31
2007

■3月の取引結果まとめ■ドル円相場は微妙な位置に。来週は?

昨日は上がるかと思えば下がり、まだ下がるのかと思えば戻し、
それでいて最後にまた下がって上がる、と相場自身が遊んでいるのか
というような面白い相場でしたね。

あらかじめ3月の最終営業日は良く動くという認識でいたので
自分の中では思っていたより激しくはなかったかなといった印象でした。

決済どころを考えていたユーロドルをはじめ、ドル円に関しても
一応リスクヘッジのために一部決済して利確しながら、順調に
3月の取引を終えることができたかなと思っています。
(途中本業で外出していたのが逆に良かったんですが・・)

ドル円はまだ混沌としているような、かといって深刻すぎない雰囲気というか
来週に向けて結構楽しめるのではないかなと思っています。

ではまず昨日の取引から。
自分の中で昨日の最大の焦点はユーロドルの決済どころを探ることでしたが、
結果的には一部がストップに引っかかり決済。残りは保有という形になりました。

一応利益確保のために置いていたストップが1.3300(5本のうち2本)。
1本あたりのマイナススワップ分を考えて、ここに置いていたのですが
これが夜21時半の指標発表後にヒットしてしまいました。

その後伸びているだけに、実は少し悔しい部分もありますが
これはリスクヘッジのために行ったことであって、毎度のことですが
仕方ないなと思っています。残り3本で伸ばせれば良いかなと。

続いてドル円ですが、こちらも指標後の取引。この取引は自分のなかでも
かなり迷った上での取引でした。というのも、ここ数日何度も118.30付近で
越えるか?越えるか?という展開になりながらも落ちていたためです。
フラット気味に推移し始めてきました。

今回も指標発表後結果をみると予想より良かったため、上抜けを期待しましたが
その後の燻ぶりようを見て「これはまたマズいかな」と判断し
一旦保有ポジの下二つを決済。(116.70 LONG*2 と 117.65*2)

118.30のポジをどうするか迷ったのですが、これをそのまま置いておいた理由は
もし仮に上抜けたときに、含み益が出るポジがないと少し後悔しそうなうえ、
逆指値でついていくにはその上の伸びる余地が少ない可能性がある、
と判断したからです。自分のメンタル面も大きいんですけどね。

さらにこの決済で空いたポジ分を下に指値として設置。
最近よく指値で使う117.70と117.40、117.00に置いておいたところ
寝る前には117.40までがヒット。そして両ポジとも30銭上の位置に
リミット設定をしていたため、今朝起きた時点で1つ決済されていました。

ということで長くなりましたが取引をまとめると

■昨日の取引
EUR/USD 1.3290 LONG*5 →1.3300決済(2本のみ:保有ポジ→ストップ)
USD/JPY 117.65 LONG*2 →118.29決済(保有ポジ→成行)
USD/JPY 116.40 LONG*2 →118.30決済(保有ポジ→成行)
USD/JPY 117.70 LONG*2 (指値で新規保有)
USD/JPY 117.40 LONG*2 →117.70決済(指値→指値)
+59,758円

■現在のポジ
USD/JPY 119.75 LONG*2
USD/JPY 119.05 LONG*2
USD/JPY 118.30 LONG*2
USD/JPY 117.70 LONG*2
EUR/USD 1.3290 LONG*3

■3月の確定済み利益額
+1,186,087円


今月も無事終えることができました。動きは激しい月だったように思いますが、
月初のポンド円ショート、ドル円の115円台ポジの決済での大きな利益のあとは
ほとんどが30~50銭前後の短い値幅での決済という形で、最大ポジ量も3月5日の19本。

それ以降実質動かしていたポジは日々10本に満たない結果でしたので
昨年検証し続けた少ないポジでいかに高回転にするか、ということが
ある程度実践できたと思っています。

来月も同じような形でできるように、まずは冷静に。
そしてリスク管理(資金管理・ポジ量管理)を第一にしながら
淡々と指値逆指値を織り交ぜて取引していきたいと思います。

さて、今週のおさらいですが最終的にはまたレンジ内の動きという結果に。
「米国が中国に対する相殺関税の発動を決定」
「バーレーンからの退避勧告の噂(のちにホワイトハウスが否定)」
「イラン中銀による石油輸出代金のドル建て決済全面停止の示唆」

といったニュースを今朝起きて初めて見たのですが、自分の中では
「また118.30-50の壁が厚かったため落ちた」と認識していて、
これらのニュース等であわてたりする必要はないかなと思っています。

ニュースを気にしすぎないというのは、過去の経験からきているのですが
FXをはじめた5年ほど前は、値が動けばニュースを探し、見つけたニュースに
右往左往してしまって、結局取れていたはずの利益が取れなかったり
損切りのタイミングが早かったり、といった結果になっていました。

これは自分の性格もあると思うのですが、こういったことから
ニュースや指標はあくまでも動きのキッカケとなることがあるもの、
という認識になっていて、チェックをしても大騒ぎしないようにしています。

ですので自分としては来週も、引き続きテクニカルの壁を越えられるかどうか、
という点に注目して淡々と冷静に分析しながら取引する方針です。


来週は月曜の朝にいきなり日銀短観があるので、一応注目していますが、
ここでもテクニカルの節目をまず確認した上で決済・新規注文等を出す方針。
また、毎週月曜恒例のヨーロッパ勢参入前後からの動きに注目したいと思います。

2 Comments

外為錬金術師catu  

「私の分析方法と逆指値設定【初級編】」を今回初めて読みましたが、すばらしい記事ですね。ていうかここまで手の内を明かしていいのかって感じです。私はケチなのでブログでは本質的な部分は出し惜しみしていますw
あ、そういえばメルマガ購読申し込みしました。楽しみにしてまーす!

2007/04/01 (Sun) 00:21 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

catuさんこんにちは!

いつもコメントありがとうございます。
メルマガはお恥ずかしい内容なんで・・(笑)

記事も今読み返すと全然ダメですよv-356
時間を見つけて加筆しようかと思ってます。

いよいよ4月がはじまりますね。
また今月もお互い頑張りましょう!

2007/04/01 (Sun) 11:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment