--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14
2016

ループイフダン月収10万円を実現させるために、僕がやってみた6つのこと。

自動売買で不労所得を目指そう!と思い立ってから約3年。
ようやく目標としていたループイフダン単体で月収10万円を安定して出せる状態を作りあげました。

今も比較検証しているトラリピ、サイクル注文と合わせれば月収30万円を12ヶ月連続で超えており、あとはこのまま資金の増大とともに注文量も増やせば、年収500万円ぐらいを自動売買だけで達成できそうな状態です。

デイトレやバイナリーオプションのほうが1取引あたりの利益は大きいわけですが・・やはり基本怠け者な僕は、なるべくラクして稼ぎたい、できれば自動売買で何もしなくても稼ぎたい、その分自分の仕事や趣味に時間をしっかり使いたいと思っており、ようやくその目標に近づいた気がします。

2002年に大損した僕のFX人生も、時には月収100万を超える成績が出るなど、数多くの失敗を繰り返して随分変わってきたと思います。そのなかでも今回は、ループイフダン単体で月収10万円を達成するために、僕が「やってみたこと」を6つにまとめてみました。

成績に直結するの?と思われる生活面のことから、戦略・設定面にいたることまで書いてみたので、既にループイフダンで上手くいってる人、トラリピやサイクル注文をやってるけど、ループイフダンをやってみたい人、これから自動売買をやってみようという初心者の方も、ご一読いただければ幸いです。

1. 生活面で気をつけたこと


1.1 睡眠時間を7時間とるようにしてみた


いきなり何をぬかしてるんだ?と思われそうですが、最初に気をつけたのは睡眠時間です。7時間とるようにしてみました。

なぜ睡眠時間がループイフダンの成績向上と安定に関係あるの?と思われるでしょう。僕も思いついてはみたものの半信半疑で始めてみたのが睡眠時間の確保です。

僕は自営業で本業の仕事も好きなので、正直取引できる時間はあまり取れません。しかも結構体力仕事なので睡眠不足だと本業にも影響します。

じゃあ寝れば良い。そう考えました。そもそもループイフダンって、寝てる間も稼いでくれるのが利点です。ループイフダン単体で月収10万円を安定確保するなら、まず寝ることだ。寝る時間を削ってまで細かく設定を変更しないと儲からないような状態は、不労所得とは言えないじゃないか。そう考えたのですね。

ということでまず寝ることから始めましたw これが案外うまく作用したというか、「睡眠時間をたっぷりとっても安定して月収10万稼ぐにはどういう設定にしたら良いか」ということに集中できるようになったわけです。

1.2 新聞を読まないようにしてみた


新聞を読まないことも、睡眠時間の確保と同様にループイフダンの投資戦略をつくっていく上でとても効果的でした。

本業で世間話もするので新聞はサラリーマン時代からずっと読んでいたのですが、結構時間を取られますよね。しかも今ではネット上にニュースは溢れており重複することも多いです。ですのでこの重複を無くしてまず時間を確保しました。

さらにはニュースから得られる情報で戦略を変更しなくても良い設定づくりをしました。これは中長期的に自動売買するループイフダンではかなり重要なことで、かつ効果抜群でした。

日々のネタでどう相場が動いても、びくともしない安定感を持った設定を作るのが、ループイフダンで安定利益をつくるコツです。日々の情報で設定を変更したり調整しないとうまく回らない自動売買って、既に自動売買じゃないですもんね。

2. 戦略面で気をつけたこと


2.1 ロスカットの可能性を徹底的に排除してみた


ロスカットの可能性、ゼロにはできませんが徹底的に排除できるようあれこれシミュレーションしてみました。

どう頑張っても絶対ゼロにならないことを頑張る意味があるのか。非現実的に思えるかもしれませんが、これがループイフダンを含む自動売買で安定利益を出すために最も重要かもしれません。

だって、どんなに設定を微調整する努力をしても、そこに時間をかけていても、ロスカットを食らったら全て吹き飛びますから。

だから徹底してロスカットにならないようにはどうすれば良いか、地政学的リスクや自然災害で過去どんな変動が起こったか徹底的に調べました

最大どこまで?と通貨ペアによって下落する可能性を聞かれることがありますが、それを数字で聞いても意味がありませんから是非調べてみてください。調べる過程で得られる気づきはかなり多く、それが絶対役に立ちますから。

2.2 利益は小さくて良いと割りきってみた


月収10万を安定確保するという目標に向かうにあたり、最初は利益は小さくても良いと割り切りました。

もちろん大きな利益のほうが良いのですが、大事なのは今の利益じゃなくて安定して利益が生み出せる「仕組み」なわけです。

極端な例ですが、1日平均100円を1年間安定して稼ぎ出し、その間ロスカットとは無縁な設定を作ること。そうすればあとは資金量を増やし、注文量を増やせば100円を1,000円に、さらに2,000円、3,000円にすることは後からいくらでもできます。

でも最初に利益を欲張って注文量を大きくすると、上手くいってるときは良いですが相場が急変動してロスカットの危機になるのも早いです。

ですので最初は小さくても良いから1年間安定して利益が出せる設定を。なおかつロスカットからは縁遠い設定を作る。これがループイフダンで成功する一番大事なコツです。これができたら後から金額を増やしましょう。

3. 設定面で気をつけたこと


3.1 3年計画をたててみた


まず最初に3年計画をたてました。先ほど書いたように最初の1年は小額利益でも安定感とロスカットに絶対かからない安全性を重視

続いて2年目は注文量を増やしました。しかも実際に最適と思われる注文量より少し多めに。こうするとその設定がどのような場面でロスカットに近づくかを実体験できます。その上で近づいたときに、注文量を減らしたり投入資金を増やすなど、危機を回避できる手段を実際に検討して実行してみました。

最後に3年目は注文量を再び減らしましたが、1年目より多く、2年目より少ない水準で、かつロスカットの危機にあわないようなバランスを重視しました。

3年目には2年目で習得した危機回避手段を使える状態ではありましたが、これを使わなくても良い水準を考え、実際それ以降一度も危機回避手段(注文量や資金の調整)は行っていません。

3.2 1ヶ月ごとに設定を見直してみた


4年目以降は1ヶ月後とに設定を見直してみました。といっても安全性と利益が確保できていれば確認するだけです。

また「安全すぎる」という状態のときもあるわけですが、安全だから、余裕があるからといって注文量は増やしません。とにかく安全性第一で中長期的に同じ設定で運用できることを第一に考えていて、注文量を増やすのは年1回のみと決めています。

この1ヶ月ごとのチェックは現在でも行っていますが、一度も問題が起こったことはありません。それでもやり続けるのは、今まで経験したことがないような相場になる可能性があるからです。

唯一の手間がこの1ヶ月に1回のチェックと言えますが、ループイフダンでほぼ不労所得状態という中においてチェックに要する時間は月に30分程度なので、このぐらいは良いかなと考えています。

4. 最後に・・・やっぱりラクして稼ぎたい!


やっぱりラクして稼ぎたい。それが一番です。今回の話をまとめると「将来ラクして稼げる状態を作るために、今何をするか?」の話につきると思います。

限られた時間や仕事とのバランスをどう工夫してループイフダンの設定を作り上げるのか。自分の中の意識をどう変えて、何をすべきなのか?

ループイフダンはどんな人でも、資金に合わせて良い設定を作ればしっかりお金が増えていくものです。仕組みは誰でも等しく使える。これを生かすも殺すも自分次第。

成功=不労所得を実現するには、意外と遠回りと思っていることが近道なんじゃないかと自分の体験から思います。

小さい利益でも安定を目指す。そうすればいずれ投資によって資金が増えたり、給料やボーナスで貯蓄が増えたときに同じバランスで注文量を増やせば、後からいくらでも利益は増やせますからね。


0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。