25
2013

■今週は大変動となるか!イタリア総選挙結果を受けた円、ユーロ軸の動きに注目■明日以降日銀次期総裁人事、バーナンキFRB議長議会証言、ドラギECB総裁講演も

■ 目次 【今日のFX為替相場予想】
・先週の動き・力関係・今日の重要指標等をおさらい
・金曜NY終値時点のドル円・クロス円短期・中期トレンドと今後の為替相場予想

■ 昨日アクセス1位の過去記事(0時-24時集計)
【5ヶ月で479,220円。証拠金3倍増!】シストレ24取引結果/ThirdBrainFxAUD/JPY

先週の為替相場は、前半は変動率が低く攻めにくい状況でしたが
水曜のFOMC議事録前後から変動率が回復してくるとともに
円買いの動きが出て「リスク回避型」に近い状況で推移。

その後週末金曜には一旦戻して引ける形となっているわけですが、
今週はイタリア総選挙を受けて相場が大きく動く可能性がある上、
バーナンキFRB議長の上院での議会証言やドラギ総裁講演、
そして米国の歳出強制削減の発動期限も迎えます。

また注目の日銀次期総裁人事では、元財務官の黒田東彦氏
(現アジア開発銀行総裁)の起用を軸に調整されるという報道も。

黒田氏は国際金融の分野で幅広い人脈をもっているのに加えて、
安倍政権が掲げる大胆な金融緩和路線にも前向きですから
正式に内定すれば相場が大きく反応する可能性も。

実際黒田氏は1999年から2003年まで、財務相の財務官を務めており
円高に歯止めをかけるための為替介入を積極的に行った実績もありますし
財務官在任中から「物価目標」の導入を求めるなど、金融緩和積極派です。

そのため今週もまずは資金管理をいつも以上に万全にした上で、
短期トレンドが明確になればデイトレで高回転取引を行い、
リスクが高まればバイナリーオプションでリスクを限定するか
様子見に切り替えるように心がけておきたいところです。

■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた


ではまず先週木曜から金曜にかけての対円変動率
力関係変化・ポイントをおさらいすると以下の通り。

■ 木曜オープンからクローズまでの対円変動率
・ USD -0.45%
・ EUR -1.15%
・ GBP -0.34%
・ AUD -0.53%
・ NZD -0.62%
・ CAD -0.64%
・ CHF -0.91%

■ 金曜オープンからクローズまでの対円変動率
・ USD 0.35%
・ EUR 0.35%
・ GBP -0.24%
・ AUD 0.99%
・ NZD 0.73%
・ CAD 0.03%
・ CHF 0.49%

力関係の変化
【木曜】 JPY>GBP>USD>AUD>NZD>CAD>CHF>EUR
 ↓↓
【金曜】 AUD>NZD>CHF>USD≒EUR>CAD>JPY>GBP

力関係変化のポイント
・強い位置にあった円、ポンドが弱い位置に変化したこと
・オセアニアが強い位置に変化したこと
・概ね前日の戻しとなっていること

■ 力関係の出し方、取引への活用法についての過去記事
【円高・円安を事前に読む】【最も低リスクな通貨を瞬時に判別】確実に勝率を上げる工夫


続いて今日予定されている重要指標・イベントは以下の通り。

■ 今日の重要指標・イベント
※イタリア総選挙

今日はイタリア総選挙を受けた相場の動きに注目。
特にユーロ、円を軸とした動きが明確にでれば
攻めるチャンスも十分あると言えますので注目したいところ。

個人的な先週の取引としては、デイトレでの取引回数が少し減ったものの
バイナリーオプションで2回攻めたり、トラリピが活躍した結果
週間利益は+183,440円とまずまずの結果となりました。

■ 2/18~2/22の確定利益額(週間利益) +183,440円
2/18のFX取引結果(トラリピ)
2/20のFX取引結果(トラリピ・バイナリーオプション)
2/21のFX取引結果(トラリピ・デイトレ・バイナリーオプション)
2/22のFX取引結果(トラリピ)


特に今年は年始からの大きな動きが収まること無く継続していますし
昨年より1枚注文枚数を増やしたことで利益も多くなっています。

ちなみに昨年は後半は少しずつ利益が減っていったものの
年間トータルで+6,468,474円の利益が出せましたので、
今後の基本的な取引戦略としては、昨年の取引(下記)と同じような形で
バイナリーオプションをフル活用しながら、デイトレで狙えるときは狙い、
さらに両方難しいときは自動売買のトラリピのみで回す予定。

■ 2012年の確定利益額 +6,468,474円
1月 +353,092円
2月 +542,246円
3月 +511,474円
4月 +409,426円
5月 +965,213円
6月 +693,907円
7月 +696,457円
8月 +593,896円
9月 +522,187円
10月 +487,285円
11月 +424,368円
12月 +268,923円
(各日ごとの取引履歴も全て月別記事内に掲載)


中でもデイトレとバイナリオプションを同時に実行した日が重要なポイントで
エントリー時までしっかり相場を見れば、デイトレで攻めながら同時に出来る
ということや、投資額以上は損失が出ないという「リスクを限定できる」という点は
ここ最近のような大きく動く相場に非常に向いていると考えています。

■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた


またデイトレを行う際の基本戦略はこれまでと同じく
力関係・テクニカル両面で低リスクになった通貨が出てくれば
それを順張り、高回転取引で翌日に残さない取引を徹底する予定。

その上でらくらくテクニカル(過去記事)で未来予測を確認することで
勝率、利益率を少しでも高める工夫を実行していきたいと考えています。

■ 取引前に確認するツールについての過去記事
【一致率99%も!】これだけ見れば勝てる?らくらくテクニカル詳細


また、【シストレ24】によるシステムトレード自動売買の状況については
5月頭の記事でも書いたように、シストレ24による自動売買を本格的に開始し
5ヶ月が経過しましたので、その状況を報告します。

ストラテジーThirdBrainFx AUD/JPYを選択して
推奨証拠金の24万8千円ではじめた【シストレ24】の自動売買ですが
豪ドルがこれほど大きく変動したにもかかわらず、
この5ヶ月間で確定利益は+479,220円と、
当初予想していた以上に秀逸な結果が出ました。

正直ここまでパフォーマンスが良いとは驚きでしたが
証拠金24万8千円ではじめていて、現在残高が727,220円ですから
なんと当初の証拠金が3倍近くになっています


ちなみに推奨証拠金というのは、余裕を持たせた運用のために必要な証拠金で
これより少なくても自動売買をまわすことができるわけですが
さすがに最初からリスクを大きくするのは憚れましたので
念のため推奨証拠金どおりで始めています。

取引数量は最低基準の1万通貨ですから、正直自分のデイトレよりも
はるかに効率よく稼いでいることになり、これはちょっと驚きでした。

実際過去のデータでも良かったがゆえにこのストラテジーを選んでいるのですが
今年の実績は1月が+99,500円、2月が+146,900円、3月が+123,000円、
4月が+95,500円、5月が+223,750円、6月が+118,500円、
そして7月は±0円と一旦足踏みしたものの含み益を持ったままで持ち越し、
8月は+90,020円、そして9月が難しい相場の中でも+46,950円
ですから
円高、円安両方の局面で利益をしっかり出しているストラテジーであり、
その点においては非常に信頼がおけるかなと判断しています。

これからますます楽しみになってきたわけですが、
今後はさらに複数のストラテジーを組み入れて
ポートフォリオを組んでいくのも良いと考えていますので
また月に1回程度シストレ24関連の記事を書いていきたいと思います。

【シストレ24】のFX取引結果
5月スタートから5ヶ月経過(推奨証拠金の248,000円でスタート:1万通貨での取引)
■利益額・・・+479,220円
■現在残高・・727,220円

【シストレ24】取引履歴
・シストレ24取引開始から5ヶ月経過後の実績(今回の記事)


■ シストレ24実践検証開始について
・シストレ24実践開始について
・シストレ24実践開始について(定例記事の中で触れたもの)


現在このブログ限定で2000円キャッシュバックの企画もいただき
通常キャッシュバックの5,000円とあわせて、
1回取引だけで合計7,000円のキャッシュバックが受けられますので
興味のある方は一度成績の良いストラテジーを選んで
試しにシストレをやってみると良いかもしれません。

シストレ24とキャンペーン詳細はこちら
1回取引のみで合計7,000円キャッシュバック!【シストレ24詳細】
→http://www.invast.jp/st24mr/



ではざっと相場をおさらいしたところで続いては
ドル円、クロス円のトレンド、今後の為替相場予想と戦略を書いていきます。



■金曜NY終値時点のドル円・クロス円の短期・中期トレンド、今後の為替相場予想
(金曜のブログ更新時点の状態からの変化)

・ドル円短期=下向き継続。上の抵抗帯上限に位置。
・ドル円中期=上向き継続。

・ユーロ円短期=下向き継続。上の抵抗帯下限に位置。
・ユーロ円中期=上向き継続。

・ポンド円短期=下向き継続。
・ポンド円中期=上向き継続。

・スイス円短期=下向き継続。上の抵抗帯半ばに位置。
・スイス円中期=上向き継続。

・カナダ円短期=下向き継続。上の抵抗帯下限に位置。
・カナダ円中期=上向き継続。

・豪ドル円短期=下向きから上向きに変化。方向性はまだ弱い。
・豪ドル円中期=上向き継続。

・NZドル円短期=下向きからフラットに変化。
・NZドル円中期=上向き継続。


■ 長期トレンドの現状【1月末NY終値で確定した長期的テクニカルの状況】
1月の取引結果まとめ【確定利益額 +934,967円】&1月末で確定した長期トレンド

■ 短期・中期テクニカルの出し方に関する過去記事
【トレンドに逆らってませんか?】トレンドに乗るための【短期・中期の出し方】


金曜NY終値時点の各通貨短期・中期トレンドは上記の通り。
金曜は円が弱い位置に戻したこと、ポンドが終了間際に下落したことなど
いくつか目立つ動きがありましたので、変化が出ていますが
まだ短期トレンドが明確な状態にはなっていませんので
現状では攻めるにもリスクがあると言える状況。

ただ逆に考えれば円を軸とした動きが明確に出れば
上下どちらにも方向性がしっかり出る可能性がありますので
上下両方にシミュレーションをしておき、方向性が明確に出れば
デイトレやバイナリーオプションで攻める準備をしておきたいですね。

■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた


今後のポイントは、円を軸とした力関係変化で
ここから円が力関係上弱い位置で加速する展開となれば
全体的に短期が回復してフラット化することになりますし
勢い次第では明確な上向きのものが出てくるため
その場合はロングには絶好のチャンスとなります。

この場合は力関係上強いもの、かつ値幅が出やすいものを買って
円を売るという形で攻めるのが最も低リスクで高リターン。


逆にここから円が買われる展開に変化した場合には
各通貨の短期は悪化して、明確な下向きのものが出てきますから
その通貨はショートには絶好のチャンスとなります。

この場合は力関係上弱い通貨を売って円を買う、
という形で順張りで攻めるのがベストですね。

ただ変動が十分でない場合など、デイトレが難しいと感じた場合は
バイナリーオプションに変更してリスクを限定して取引するなど
力関係の強弱で取引方法を変えるような工夫をすると良いでしょう。

■取引前の「力関係」の出し方に関する過去記事
【円高・円安を事前に読む】【最も低リスクな通貨を瞬時に判別】確実に勝率を上げる工夫


個人的な基本戦略としては短期を軸にする方針で変わらず。
ここから円売りが加速して短期が明確な上向きになれば
力関係上リスクが低いものを選んで順張りロングで。

逆に円買いに変化して短期が明確な下向きとなれば
力関係上リスクが低いものを選んで順張りショートで。

またどちらの場合も取引は高回転を意識して
なるべくポジションが少ない状態で利益を最大化できるよう工夫します。

■ 順張り・高回転のメリットについて
【なぜ逆張りして負けるのか?僕のチャート活用法】 円高・急変動相場に勝つ工夫


そして取引前にはらくらくテクニカル(過去記事)で未来予測を確認し、
勝率、利益率を少しでも高める工夫を実行していきたいと考えています。

■ 取引前に確認するツールについての過去記事
【一致率99%も!】これだけ見れば勝てる?らくらくテクニカル詳細


また通常の取引とは別に、最近FXで人気のバイナリーオプションでは
先日書いたバイナリーオプションの戦略・攻略法を元に取引予定。

本格的に相場を読んでオプションを攻略するとなると労力の割りに合わないですが
確率論として考えれば、確実にリスクを限定して参戦できるわけですから、
この戦略・攻略法を元にバイナリーオプション取引もチャンスがあれば狙います。

特に完全にトレンドができている相場では投入資金を多くし
そうでない相場は様子見するか少ない投入資金で攻めることで
勝率、利益率を高める工夫が非常に簡単にできる投資方法ですから
トレンドができている相場とそうでない相場でメリハリをつければ
かなり効率よく利益を出すことができるかなと考えています。

■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた


■ 2月の確定利益額 
+765,054円

■ 2月の取引履歴
2/1のFX取引結果(トラリピ・デイトレ・バイナリーオプション)
2/4のFX取引結果(トラリピ)
2/5のFX取引結果(トラリピ・デイトレ・バイナリーオプション)
2/6のFX取引結果(トラリピ)
2/7のFX取引結果(トラリピ・デイトレ)
2/8のFX取引結果(トラリピ・デイトレ)
2/11のFX取引結果(トラリピ・バイナリーオプション)
2/12のFX取引結果(トラリピ)
2/13のFX取引結果(トラリピ)
2/14のFX取引結果(トラリピ・デイトレ・バイナリーオプション)
2/15のFX取引結果(トラリピ)
2/18のFX取引結果(トラリピ)
2/20のFX取引結果(トラリピ・バイナリーオプション)
2/21のFX取引結果(トラリピ・デイトレ・バイナリーオプション)
2/22のFX取引結果(トラリピ)

■現在のポジション
USD/JPY 122.30 LONG*3
USD/JPY 121.10 LONG*3
USD/JPY 118.38 LONG*4
HKD/JPY 12.12~12.02まで5銭間隔でLONG*1 (トラリピ自動売買)
AUD/JPY 97.28~96.28まで25銭間隔でLONG*0.3(トラリピ自動売買)

※AUD/JPY HKD/JPYはトラリピによる自動売買分
■ トラリピ運用の事前シミュレーション内容と設定・取引方針
・【豪ドル】1000通貨単位でトラリピ運用を追加】年利30%を目指す!
・【香港ドル】史上最安値でも維持率は1000%超。30年後の5000万円を狙う


※僕の塩漬けポジに関しては、2005年に行った検証「クロス円の中でのヘッジ」や
 2006年から重点的に行った「逆指値」「小ロットの高回転+万全の資金管理」
 をベースとして、長期的トレンドが下向きになった時点であえてポジションを残し、

 「含み損がある状態でどれだけ高回転に小ロットを回して利益を積み上げられるか」

 ということを検証するために明確な資金管理に基づいて塩漬けしているものなので
 決して安易に真似することのないようにしてください。

 現時点ではまだ約300万円ほどの含み損を抱えているのですが・・(^^;)
 検証を始めてからの保有期間64ヶ月の間に順張りの高回転取引で確定した利益は
 2592万1091円と含み損を上回っているため、もう少し続けてみようと思います。

※2007年から始めた検証について→該当過去記事(下のほうです)


また取引とは少し違う話になりますが、
誰でも23,000円がほぼノーリスクで取れる
しかも権利は資料請求時点で付与される、という美味しすぎる企画。

mnx20130228.jpg


この破格キャンペーンが、残り3日で終了となっています。

以前開催していたこともあるマネックス証券のものですが
今回も顧客獲得に相当力を入れるらしく、好条件となっており
5万円というのは現キャンペーンの中でもトップクラス。

しかも「資料請求時に秘密コードの入力」しただけで権利獲得であり
以前は人気殺到で早期締め切りとなったキャンペーンもあるぐらいですから
この条件で多くの人数がこられると業者も原資に困るのかもしれません(^^;)

とりあえず今月末までに資料請求だけしておけば権利獲得できますので
その後23,000円獲得は翌月までの好きなときに行えばOK。
条件は別記事にまとめましたので、まだ申し込んでいない方は
今回の破格の条件を逃して損した!とならないようにしたいところです。

秘密コードや入力箇所などの詳細(過去記事)
残り3日!資料請求だけで権利獲得!23,000円がほぼノーリスク】
【現キャンペーン最高の条件!もう権利獲得しましたか?まだの人は急げ!】


その他にも「今月末で終了」とアナウンスされているキャッシュバックが多数あり
これらをすべて拾っていけばほぼノーリスクで10万円近く取れますので
まだ申し込んでいないキャッシュバックがある方は、早めに申し込んでおきたいですね。

今月末締め切りのキャッシュバック一覧(過去記事)
【今月末終了案件多数!】FXの裏技!?賢いFXキャッシュバック活用法【全業者版】
cbz.jpg


それでは、今週も1週間頑張りましょう!
今日もブログを読んでいただいてありがとうございました。





【5ヶ月で+479,220円・証拠金3倍増!】シストレ24取引結果「ThirdBrainFx AUD/JPY」
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた
【類似率99%も!】使わないと損!過去データから相場を予測【らくらくテクニカル】
【トレンドに逆らってませんか?】トレンドに乗るための【短期・中期の出し方】
【豪ドル1000通貨単位でトラリピ運用を追加】年利30%を目指す!
【最大6,000円&独自レポートプレゼント】M2J×為替見習タイアップ企画

0 Comments

Leave a comment