線がいってしまいますが、
相場は必ず「値段」と「時間」の2軸で見る必要があります。
目標とする「値」があったとしても、それを「時間」軸で見た場合、
本当に実現可能な目標なのかどうか。時間的に不可能な目標を
希望的観測だけで持ってしまっていないか。

それを常に考えて、現在「長期的には~」「中期的には~」「短期的には~」
だから「今」自分はこのような戦略を取る、という根拠を持つように日々意識すると
相場を見る際の分析力、少しの変化に気づく勘などが養われると思います。

※これらの分析、シミュレーション等については「私の失敗談」と合わせて
 過去記事に書きましたのでよろしければ参考にしてみてください。
→過去の円高から学んだこと - 6年間のFX失敗体験談とその後の修正談

※今日のドル円、クロス円テクニカル分析や各国重要指標等
 基本的な流れはメイン記事をご覧ください→今日のメイン記事


今週は本業が忙しくなるのでメルマガ(節目情報)は不定期発行にします。

0 Comments

Leave a comment