01
2006

■4月の取引結果まとめ■ドル売り円買い圧力弱らず

先週のUSD/JPY相場は115円のスタートから113円までと
2円ほどの間を推移していました。

指標もなんどか良い結果がでましたが、それにも関わらず
大きく戻すことはありませんでした。この展開を見ると
やはりドル売り円買いの圧力が強いのかなと思います。

相場は上下動を繰り返すものですので、一方的にドル安・円高が続くことはありません。
米ドル以外の通貨の対円市場が総じて堅調であることも、過去に経験したような
極端な円高の可能性が低いことを物語っていると考えます。

色々なテクニカルの節目などを見ていると、相場のポイントとなるのは
113円半ば。次は111円が見えてくると思います。

そのあたりまで行けば、よほどのことがない限り買いにまわるかなと
考えていますが、111円をもし割ってさらに円高がすすめば怖いと思います。

大きな流れも変わる可能性があるので、それだけ注意ですね。

■4月の確定利益額
+297,016円

4月は3月に比べるとずいぶんスムーズ。
ただし課題がポツポツでているので
これらを修正すべく、その方法を考えています。
今のところあえて同じような状況を作り出して
それをクリアするための検証をするのが良いと考えています。

0 Comments

Leave a comment