01
2012

■あけましておめでとうございます■【12月は+430,698円】【2011年トータルは+3,698,823円】■12月、2011年の取引結果まとめと、12月末確定のドル円長期テクニカル状況

あけましておめでとうございます。

昨年も為替見習のFXブログにお越しいただき本当にありがとうございました。
2011年はFX歴10年目に突入したわけですが、ドル円が史上最安値を更新した他
アメリカや欧州の財政問題で市場も大きく荒れる展開となるなかで
一応2011年トータルでは+3,698,823円の利益を出すことが出来ました。

一昨年に比べると利益額は少し落ちた結果となりましたが
その分リスクがある相場で、いかにリスクを抑えてリターンを確保するか、
ということに注力できましたし、その結果として豪ドルトラリピ1000通貨単位
あらかじめリスクを確実に限定できるバイナリーオプションの導入など、
今後に向けて投資手法の幅を広げることもできたかなと思います。

■2011年10月19日豪ドルトラリピ3000通貨運用開始。設定・シミュレーション内容
【豪ドル1000通貨単位でトラリピ運用を追加】年利30%を目指す!
【2011/10/19スタート】過去データ抽出の結果25銭間隔が最適


■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた


12月の取引結果、2011年トータルの取引結果は後述しますが
取引の基本戦略はこの3,4年でかなり強固になりつつあるので
今年も色々と細かい失敗を見つけて都度修正していきながら
取引もブログもより良いものにしていければと思っています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


では本筋ですが、12月30日NY終値時点の短期・中期トレンド状況や
力関係、変動率などは明日1/2の記事でおさらいすることにして
今日は2011年12月の取引結果、そして2011年トータルの取引結果、
12月30日NY終値時点で確定したドル円の長期テクニカルについて記載します。

■ 目次
・2011年12月の取引結果まとめ
・2011年トータルの取引結果まとめ
・ドル円長期テクニカル状況(12/30NY終値で確定したもの)




まず12月の取引結果、2011年の取引結果は以下のようになりました。

■ 12月の確定利益額
+430,698円

■ 12月の取引履歴
12/1のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/2のFX取引結果(トラリピ+デイトレ)
12/5のFX取引結果(トラリピ)
12/6のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/7のFX取引結果(トラリピ)
12/8のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/9のFX取引結果(トラリピ+デイトレ+バイナリーオプション)
12/12のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/13のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/14のFX取引結果(トラリピ+デイトレ+バイナリーオプション)
12/15のFX取引結果(トラリピ)
12/16のFX取引結果(トラリピ+デイトレ+バイナリーオプション)
12/19のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/20のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/21のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/22のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/23のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/28のFX取引結果(トラリピ+バイナリーオプション)
12/29のFX取引結果(トラリピ)
12/30のFX取引結果(トラリピ)

■2011年の確定利益額
+3,698,823円

■2011年月別取引履歴&確定利益額
(各日ごとの取引履歴も全て月別記事内に掲載)

1月 +89,730円
2月 +105,586円
3月 +208,435円
4月 +309,730円
5月 +261,320円
6月 +390,346円
7月 +444,532円
8月 +463,968円
9月 +463,470円
10月 +248,421円
11月 +282,587円
12月 +430,698円(上記)

■現在のポジション
USD/JPY 122.30 LONG*3
USD/JPY 121.10 LONG*3
USD/JPY 118.38 LONG*4
HKD/JPY 11.78~9.95まで5銭間隔でLONG*1 (トラリピ自動売買)
AUD/JPY 81.28~78.78まで25銭間隔でLONG*0.3設定 (トラリピ自動売買)

※AUD/JPY HKD/JPYはトラリピによる自動売買分
■ トラリピ運用の事前シミュレーション内容と設定・取引方針
・【豪ドル】1000通貨単位でトラリピ運用を追加】年利30%を目指す!
・【香港ドル】史上最安値でも維持率は1000%超。30年後の5000万円を狙う


※僕の塩漬けポジに関しては、2005年に行った検証「クロス円の中でのヘッジ」や
 2006年から重点的に行った「逆指値」「小ロットの高回転+万全の資金管理」
 をベースとして、長期的トレンドが下向きになった時点であえてポジションを残し、

 「含み損がある状態でどれだけ高回転に小ロットを回して利益を積み上げられるか」

 ということを検証するために明確な資金管理に基づいて塩漬けしているものなので
 決して安易に真似することのないようにしてください。

 現時点ではまだ約400万円ほどの含み損を抱えているのですが・・(^^;)
 検証を始めてからの保有期間51ヶ月の間に順張りの高回転取引で確定した利益は
 1857万7650円と含み損を上回っているため、もう少し続けてみようと思います。

※2007年から始めた検証について→
該当過去記事(下のほうです)


2011年も前年に続いて大きな円高局面があったので
2007年から続けている検証で想定している状況(含み損が増えていく)の中で
いかに高回転で短い取引を繰り返して利益を積み上げることができるか、
という検証で、引き続き1回当たりの取引の精度を磨くことができました。

特に基本戦略が年々強固になりつつあるため
資金管理など自分の中で出来るリスクを減らすことに加えて、
デイトレでは順張りと高回転取引以外は一切行わないこと、
さらに取引は必ず当日決済とすることを徹底。

その上で豪ドル3000通貨でのトラリピ運用を開始して
回転率で稼ぐスタイルに自動売買を取り入れましたし、
リスクがあってデイトレでは攻めきれないような相場でも
バイナリーオプションならかなり活用できることを発見し
積極的に後半はバイナリーオプションで取引を行うなど
リスクがある中で利益を出していくことに注力できたと思います。


また12月単月に目を移してみると、年末相場でリスクが高いことや
本業の都合で外出が多かったことなどからデイトレは少なくなりましたが
その分トラリピとバイナリーオプションをフル稼働させることが出来
月間利益は+430,698円と通常時以上に良いペースで積み上げることができました。

特に年末に入ってデイトレが難しい相場が増えたわけですが
それを補う形でバイナリーオプションが非常に有効に使えました。

テクニカル面でリスクがある状態でも攻める余地が十分ある上に
投資額以上は損失が出ないという「リスクを限定できる」という利点は
これから来る年始相場のような難しい場面にも適していると考えています。

そのため今後もデイトレで狙えるときは狙っていきますが
リスクが高い年始相場ですから、難しいときはバイナリーオプションで。
さらに両方難しいときは自動売買のトラリピのみで回す予定。

■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた


またデイトレを行う際の基本戦略はこれまでと同じく
力関係・テクニカル両面で低リスクになった通貨が出てくれば
それを順張り、高回転取引で翌日に残さないように。

そして取引前にはテクニカルポイント」(過去記事)で節目分析を確認、
さらにマーフィーの相場分析」(過去記事)で短期・中期トレンドを確認。

そして「みらいチャート」(過去記事)で未来予測を確認することで
勝率、利益率を少しでも高める工夫を実行していきたいと考えています。

■ 取引前に確認するツールについての過去記事
【活用しないと損!】テクニカルポイント・マーフィーの相場分析詳細
【類似率99%も!】これだけ見れば勝てる?みらいチャート詳細


■12月末NY終値で確定した長期的テクニカルの状況

続いて12月末に確定した長期的トレンドと現在の位置関係について。

20111230s.jpg



※チャートの見方など長期テクニカルに関しての過去記事は
2007年8月の取引結果とドル円長期トレンド
2007年9月の取引結果とドル円長期トレンド
2007年10月の取引結果とドル円長期トレンド
2007年11月の取引結果とドル円長期トレンド
2007年12月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年1月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年2月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年3月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年4月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年5月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年6月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年7月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年8月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年9月の取引結果とドル円長期トレンド
2008年11月の取引結果とドル円長期トレンド
(10月はスペイン出張だったため11月分とまとめて書きました)
2008年12月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年1月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年2月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年3月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年4月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年5月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年6月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年7月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年8月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年9月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年10月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年11月の取引結果とドル円長期トレンド
2009年12月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年1月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年2月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年3月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年4月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年5月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年6月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年7月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年8月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年9月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年10月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年11月の取引結果とドル円長期トレンド
2010年12月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年1月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年2月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年3月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年4月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年5月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年6月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年7月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年8月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年9月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年10月の取引結果とドル円長期トレンド
2011年11月の取引結果とドル円長期トレンド

12月は結局11月とほぼ同じマイナス1シグマにとどまっており
3ヶ月間マイナス1シグマでの攻防が続いている状況です。

今後はこのまま再びセンターラインに迫れるかどうかですが
マイナス1シグマ付近もある程度大きな抵抗となりますので
1ヶ月かけて明確に抜けていければ面白いですね。

ただセンターラインに近づいた場合は、過去の動きを見てもわかるように、
何度か近づく場面があったものの跳ね返される展開が多いため
安易なロングは避けて、短期が上向いた場合に当日決済にするなど
自分の中で消せるリスクは徹底的に消してから攻めたいところ。

また2007年8月以降の円高トレンドでは、2007年10月、2008年8月、2009年4月
2010年5月、2011年4月と、全てセンターライン付近まで到達したものの
その都度跳ね返される展開でさらにそこから数ヶ月続く大きな円高発生、
というパターンが見られますから、今後もこの点は頭に入れておくと良いでしょう。

逆にマイナス2シグマに迫る展開になれば
再び史上最安値を更新する可能性が出てくるわけですが
マイナス2シグマというのは上記のチャートを見てもわかるように
反発することが多い地点であるとともに、一時的に抜ける動きも出やすく
それゆえに大きく下落することも考えて資金管理を行いたいところです。

そのため急落する可能性は常に頭の中に入れて
資金管理を万全にしておくとともに、取引する場合は
なるべく短期・中期が揃う場面を待つか、短期目線で攻めるなど
無駄なポジションを長く持つようなことは避けたいところ。

■短期テクニカル・中期テクニカルの出し方に関する過去記事
【トレンドに逆らってませんか?】トレンドに乗るための【短期・中期の出し方】


そして取引する際や事前のシミュレーション時には

「大きなトレンドはどうなっているか」
「そのなかで中期的トレンドはどうなっているか」
「そして今日の短期的トレンドはどうなっているか」

を考えた上で、「では【今】自分はどのような投資行動に出るか」という順序で、
「値幅」と「時間」の縦横両軸を使って戦略を考えていくとともに
節目などの「数値であらわせる基準」を持って臨むと良いと思います。

■ 力関係の出し方、取引への活用法についての過去記事
【円高・円安を事前に読む】【最も低リスクな通貨を瞬時に判別】確実に勝率を上げる工夫


また普段の取引ではつい「値幅」、つまり縦軸に意識がいくのが人間ですが
その目標値幅は短期的に現実的な値なのかどうかをもう一度考えるとともに
横軸、つまり時間軸と合わせてその値幅はどうなのかということを考え、
中長期的な戦略を組みなおすことも行うと、リスクに対しても意識が高まります。

中期的に見てその戦略はどうなんだろう、長期的には?と考えていくと
どう考えても合理的ではない値を目標にしてしまっていることもあるものです。

実際に僕もFXを始めた2002年にこのパターンで大負けを2回繰り返してしまい、
精神的にもどん底に落ちたまま過ごしたことがあったのですが(^^;)
その際の失敗やその後の小さな失敗を一つ一つ見直して
修正していったことで少しずつ取引が出来るようになり
またその利益率や失敗の程度などがマシになっていきました。

まだまだ今後も修正すべき点は多いと思うのですが
失敗しても退場することがなければやり直しはききますし
そのときには失敗したことがとても大きな材料になりますので
投げ出してしまわず冷静に取引を見直してみると良いと思います。

■ 自分の中のリスク対策で勝率を上げる工夫についてアクセスの多い過去記事
【大損失→継続的勝利への最短ルート】 - 勝率改善に最も効果があった検証・上達方法


FXはレバレッジが自分で調整できる分大きく勝つ事もできる投資ですが、
資金管理を安全重視に変えれば長期的に着実に資産を積み上げていける
堅実な資産運用の手段として使えるとこの9年間で感じています。

たとえば資金管理であればエクセルで四則計算を使うなどして
必ず明確な数値で現在の状況を把握することが重要です。
そして上下両方に動いた場合その数値がどう変化するか
ということを表にしておくと僕の場合うまくいきました。
(僕は10銭ごとの表を作っています)

自分の行動の自由度を上げるのは資金管理であり、
それは同時にリスクを軽減することにも繋がります。
そして万全の資金管理をすると精神的にも余裕が出るので
冷静な判断と取引、将来的に安定した利益にもつながると思います。

FXは日々の小さな失敗の修正や試行錯誤など
努力すればするほど確実に結果は出ますので
失敗したらまずそこを修正して取引を磨きながら
努力を積み上げていくようにしたいですね。

■ 過去リスク管理関連でアクセスが多かった記事
【円高で大変な思いをされている方へ】過去の失敗経験を継続的勝利に変えた修正法


個人的な基本戦略としては短期を軸にする方針で変わらず。
取引は高回転を意識してなるべくポジションが少ない状態で
利益を最大化できるよう工夫します。

■ 順張り・高回転のメリットについて
【なぜ逆張りして負けるのか?僕のチャート活用法】 円高・急変動相場に勝つ工夫


そして取引前にはテクニカルポイント」(過去記事)で節目分析を確認、
さらにマーフィーの相場分析」(過去記事)で短期・中期トレンドを確認。

そして「みらいチャート」(過去記事)で未来予測を確認することで
勝率、利益率を少しでも高める工夫を実行していきたいと考えています。

■ 取引前に確認するツールについての過去記事
【活用しないと損!】テクニカルポイント・マーフィーの相場分析詳細
【一致率99%も!】これだけ見れば勝てる?みらいチャート詳細


さらに取引は、急変動が事前に予想される場合には
強固なサーバーを誇るFXプライムを使って取引する方針ですが、
それ以外の通常時は先日導入したMT4iを活用して1回あたりの効率を追求。

特に通常時は約定のタイムラグや損切り時の数pipsの無駄を確実に減らせば
年間利益に換算すると数十万差にもなると思っていますし
実際導入した9月は8月より取引回数が少なかったにもかかわらず、
8月とほぼ同等の利益を得れて勝率、利益率、回転率ともに上昇しました。

そのため今後もMT4iで取引を行うことによって無駄なロスを減らし
MT4iで確実に1回当たりの利益率を上げていく考えです。

■ MT4iの導入に関する過去記事
【利益率意識してますか?】1回あたりの利益率改善で年間収支に大きな差


また通常の取引とは別に、最近FXで人気のバイナリーオプションでは
先日書いたバイナリーオプションの戦略・攻略法を元に取引予定。

本格的に相場を読んでオプションを攻略するとなると労力の割りに合わないですが
確率論として考えれば、確実にリスクを限定して参戦できるわけですから、
この戦略・攻略法を元にバイナリーオプション取引もチャンスがあれば狙います。

特に完全にトレンドができている相場では投入資金を多くし
そうでない相場は様子見するか少ない投入資金で攻めることで
勝率、利益率を高める工夫が非常に簡単にできる投資方法ですから
トレンドができている相場とそうでない相場でメリハリをつければ
かなり効率よく利益を出すことができるかなと考えています。

■ バイナリーオプション戦略・攻略法に関する過去記事
【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた



また取引とは関係ない話で恐縮ですが、以前ブログで紹介した、
入金も取引も必要なし】口座開設だけで【税金対策本】がもらえる
というインヴァスト証券のキャンペーン(過去記事)が、
【3/30までの期間限定】で実施されています。

最近のキャンペーンは入金や取引が必要なものが多く
条件達成が難しいものもあるのですが、このキャンペーンはかなり特殊。
【入金も、取引も必要ない】という条件なので、完全なノーリスクです。(^^;)

この税金本は、自分がFXで確定申告する必要があるのか、無いのか、
またFX確定申告の必要がある人はどの用紙にどう記入すれば良いのか、
などが明瞭に書かれた本なので、貰っておかないと損。

申し込み自体は5分もあれば完了するものですし
ちょうど今は確定申告をしなければいけない時期なので
FXの税金をまだ確定申告していない方は特に
この機会に申し込みされると良いかもしれません。

ちなみに口座開設の後【1枚取引】をした場合、通常なら5,000円キャッシュバックですが
このブログからの申し込み限定でさらに2,000円上乗せされ、合計7,000円貰えます。

当然取引後即決済すれば小額のマイナスで済みますし
6,500円以上は誰でも確実に貰える美味しい企画となっていますので
【税金本】と【キャッシュバック】が貰えるこの機会を
うまく活用していただければ幸いです。

■ 【3/30までの限定!破格の低条件「インヴァスト証券キャンペーン」詳細
貰わないと損!【口座開設だけで税金対策本】【1枚取引で7,000円】ゲット!


また新たな一年、しっかり利益が出せるように頑張りましょう!
今年もよろしくお願いいたします。





【FXバイナリーオプション】戦略と攻略方法を考えてみた
【類似率99%も!】使わないと損!過去データから相場を予測【みらいチャート】
【3/30まで!】口座開設だけで【新税制対応税金対策本】プレゼント
【トレンドに逆らってませんか?】トレンドに乗るための【短期・中期の出し方】
【豪ドル1000通貨単位でトラリピ運用を追加】年利30%を目指す!
【大損失→継続的勝利への最短ルート】 - 勝率改善に最も効果があった検証・上達方法

0 Comments

Leave a comment