30
2007

■6月の結果:来週は日銀短観に雇用統計!

今週はテクニカル面で見てなかなか面白い週でしたね。
ここしばらく中期的目線の指値が刺さるようなこともなく
メルマガに中期的指値を書き続けるのも気が引けたんですが
今週はようやくそれらもヒットしてうまく回すことができましたし、
テクニカル面で見ても相場に動きがあり、楽しい週だったと思います。

昨日は本業の経理作業をやっていたおかげであまり相場を見れませんでしたが
メルマガに書いていた通り中期的指値でもったドル円を一旦解消、
さらにユーロドルで取引(利益なしですが)という形で6月の取引を終えました。

さて、今週のドル円を振り返ると122円前半の重要節目までの下落もあり
その後のしっかりとした反発もありといった格好で、今後を見据える上で
一応の目処がたった週だったのかなと考えています。

来週は月曜に日銀短観、週末には雇用統計が控えています。

日銀短観は四半期に1回の超重要イベントですから注目したいですね。
日銀短観とは、日本銀行が景気の現状と先行きについて企業に直接
アンケート調査をするもので「企業短期経済観測調査」 のことです。


企業の業況見通しなので、相場に与える影響は大きいですし、
今週のテクニカルの節目をおさらいした上で、しっかり戦略を立てておきたいですね。


ではまず昨日の取引から。
昨日の取引は晩御飯後からの取引でした。
日中はほとんどが経理作業に追われていてあまりチャートを見ておらず
ユーロドル、ポンドドルに乗れませんでしたが、21時過ぎからユーロドルで参戦。

1.35で一度跳ね返っていたあとに越えてきた場面でしたから
とりあえず1.35を割れなければ大丈夫だろう、との考えで取引。

1.3507で5本買いました。1.355付近を一応の目処として考えていたのですが
あまり伸びずに落ちてきたことと、当初の目的が短期取引だったため
安全第一ということで早くも11時過ぎには買値と同値で決済。

月末ということもあって、持ち越すつもりがなかったこともありますが
1.35で粘るのを確認しなかったのは良くなかったかなと反省しています。
昨日はあまり集中できていなかったのかなというところです。

また、ドル円の決済については最後の最後まで迷ったのですが
最終的に夜寝る前の1時半前ごろに決済しました。

この決済については自分の中での一旦の目標値としていた、
123.30を越えた時点で自分の中で納得がいっていたので
そこを割れる前に決済したというところです。


■昨日の取引
EUR/USD 1.3507 LONG*5 →1.3507決済(成行→成行)
USD/JPY 122.30 LONG*3 →123.33決済(保有ポジ→成行)
+32,736円

■現在のポジ
なし

■今月の確定済み利益額
+679,378円


6月は本業の仕事との兼ね合いでFXもなるべくリスクを少なくして
冷静に冷静に、着実に着実に、と考え続けた一ヶ月でした。
最後には集中力も切れましたがなんとか乗り切れたかなと思います。

ポジ量に関しても、最大持ち越しが13本ということで、
昨年から続けている高回転の取引をベースにしながらも、
伸ばせるところはなるべく伸ばすように、ストップを
うまくコントロールできてきたと感じています。

来月もいかに普段の高回転ポジの中から、伸ばすものを作るか、
という点を重点課題にして、今月のようなペースで取引できれば
と考えています。


0 Comments

Leave a comment