--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01
2007

■1月の取引結果まとめ

昨日朝方の取引は前回の記事で書いたとおりですが、昨日は指標を待つ前に
自分の想定していた目処に達したため取引をしました。

その目処は昨日午後の記事で書いた121.30。夕方、ここを割ったあと
戻してきたところで(正確には5分足で買いシグナルが出たところで)
3本のロング注文。そしてGDP発表後に上昇し、これまた5分足で
下落が始まった121.64で決済しました。

この取引による利益は
121.30 LONG*3 → 121.64決済
+10,200

となりました。また、もう一つ持っていたEUR/USDですが




こちらはFOMC前に決済したい、と書いたのですが夜中に予想以上に
伸びていったので現在でも持っています。また、昨日メルマガで配信した
節目情報を基準にしながら少し上に指値を設置して就寝。
今朝起きたら指値が刺さっていました。
こちらは120.75 LONG *2

これで昨日の取引と現在のポジは

■昨日の取引
121.30 LONG*3 → 121.64決済
+10,200

■現在のポジ
EUR/USD 1.2910 LONG*3
USD/JPY 120.75 LONG*2

■1月の確定済み利益額
+197,912円


さて、今後ですが引き続き下落する可能性を頭に入れつつ
日々取れるところはコツコツととっていきたいと考えています。

週末に雇用統計を控えていますが、まずは今日のヨーロッパ勢が
どう動いてくるか。FOMCなどの材料は、昨日のヨーロッパ時間では
予想や思惑でしかありませんが、今日のヨーロッパでは実際に
その材料をネタに動く可能性があります。

ですので今日の注目点としてはまずヨーロッパ時間。
そして今日の指標としては以下のものに注目です。

・個人所得(22:30)
・個人支出(22:30)
・PCEデフレータ(22:30)
・PCEコアデフレータ(22:30)
・ISM製造業景況指数(24:00)


たくさんありますが、時間で見れば2回なので基本的に24時を中心に
見ていこうかなと思ってます。その前後の動きを見てポジを増やすなり
決済するなりする予定。EUR/USDは思ったより伸ばせているので引き続き
基本成行対応ながら、PCを離れる際にはストップ設定する形で行こうと思います。

一方のドル円は、いつでも動けるようにと考えながらも、目処としては
119円台、最大で118円もあるかもしれない、と思いながら中期的目線を持って
動いていきたいところですね。昨日の記事にはテクニカルで下落サインが
出始めているということを書きましたが、引き続きそのサインは続行中です。
どんな局面でも楽観や深追いは控えようと思います。

まずは120.30キープかどうか、私の中期的指値の一つ目がそこにあるので
今日はそこを焦点に見ていきたいと考えています。



0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。