01
2015

■円高で大変な思いをしている方へ■為替相場の分析方法について【日々失敗を修正し続けることで本当の力がつく】

2002年にFXを始めてからというもの、僕は失敗だらけの取引をしてきました。
特に円高時においては目も当てられない状態に何度も陥って、
そのたびに絶望的な思いを体験したことを覚えています。

そんな僕ですが、2002年に大きな損失を出したものの
2003年からは年間収益でプラスを出すことができています。

その大きな要因は「自分で体験し、失敗し、修正する」ということを
日々繰り返すように意識したことが大きいかと思っています。
今回はその「体験・失敗・修正」と為替相場分析について
自分の思うところを書いてみます。



まず僕が現在、為替相場分析のために把握している項目は次の通りです。

・長期的トレンド(長期テクニカル:数ヶ月~)
・中期的トレンド(中期テクニカル:数日~数週間)
・短期的トレンド(短期テクニカル:数時間~数日)
・超短期的トレンド(超短期テクニカル:数分~1時間)
・短期・中期・長期テクニカルの節目と重要抵抗
・通貨間の力関係
・自分の資金管理・レバレッジ状態

本業の忙しさに合わせて上記をすべて数値化して把握し、
必ず上下両方に50:50の割合でシミュレーションして
取引時の行動レベルまで落とし込んでいます。

さらに取引の大きな方針として、「予想はしない」と決めています。
その代わりに行っていることは「現状をできるだけ正確に把握すること」です。


たとえば台風が南海上で発生したとしましょう。
「台風が東京に来るかどうか」は予想となるので
どこに台風が行くかっていうことは気にしません。

その代わり台風が南海上で発生したという事実を把握すること、
さらにそのときの気圧配置や偏西風の強さ、海面の温度そのほか
モロモロの「数値で表せる事実」「確実にわかっている事実」を把握するのです。

そうすると、必然的にその事実を見ていくうちに「危ないこと」がわかってきます。
たとえば「この週末伊豆へダイビングに行こう」とか「サーフィンに行こう」、
「週末のフライトで沖縄に行こう」といった選択肢は
台風がどこに行くに関わらずリスクが高い行動予定と言えますよね。
そういった危ない行動予定を片っ端からはずしていくわけです。

一方でリスクの低い行動予定も考えることができます。
たとえば「週末は近所に映画を見に行って美味しいものを食べよう」
「家でゲームでもして遊ぼう」「寝て疲れを取ろう」
などなど。

 ※テクニカルや節目数値取得に関する過去記事 最も役立っているFX情報ツールと活用法


取引においても同じように考えています。
現状を正確に把握することで「今絶対やってはいけないこと」
「今やるとリスクが大きい取引」「今この通貨を買うのはリスクが高い」
など、現状からリスクの高いものがをたくさん抽出することができます。

そしてそれをはずしていくと結果的に低リスクなものが残り、
その中でも最も低リスクなものを選んでいくというのが
2002年に大きな損失を出して以来僕の基本方針になっています。


ちなみに「予想しないこと」で同時に行っているのは【希望的観測の排除】でもあります。

人間は自分が望むものや見たいものを見たくなる動物と聞いたことがあります。
ということは上下両方の材料や、ニュース等が目の前に出てきたとしても
希望する方向があればついついそっちに偏って見ちゃうこともあるということかと。

いつも上下のシミュレーションをするように心がけてることや
上記のように「予想をしないこと」で得られる大きな利点は
本来なら嫌と思うほうも見ること・考えることで希望的観測を排除し
どちらに動いても良いようにフラットに考えられるようになることでもあります。
一歩引いた鳥瞰図的な見方というイメージとでもいいましょうか。

 ※力関係活用法についての過去記事 【円高を事前に読む】【最も低リスクな通貨を瞬時に判別】確実に勝率を上げる活用法


慣れるまではこういった分析を行うのに時間がかかるものです。
2002年僕がFXを始めたころは、全く分析などできていませんでした。
今でも日々小さい修正点を見つけて、改善するようにしています。

ひょっとしたら世の中で天才と呼ばれる人々は、
相場を事前に予想して買っては反転売り、売っては反対買いをしたり
はじめての失敗でも事前に予測して回避しているのかもしれません。
しかし僕のような凡人は、なかなか失敗を避けきることはできません。

でも失敗したら修正して二度と同じ間違いをしないようにすることは可能です。
そしてその体験から得た「自分なりの答え」は、とても大きな財産になっています。

今はインターネットが発達したこともあって、何でも調べれば情報が手に入る、
とても便利な世の中になりました。しかしそれだけ情報が増えすぎている分
自分で体験したり、そこから学ぶということがおろそかになりがちです。

インターネットで知った「知識」は、あくまでも他人の知識・経験の借り物であって
それを見て知ったという段階で、「自分も完璧な知識を得た!」と
思ってしまうことがたびたびあるように思います。

しかし実はこれ、全く身についていない単なる「知識」であって、
「知恵」というレベルまで持っていくことはできていません。

「絵本だけで自転車の乗り方を見て、一発で自転車に乗ろう」

というのは難しいですよね?子供はみんな補助輪をつけて乗ってみて
そこでバランス感覚を養いながら、それが出来るようになったら補助輪をはずし、
そして何度かこけたり、擦り傷を作りながらだんだん体がバランスを覚えて
いつしか何も意識しなくても自然と乗れるようになるものです。

FX取引や為替相場分析にも同じようなことが言えると思います。
インターネットで氾濫する情報やニュースなどばかりを見ていても
それは結局単なる「知識」というレベルまでです。

それを実際に自分で活用できるようにするには、
体験して、失敗して、それを修正しつづけていく。
そして自分の体験から答えを導き出していく。


自分なりの答えは、誰に教わるでもなく自分が生み出したオリジナルなため
困ったときに大きな自信となって自分を支えてくれます。
これが他人の借り物の知識だと、不安になって仕方ありませんよね。


上記のような相場分析も、このようにして少しずつ仕上げてきたものです。
時間もかかるし、毎日1時間以上相場分析に費やしていてまだまだ手際が悪いですが、
その分取引するときに迷うことはなく取引は淡々と行えるようになりました。

そして万全の資金管理・レバレッジ管理と合わせてしっかりと分析を行えば、
体験的に大きな負けをする確率を減らすことが可能とわかりました。

 ※検証に関する過去記事 【大損失→継続的勝利への最短ルート】 - 勝率改善に最も効果があった検証・上達方法



最初はまともな分析ができなくとも自分で努力して検証し、
どんどんブラッシュアップさせれば分析力もついてきますし、
その力は今後数十年にわたり、かけがえのない財産になります。

誰かのものをそっくりそのまま使いたい!と思うかもしれませんが、
自分で作る段階でしか見えてこないそれぞれの数値の関係性や
相場に関する知識・知恵もたくさんあります。


そしてそこで発見したことが継続的勝利に近づく最短の道かと思いますので
是非ゼロから分析し、研鑽していくことをオススメします。

逆に誰かに頼ってしまった場合、その人がいなくなったり
急に曲がりやさんになってしまうと自分を支えていた軸がなくなるわけで
非常に精神的にも不安定になり、取引も崩壊していく可能性が高いです。

莫大なお金をギャンブル的な取引で稼いで、
1年でFX投資をやめると決めている人なら別ですが
多くの人は資産運用として今後も続けると思いますので
時間をかけて資金管理や分析を磨く価値は十分あるでしょう。

 ※シミュレーション方法に関してアクセスの多い過去記事 【秘密を公開?円高でも負けない取引の秘訣】 - 損しない取引/円高でこそ勝つ取引


僕の2002年の破滅的な大負けは本当に酷いものでした。
毎日相場が気になって、ご飯も美味しく感じない、寝るのも怖い、
毎日祈るような気持ちでチャートや情報を見ていたことを思い出します。

しかしその大きな失敗を2回した後は毎日資金管理表を作って改善し続け、
さらに分析も人に頼るのではなく少しずつ修正を繰り返していくうちに
無茶なトレードはほぼ完全になくなりました。

その結果として2003年以降、年間収支は毎年プラスになっています。

資金管理表はエクセルが苦手な方でも四則計算だけで出来ますし
分析は一つの通貨だけでも日々行うことでどんどん磨かれます。

非常に面倒なのでつい既成の答えを探したくなるかもしれませんが
相場で勝つための正しい答えというのは、常に自分を磨いて
相場の変化に対応できる知識・知恵をつけることかと思います。

円高になって多くの方が失敗したり、絶望的な思いを抱いていると思います。
しかしそういうときだからこそ、その失敗を次にどういかすのか。

命さえあれば何度でもやり直しはききますので
意地にならず、失敗したらそれを謙虚に反省し
必ず同じ失敗はしないようにしよう、と心に刻んで
将来的に磐石の資産運用ができるよう、研鑽していきましょう。








【最も役立っているFX情報ツールとその活用法】 - 節目情報取得で勝率・利益率改善
【大損失→継続的勝利への最短ルート】 - 勝率改善に最も効果があった検証・上達方法
【秘密を公開?円高でも負けない取引の秘訣】 - 損しない取引/円高でこそ勝つ取引




12 Comments

ユウ  

先輩の心強いアドバイスに、素直にありがとう。

2008/03/16 (Sun) 22:03 | EDIT | REPLY |   

愛犬てつ  

すばらしい記事です。明日のことを思うとかなり落ち込みがちでしたが、今まで考えていること、行動していることが再確認できました。

ありがとうございます。

2008/03/16 (Sun) 23:43 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

ユウさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

今はこのように記事を書けていますが、昔はホント散々でした。
特に円高のときは本当に困ったことが多かったので
今はこういう記事を書くことで、少しでも読んでいただいた方が
今後投資が堅実にできるように参考にしていただければいいなと思っています。

これからもよろしくお願いします。

2008/03/17 (Mon) 00:19 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

愛犬てつさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

今のような相場では精神的にまいってしまいますよね。
私も精神的に強いほうではないと思っているので、
これまで精神面をラクにするために様々なことを数値化したり
自分の状態を把握することに努めてきたように思います。

まだまだハードな相場は続くかもしれませんが、お互い頑張りましょう!

2008/03/17 (Mon) 00:26 | EDIT | REPLY |   

外為錬金術師catu  

良記事でございます。

確かにどんな技法でも自分で体感して、修正して、初めて自信を持ってトレードが出来るというものです。完全に借り物技法では不安でしょうがありませんものね。
ちまたにはびこるシステム系の技法なんて中身がブラックボックスと来たら、絶対いざって時に怖くてぶん投げてしまいそうです。
まだまだやんちゃなトレードが多い私ですが日々精進致します。

2008/03/18 (Tue) 00:08 | EDIT | REPLY |   

cocco  

勇気づけられました(^-^)

収益のあがらない本業(NPO運営)を継続するための糧にと始めたFXですが、
お金は魔物ですね。なかなか冷静に取引できません。

感情に負けず、クールに分析できるように精進します。力づけられる記事でした。
ありがとうございました。

やれやれ、この円高いつまで続くのか。
我が政府は自国経済を守るつもりはなさそうだし・・・キウイを貯めて、国外退去しようかな。

2008/03/18 (Tue) 10:11 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

catuさん、こんにちは!コメントありがとうございます。
大変恐縮でゴザイマス(^^;

自信を持つまでに幾度かの失敗とそれに伴う損失もありますが
その損失を怖がっていてはなかなか前にはすすみませんもんね。
私もまだまだ修正すべき点がこれからたくさん出てくるんだろうなと思います。

今週もお互い頑張りましょう!

2008/03/18 (Tue) 11:41 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

coccoさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
お金は怖いですよね・・。メンタル面とお金の関係だけでいくつも論文とか書けそうな気がします(^^;

自分もまだまだですが、感情は時に大きく影響を与えてしまいますので
なるべく感情を外から客観的に見るようにしたいですね。

それにしてもおっしゃるように日本政府は頼りないですよね・・
バブルで企業は強くなったかもしれないけど、
お上がこれでは・・と思っちゃいますね~

2008/03/18 (Tue) 11:44 | EDIT | REPLY |   

ondagwa  

ストップ

多くのブログとは異なり実際的な記事ですね。ポジ持ったらストップをつけろと言われるのですが、経験では50銭ぐらいは平気で銀行ディーラーが「ヒゲ」いつも持っていき、そこで方向転換されることが多いです。

彼らはストップを取って現在の市場にだせば益が確実にとれます。

ストップはポジの価格からどれくらい上下につけるのが実際的なのでしょうか?

2008/06/29 (Sun) 18:34 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

ondagwaさん、はじめまして、こんにちは。

ストップに関しては非常に悩みが多いところだと思います。
私もFXを始めてしばらくはストップでかなり苦労しました。

ただ今まで私なりにやってきて思うのは、
ストップは値幅で決める必要はない、
むしろ値幅で決めないほうが相場分析の力もつく上に
勝率も利益も上がるということです。

つまり値幅を基準にすることは
あまり現実的、合理的ではないかなと個人的には考えています。

実際にここ2,3年の私は値幅を根拠にしてストップをつけたことがありません。
資金量やレバレッジ比率にもよりますし建てたポジの目的によっても違います。
さらには相場の状況によっても適切なストップ位置は違うと思っており、
その都度適切なストップ位置を分析するのが最も自然な方法かなと考えているわけです。

その中でもまず重要なのは自分の中にあるリスク要因です。
レバレッジが高いと、どれだけ綿密に相場を分析できていても
いざ値動きがでると精神的に揺さぶられる可能性があるわけです。

するとその精神的な部分によってストップを引き上げてしまって
「あと30銭下だったら反転していたのに・・」というようなことが起こるわけです。

レバレッジが30倍の人と3倍の人では
精神的な余裕が全然違うわけですね。
すると3倍の人があと50銭待っても余裕と思っていても
30倍の人はその50銭で何万の損が増えるわけですから
ストップは浅くないと怖い・・と思う可能性が高いわけです。

ですのでまずは自分の中のリスク要因を万全にすることが
適切なストップ設定へ第一歩かと思います。

極端に言えば、資金管理にめちゃくちゃ余裕があれば
ストップもリミットもなくても良いかもしれません。
私の場合は資金管理とストップ・リミットは非常に密接なもので
常に一緒に考えています。

仮に資金管理が万全で、ドル円が1ドル=1円になっても大丈夫という状態なら、
100円でポジションを持って、110円が目標、ストップは10円、期間はいつまででも良い
という戦略も合理的といえる可能性もあるわけです。
(分かりやすいように極端な例を書きましたが)


ここが万全に出来たら次に相場分析とそのポジションの目的・目標です。
まず相場の状況がしっかり把握できているのか。これには正解はありません。
自分なりに判断した基準で考えて、それで失敗したら修正を繰り返す。
その流れを何度も繰り返すことで分析力がつきます。

上の記事でも書いたように、人の判断は借り物の知識ですので
日々ノートをつけるなどしていくことで
だんだん人より的確に判断できるようになると思います。

その分析に基づいてポジションを取ると思いますので、
そこまできたらそのポジションで狙う目標はどうなのかを考えます。
まず値幅はどの程度なのか、そして時間軸はどの程度の期間を考えているのか。

長い期間で戦略を考えているのにストップを浅くすると
当然狩られやすくなるわけですね。そして繰り返しになりますが
浅くしなければいけない(浅くしなければ怖い)原因は
相場側にあるのではなくて自分の資金管理にあることが多いです。

短期取引の場合でも資金管理に余裕があるときは
ほぼストップをつけないぐらいの気持ちでもいられるでしょうし、
実際に私が行っているのはこのぐらいの資金管理です。

とここまで書いて、資金管理が軸というのがわかっていただけたかと思いますが・・
私の周りでも値幅を基準にした友人は多かったですが、
そこに資金管理が連動しておらず失敗した人は多いです。

なのでそういう友人にたずねられたら必ず資金管理から入ります。
分析力は時間をかけて磨いていく必要がありますので
今すぐには無理な部分もあるのですが、
資金管理は誰でも可能です。

ですのでondagwaさんも値幅と資金管理の連動というか
関連性みたいなものを考えてみると良いかもしれません。
さらに資金管理と目の前で起こる相場変動と自分の精神面の連動も
常に意識されると良いと思います。

そしてどうしても狩られやすいという場合は
レバレッジを落としてみて、精神的にどう変わるか等
実際に色々なパターンを検証されると良いと思います。
精神的強さには個人差がありますしね。

私はあまり精神的に強くないと思っていて
余裕に余裕を重ねるようにしています。
実際にそうしてから勝てるようになりましたので。

長くなりましたが私がストップ設定について考えているのはこんなところです。






2008/06/30 (Mon) 12:53 | EDIT | REPLY |   

仲居  

資金管理について私も同感ですが、FXの世界にお金をたくさん入れたくないので、今は一枚でやっています、早くお金を増やしたいと安全保障のある方法の両立は難しい。とても悩んでいる。

2009/05/16 (Sat) 14:39 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

仲居さん、こんにちは、はじめまして。
上海出張中にもコメントをいただいていたみたいで、ありがとうございます!
またいつもお返事がおそくってすみません。

オカネを増やすこと、守ることって
本当にバランスが難しいですよね。

僕も今の資金管理や、金融資産の中でのFXの割合など
日々微調整しながら、試行錯誤しながらの状態で
きっとこれからも状況に応じて細かく変えながら
最適なところを探すことになるのかなと思います。

なかなか難しいようなテーマですが
お互い今後とも頑張りましょう!(^^)


2009/05/17 (Sun) 00:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment