02
2017

FX初心者にデイトレ革命起こるかも!?オートレールを試してみた

初回公開日:2017年1月31日
最終更新日:2017年4月2日
オートレール

FXをやってきて15年、FXブログを書いて10年が経つわけですが、
ついにFX初心者にデイトレ革命が起きるかもしれない・・と思う発注機能、
オートレール」がマネックス証券さんからリリースされました。

デイトレ好きな僕としてはすぐ試してみたわけですが、ノーマルな使い方から
ちょっと変わってるけど初心者にはこの使い方!ということも研究してみたので、
今回は「オートレール」について掘り下げて書いてみようと思います。
【目次】
1 なぜオートレールがスゴイと思ったのか
2 オートレールの仕組みと注文方法
  2.1 オートレールの仕組み
  2.2 オートレールの注文方法
3 オートレールのメリット・デメリット
  3.1 オートレールのメリット
  3.2 オートレールのデメリット
  3.3 初心者にオススメの始め方
3 最後に


1 なぜオートレールがスゴイと思ったのか

15年もFXをやってると、相場変動も業者の機能改善に関しても
大抵のことには驚かないのですが、今回はちょっと驚いたとともに
すごいなと思いました。なぜそう思ったのか。まずこの点から書いてみます。

FXブログを書き始めて10年が経過しますが、この間変わらないことがあります。
それは「FXで失敗、大損したのだけれどどうすれば・・」という相談の数

特に初心者の方の中には、FXは簡単と思い込んで始めてみた結果
小額の含み損の対処方法がわからず大損するまでずるずる持ってしまい、
その結果投入財産を失って相談に来られる方もいらっしゃいます。

失敗相談


初心者の方が勝てるようになるまでには経験を積む必要がありますが、
僕がFXをはじめた2002年当時からすれば随分チャートやツールも充実し、
昔に比べると初心者の方でも大損はしにくくなっているのですね。

にも関わらず、失敗談、大損経験談を持って相談に来る方の数は変わりません。
なぜなら、負ける原因はチャートやツールだけではないからです。

ツールやチャートなどの機能を使っても簡単に身につかないもの、
つまり「FXで勝つためのメンタル」が出来ていないことが原因であり、
それは相場である程度経験を積みながら磨いていくしかありません。

メンタル


ところがこの「メンタル」の問題を解決できるような発注機能が
マネックス証券からリリースされました。それが「オートレール」。

自動発注かつリピートが出来るので、トラリピやサイクル注文、
ループイフダンなどと同じようなものかな?と思って試してみたところ、
既存のリピート注文とは全く違うものだということがわかりました。

それと同時に「FX初心者にデイトレ革命が起こるかも・・」とも感じたのですね。
なぜなら初心者が「メンタル」によって失敗しやすいパターンを
事前に防ぐことができるような発注機能だったから
です。

今回の記事ではリリースから2週間使ってみて、
掘り下げた使い方などを研究して検証もしてみましたので
FXで勝てない人は一度参考にしてもらえればと思って書いた次第です。


2 オートレールの仕組みと注文方法

オートレールとは、トレール注文を繰り返し自動発注してくれる仕組みです。
手っ取り早く理解するには動画を見てもらうのが一番かもしれません。


 2.1 オートレールの仕組み

 動画を見る前に幾つか抑えておくべきポイントを挙げると・・

  ・基本はトレール注文である
  ・トレール注文を連続かつ自動発注できる機能である
  ・設定が簡単である
  ・一度設定すれば後はずっと全自動で発注してくれる

 というシンプルなものです。まずは動画を見てみてください。



 要はとてもシンプルなのですね。トレール注文を繰り返すだけなので。
 自動売買やシステムトレードは、仕組みが複雑になると不安も増し、
 どうやって利益や損失が出ているのか理解しにくいこともありますが、
 単純にトレール注文の繰り返しと自動発注だけなので簡単です。

 ただ、そもそもトレール注文って何よ?という方もいると思いますので、
 トレール注文の方法を確認しながら説明していきましょう。


 2.2 オートレールの注文方法

 オートレールの仕組みは先ほどの動画でもある程度わかりますが、
 注文方法を見てもらうとさらに理解が進むと思いますので、
 実際の注文画面を見ながら説明していきます。

 ここでは例として、以下の条件で説明してみましょう。

  ・通貨ペア・・ドル円
  ・取引方向・・ロング
  ・注文開始地点・・120円
  ・注文量・・1万通貨
  ・トレール幅・・30銭

 まずログインして取引画面を立ち上げ、赤線で囲ったタブを選択し、
 「オートレール」をクリックします。

 取引画面

 
 するとオートレール注文の入力画面が出てきます。

 入力画面


 オートレール(新規)の通貨ペアでUSD/JPYを選択。

 通貨選択画面


 売買で買にチェック。

 売買方向選択


 注文数量に10を入力(単位が1,000なので、10を入れると1万通貨)

 取引量入力画面


 トリガー/トレール設定の基準価格に120を入力(120円でロング)

 取引価格入力画面


 続いて方向を「上」方向に

取引方向選択


 値幅を1円間隔で1本(1本だけなので値幅は関係ないですが、とりあえず入れる)

 値幅と設置数


 トレール幅に0.3を入力(30銭)

 トレール幅


 オートレール有効期限で日付指定を選択し
 日付覧に取引当日の日付を入れる(例:20170131)
 時刻に2359と入力(これは寝る前なら何時でも良い)

 日付指定


 次へ(確認)を押し、注文内容を確認したうえで「設定」を押す

 autotrail015s.jpg
 (クリックで拡大します)


 これで注文完了です。たったこれだけ。
 これでドル円が120円に到達したらロング注文が発注され、
 それと同時に30銭下に損切り注文が設置されます。

 この後120円から上昇していくに従って、30銭の値幅まま
 損切り注文位置も上昇していくことになりますので、
 例えば120.30になった時点で損切り注文は120円に来て、
 この後はどう動いてもプラマイゼロは確保。

 さらに上昇して120.60に到達した時点では損切り注文は120.30に移動。
 120.60で頭打ちになって下落してきても、この120.30はここで固定され、
 そのまま下落すれば120.30で決済されて利益が出ます。

 また120.60で戻してきても、120.40あたりで反発上昇し、
 120.90まで到達したら、そのときは決済注文が120.60になっており、
 下落したらこの120.60で決済されるという仕組みです。

 イメージ図
 オートレール注文イメージ
 

 ちなみに注文が通った直後にすぐ下落して120円を割った場合でも
 30銭下の119.70で必ず損切りされるので、最悪の場合でも
 最初に設定した損切り分にリスクが限定できるメリットがあるわけですね。


3 オートレールのメリット・デメリット

ここまで読んでいただくと、初心者の方が陥りやすい失敗パターン、
つまり利益を伸ばしたいけれど、早く決済してしまって利益が小さくなったり、
また戻すと考えて、保有ポジションの含み損が増えて大損するパターンの
両方が防げる
ことがわかると思います。これが最大のメリット。
 
さらにメンタル的にメリットが大きいのは、取引する前の段階で、
最大損失額が想定できます
。こういった取引前の段階でのリスク把握は
バイナリーオプションの最大のメリットでもあるわけですが、
デイトレードにおいてもこのメリットを享受できるわけです。

ちなみにここまでの話はトレール注文単独でも可能であり
メリットもトレール注文でも同様のメリットがありますが
これだけでは終わりません。ここからがオートレールの本領発揮。

僕が過去約10年間やってきた検証があります。それは「高回転のデイトレ」。
長期トレンドが下向きになった時点で、あえて買い方向のポジションを残し
含み損が大きくなるという初心者が陥りやすい状態をわざと作っておき、
そのなかで高回転のデイトレ行って含み損を上回ることができるかという検証。



このメリット、デメリットがそのままオートレールのメリット、デメリットだと言えます。

 3.1 オートレールのメリット

  ・取引前に最大損失額が計算できる
  ・1日トータルで利益が確保しやすい
  ・節目前後での利益率を高められる
  ・ポジション量が膨らまない
  ・重要節目をそれほど気にせず取引できる
  ・1つの注文に対する執着を軽減できる(メンタル面的に重要!)
  ・トレールによって利益を最大限確保出来る

 3.2 オートレールのデメリット

  ・1日に1~3回程度損切りが出る(でもそれ以上に勝つので利益は出る)
  ・ホールドして大きく伸ばして勝つという快感が無い(分割しているため)


 といったところですね。つまり順張りで高回転のデイトレをすると、
 最後に戻してきた場面で1~3回程度の損切りが出ますし、
 これはオートレードでも同様です。

 でもその前段階で利益が出ていたり、節目を超えた場合に
 すぐに追随するように設定することで順張りの威力が出て
 利益が増やす機会があるため、損切り分を上回ることがほとんどですね。

 一方で1本の注文を粘りに粘って大勝ちする快感はありません
 でも1本で1円伸ばそうが、高回転で30銭を複数回やろうが
 最終的な利益額はそれほど変わらないことが多いです。

 なので大勝ちしたい、みたいな快感を得たい方には向いてませんが、
 快感を得たい方は、大損もしやすいという危険信号でもあるので、
 これから賢く資産運用したいという方は、大勝ちの快感は捨てましょう。

 大勝ち狙いは危険
 

 で、この高回転デイトレが難なく出来てしまうのがオートレールの凄いところ。
 今まで自分はこれを全部手動でやってたわけですが、あの苦労は一体・・
 と思ってしまいますね・・・

 まあでも以前高回転取引で長期間検証してきたからこそ、
 このオートレールのメリットや活用法にも気づけたとも言えますので
 その点では良かったかもしれません。


 3.3 初心者にオススメの始め方

 オートレールが初心者に役立つ理由は、上記のメリットの中でも
 特に初心者が陥りやすい失敗を克服できる点にあります。

 ・あらかじめ損失が限定出来ている
 ・利益を最大限伸ばしていける

 この2点は特に重要。FXの理想は損小利大ですが、
 初心者は利小損大になっています。それを逆転できるのですね。

 また初心者の方は、いきなり高回転でトレール注文を設定するより、
 まずシステムに慣れるためオートレールの仕組みの中で、
 単発のトレール注文を発注して寝る前までに終わらせる

 といった前述のパターンのを繰り返してみると良いと思います。

 新規が約定しなくても取引を終わらせるようにすることで、
 サラリーマンの方でも生活リズムを崩すことは無くなりますし、
 新規注文が約定すれば、トレール機能によって追随されるので、
 寝ている間でも決済は勝手にやってくれます

 寝ていても決済


 こうやって改めて見てみると、リスクを限定できる点や、
 エントリーしたら後は勝手に決済してくれる点も
 バイナリーオプションと似たようなメリットと言えますね。

 それゆえにバイナリーオプションは初心者にも絶大な人気があるわけです。

 
■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
知らなきゃ損!【バイナリーオプション必勝法&攻略法】確率論で勝てる手法


 しかしオートレールはバイナリーオプションのさらに上をいきます。
 なぜなら利益は相場が伸びればどこまでも伸びる可能性があり、
 この点はバイナリーオプションに圧倒的に勝る点ですから。

 こう考えると初心者にメリットが多いものだと思っていましたが
 中級者以上でも十分メリットを感じられるかもしれません。


4 最後に

これだけ大きなメリットがあるだけに書くかどうか迷ったのですが、
初心者の方でも、全資金を移動させてオートレールで取引すれば、
リスクを限定出来て効率良く、永続的に勝つことが可能になるかもしれません。

特に比較的値動きや節目が明確で、値幅もマイルドな豪ドルなどでは、
ポンドやドルに比べると勝ちパターンが構築しやすいですから。

オートレールで取引したデータを元に、決済注文の位置を微調整すれば、
大きな失敗や損失を出さずに勝てる仕組み作りが出来てしまう
わけですね。

しかも一度良い設定を見つければその後はどんどんラクになり、
相場に合わせてスマホから微調整するだけで済むような仕組み作りも可能。

スマホで設定調整


でも長年取引してきた自分としては、できればオートレールへの資金配分は
2/3程度にしておき、残りの資金で1000通貨単位でも良いので、
完全にアナログな方法でデイトレードすることをオススメします。

なぜなら、投資家として一番成長できるのは、失敗した時だから。
そして失敗を元に修正するべき点などを自分自身で考えて、
克服していくことで本当に勝てる力やメンタルの強さがついてきます。

現在のFXはツールやチャート、取引システムの発展によって
自分がFXを始めた2002年当時よりはるかに取引しやすく、
失敗も小さく抑えられる状態になっています。

そのため初心者でも成功しやすい環境が整っているのですが、
相場は時に悪魔のようにとんでもない動きを見せることがあります。

数年に一度のそういった局面に対処できるようにするには
システムやツールに頼らなくても相場を生き抜ける底力が必要だと思うのですね。

ただいきなり全部アナログで取引するとなると、それはそれで大失敗したり
退場の危機に瀕したりという可能性もありますので、あらかじめリスクが限定でき、
初心者でも安心して利益が積み上げられるようなオートレールを活用しながら、
同時並行で投資力をつけるべくシステムに頼らない取引をすると良いと思います。

具体的には発表されるランキングの上位の設定を使って、
そのまま真似るという方法から始めても良いでしょう。

オートレール設定ランキング


そうすれば大失敗や大損は防ぎながら利益を積み上げていけますし、
アナログ的な取引で失敗しても、オートレールがあると思えば
また失敗を修正して前に進もう、という気持ちになれますので。

そのような経験は今後どんな相場が来ても役に立つと思いますので、
オートレールのような便利な仕組みを使って利益をあげながら、
是非自分の投資能力、底力を磨いていってみてください。


初心者必見!損小利大でデイトレ革命起こるかも?
マネックス証券・オートレール詳細https://www.monex.co.jp/

オートレールは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と
「FX PLUS取引口座」の2つの口座を開設すると使えます。
勿論両方とも口座開設・維持費は無料なので、是非一度試してみてください。

特に初心者の方は損失を限定しながら利益が追求できるという点、
サラリーマンの方でも時間が有効に使えるという点において、
バイナリーオプションより人気が出るかもしれないと思います。


また現在マネックス証券では、FXPLUS口座開設キャンペーンとして、
取引量に応じて最大41,000円のキャッシュバックが貰えます。

オートレールで利益を出しながらキャッシュバックも貰えますし、
考えようによってはキャッシュバック分程度なら損しても、
と考えてオートレールをやってみるのも手かもしれませんね。

autotrail020.jpg



0 Comments

Leave a comment