27
2007

■FXの確定申告体験記■そろそろFX確定申告の準備!■FXで追徴課税や税務調査が!?■経費・節税・税金対策も

今回はFXの確定申告と税金対策、経費・節税のお話です。

このFXブログFXの確定申告や税金関連のキーワードでこられる方が多いため、
もう一度FXの税金と確定申告に関することを整理してみました。

おそらく利益を出している方はそろそろ気になってきているかと思います。
FXの確定申告や税金、確定申告の提出書類などなど。

僕がFXを始めた7年前にくらべて最近は取引をする人の数が増えたのか、
FXの確定申告や税金に関することもよく聞かれるようになりました。


以前も書きましたが、毎日必ずあるのが『確定申告 しない』という
キーワードで検索してこられる方・・(笑)


時々FXの確定申告はしなくても良いのでは?
と聞かれますが、それはヤバいです。

FXでも当然確定申告しないと怖いです
税務署を甘く見てはいけません。
下手すると修正申告では済まず追徴課税。
さらにはFXの脱税で摘発のニュースも良く耳にします。

最近はFXをする人のが増えていることもあり、
税務署もしっかりとFXの存在を認識しています。

4,5年前は税務署の職員の中にもFXを知らない人が結構いて、
こちらから丁寧に説明したりしていたもんですが今は違います。
かなりニュースなどでも追徴課税など聞くようになりましたしね。

公的機関なので手ひどいことはないだろう、とタカをくくってるとマズいです。
なんせ相手は国家権力です。合法的に地の果てまで追い詰めます。
税金は国民の【義務】とされているだけに、本当に甘く見てはいけません。

数十万、人によっては数万の税金を申告しないだけで修正申告等で
追徴金を課されてしまい、結局何のために資産運用しているかわからなくなります。
そうならないためにも日本に住んでFXで儲けを出したからには
ちゃんと手続きをしましょう。

※ひどい場合は修正申告ではなく、脱税として摘発されます。


すでにこの半年で100人以上追徴課税を受けたというニュースが
読売ニュースに出ていました。総額20億の追徴だそうです。
これまでFXで稼いだ利益も全て吹っ飛ぶぐらいのものですので、気をつけましょう。

さて、ではFXの確定申告のおさらいですが、



※最新のFX確定申告情報は2012年版として新記事にまとめましたので
新しい記事も是非ごらんください。

参考:FXの確定申告や経費、損失繰越について [2012年版]
http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-2244.html






まずFXの確定申告については国税庁のページをしっかり読むのが最低条件。
※ココ→国税庁の確定申告に関するページ
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

僕もサラリーマン時代にFXの確定申告したときは、面倒だなぁと感じましたし
「くりっく365の場合はどこからどの書類を作ればいいんだ!?」
みたいなことでかなり苦労した記憶があるのですが、終わってみると案外簡単。

「どの書類を提出すればよいのか」までわかると、
あとはマニュアル通り操作して意外に簡単に作れます。

※もしわかりにくいということであれば業者のサポートに聞くか
 インヴァスト証券が口座開設すればタダでくれる(入金や取引は必要ない)
 【FX投資家のための賢い税金本】を読むと良いでしょう。

 この本はさすが税制優遇のくりっく365のNO.1業者だけあって
 税金から経費、確定申告まで完璧に網羅できていますし、
 自分はFXの確定申告する必要があるのか、ないのか、
 ある場合はどの用紙にどういう書き方をすれば良いのか

 などがわかりやすく図とともに解説されています。

 しかも本をもらえる条件は【口座開設だけ】
 つまり入金や取引なしでも本がもらえる仕組みなので
 まだ貰っていない方は早めに手に入れると良いと思います。

 本の詳細は過去記事へ↓
→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1290.html


確定申告書を書く、といっても実際は入力していけばOKで
入力すると勝手に数字が入っていろいろと計算もしてくれる仕組みです。
ここで「くりっく365」を使っている場合とそうでない場合で作る書類が変わります。

特にもし「くりっく365」で損失が出ていた場合は、損失繰越ができますので
翌年以降利益が出ても相殺可能損をした方も確定申告しておきましょう


ではFXの利益が「雑所得」なのか、「先物取引にかかる雑所得」なのか。


・くりっく365の場合→「先物取引にかかる雑所得」
・それ以外の業者の場合→「雑所得」


となります。ということは提出する書類もそれに伴って違ってきます。
くりっく365の場合「申告書B」、店頭業者だけの場合は「申告書A」になると思います。

そして用意するものとしては

源泉徴収表
FXの取引経歴のわかる損益報告書
経費などがわかる領収書、明細書

また「くりっく365」のFX業者を使っていて損失を繰り越す場合には
申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)」が必要となります。


入力項目はそれぞれ違うのでマニュアルを読みながら数値をPCで入力していけば、
あとは勝手に計算してくれるので思ったより簡単にできると思います。
給与と雑所得、そして控除できるものを入れる程度でオッケーですから
一度やりながら確認してみると良いと思います。やりなおしもききますので(^^)



では続いて皆さんが気になるのではないかと思われる「FXの税金対策・経費」。

ただFXってPCとブロードバンドの環境があればできるものですし
昔は手数料も結構多かったのが今は手数料無料が増えてきていますし
参考にするにしても本や新聞その他の情報ツールなどがほとんどなので
「個人のレベルではFXの節税・税金対策はかなり限られるなぁ」
という印象を持っています。


FXの経費は自己申告なので、確定申告書を提出する際には
自分が判断したものを経費にして提出することも可能なわけですが、
もし数年後税務調査がきた場合には「FXのために使った費用です」
と明確に根拠を示せなければなりません。

またFXの経費に関する領収書などは「自分の手元で保管しないといけない」
と決められていて、もし税務調査があったときに証明するものが手元になければ
うっかり忘れていたり、捨ててしまっていた場合でも追徴課税(修正申告)
ということになってしまいます。

一応公に認識されているFXの経費はこういうものといわれています。
(担当者で見解が違う場合がありますので必ず管轄の税務署等で確認してください)

・入出金に関する振込手数料
・筆記用具などの消耗品
・電話代、プロバイダ使用料、切手代などの通信費の一部
・新聞代、関連雑誌代などの図書費
・為替取引会社の社員との軽い飲食代などの会議費
・為替セミナー等へ行く際の交通費
・パソコンの購入費の一部
・個人事業の開業届けを出していれば家賃や光熱費の一部も


新聞は日経産業新聞など専門性の高いものならOKの場合があるそうです。
通信費やパソコン等は結構難しいところ。FX専用回線とか専用PCがあるなら
それでOKかもしれませんが、たいていは他の用途にも使っていると思いますので・・(^^;)

なので100%経費するのではなく、FXに使っている通信費を計算し
たとえば2割とか3割等の根拠を示せるようにしておけば
按分した費用を経費として計上して良いと思います。


ではもし経費にしていて後々税務調査がきた場合はどうなるのか・・・


といってもしっかりと領収書や取引の明細などを残しておき、
しっかりと根拠が示せる状態にしていれば何もあせることはありません。

なので確定申告のタイミングで1年間の整理をすると考えれば良いですね。
後ろめたいことがなければ何も焦ったりする必要もありませんので
堂々と説明できるものを用意してかまえていましょう(^^)

もし調査に来られた場合は、取引成績が示せる書類や
自分が経費として申告したものの領収書や按分したものならその根拠等
それらを示した上で税務調査の担当者とのすり合わせになると思います。
そこで見解が違えば修正申告という形になるかと。

まず大切なことは、本当にFXのために使った経費というものであれば
しっかりと経費として主張することですね。そして根拠を示すことです。

FXの経費だという根拠を示せる領収書などがなかったり、
なんでもかんでも経費にするってことは厳しいと思いますので、
そんなときには修正申告に応じることになると思います。
ちなみに悪質であれば修正申告ではなく追徴課税になることもあるようです。(^^;)



またそれ以外のFXの税金対策ですが、利益額や取引量が多いならば
くりっく365FX業者を使うことが節税につながります。
そしてサラリーマンであればくりっく365を使わないと損する
と乱暴ながら言い切って良いような気がしています。

下の表を見ていただくとわかるかと思いますが、
給与所得+FX利益総額に対して税率が決まる仕組みなので
サラリーマンであるならば必然的に所得総額が大きくなる
ということがわかっていただけるかと思います。

税率が「所得額」に関わらず20%で、損失繰越も可能というのが最大のメリット。
FXの利益額ではなく「給与所得等も含めた総所得」が基準です
くりっく365以外の場合、所得額が多ければとんでもない税率です。↓

※つまり「年間の給与所得+FXの利益」>330万円 となった場合、
くりっく365以外の業者を使っていると税率が30%になるわけですね


くりっく365じゃない業者は損した年があっても損失繰越できません。
しかしくりっく365なら3年間損失繰越ができますから、税金の額は驚くほど違います。

■例

1年目の損失=300万円
2年目の利益=150万円
3年目の利益=150万円

この場合、くりっく365のFX業者であれば2年目、3年目は税金ゼロ。
しかしそれ以外の業者なら2年目、3年目とも「給与所得+150万円」に対し
税金がしっかりとかけられてしまいます。

僕は現在本業で法人を持っていますので、FXは法人と個人で行っており
個人ではくりっく365FX業者を利用しています。勝っている人と税金の話をすると必ず、
「サラリーマンだとくりっく365じゃないと税金キツいよねぇ・・」、という意見ですし、
利益が出る出ないにかかわらず、損失繰越・税率を考えると
くりっく365のFX業者を使うのが良いと思われます。

ただこれは昨年の利益にはもう関係ありませんので、使っていなかった方は
今年以降節税できるように、くりっく365を利用するのが良いでしょう。


※参考過去記事:くりっく365の利点と業者比較
http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-125.html


以上一通りまとめましたが、FXで利益が出た場合確定申告は必須です。
気持ちとしてはせっかく頑張って稼いだのにそこから取られるのは・・・・
と思ってしまうのが当たり前なので悲しい部分もあるのですが、
日本に住んでいてFXをしている限りは義務、と決まっちゃってますので
ここは渋ったりせずにしっかり納税しておきましょう。
納税するとそれはそれで何も後ろめたいことなくしっかり稼ぐこともできますしね。(^^;)

昨年もFXの脱税が大きくニュースで報じられましたが、
FXの脱税に対して税務署も意識しておられます。
僕が始めた2002年ごろは、FXって何??というところもあったかもしれませんが
今はもう皆さんご存知の投資手段となっていると思います。

FXの確定申告について「申告しないでいいや」と考えていた方は
今年ばれないにしても来年以降指摘される可能性もありますし、
何より安心感を持って普段の生活を送るのが一番だと思うので、
FXで利益が出た場合はしっかりと確定申告しておきましょう

またどうしても面倒だという方や利益が大きい方は
税理士さんに相談されることもオススメします。

僕は現在本業の顧問税理士さんのおかげでキッチリやっていただいていますが
税理士さんに色々と聞いたりすることで、安心できることも多いです。

精神的な安心感を持つことは、トレードをする上でも大事だと思うので
面倒だなと思う方やしっかりと安心感を持って確定申告をしたいという方は
税理士さんに頼むことも選択肢に入れてFXの税金・節税・確定申告について
改めてこの機会に考えてみると良いかもしれませんね。


著作権管理番号JHT155148







口座開設だけで【FX投資家のための賢い税金の本】(新税制対応)プレゼント
サラリーマンは使わなきゃ損!円高の損失繰越・FX税金対策

19 Comments

VeryMerry為替  

こんばんは。興味深いお話ありがとうございます。私の場合、経費で当てはまるのは、今年はプロバイダ代だけなので、だめかもしれないですね!ちなみに申告でなく実際に税金を納める期限はいつなのでしょうか?
今日は久々にゆっくり相場を眺められて、ほのぼのしてました。

2007/01/20 (Sat) 02:43 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

>VeryMerry為替 さん

こんにちは!

確定申告の納付日ですが、申告期間とおなじなので
今年は3月15日までのはずです。

個人事業で消費税の申告がある人はまた
別に4月までにあるのですが、多分それは
私たちに当てはまらないと思いますので・・(笑)

念のため国税庁のページも見てみてくださいね☆

ではでは。今週もお疲れ様でした!

2007/01/20 (Sat) 08:43 | EDIT | REPLY |   

外為錬金術師catu  

勉強になりました。ありがとうございます。
為替見習さん、非常にまとめ方がうまいですねぇ。今後も確定申告関連記事、楽しみにしてます。

2007/01/21 (Sun) 16:19 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

>catuさん

こんばんは!

まとめ方・・・すげー長文になってるんでマダマダっす
(;´∀`)

今度はもうちょっと踏み込んだところまで書いてみますね。

コメントありがとうございました!
今週も頑張りましょう~!

2007/01/22 (Mon) 00:46 | EDIT | REPLY |   

やまちゃん  

こんにちは。はじめまして。
税金対策のお話を拝見させていただきました。
私が以前から疑問に思っていた事があり、もしよろしければお教え願いたいのですが、例えば年収500万の方がクリック365業者の口座で100万円の利益、くりっく365業者以外の口座で100万円の利益が出た場合の確定申告はどのようになるのでしょうか?

2007/04/06 (Fri) 13:07 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

やまちゃんさんこんにちは。はじめまして。

その場合だとくりっく365の分は20%固定、
それ以外の部分が30%の税率が適用されると思います。

ただ年収といっても課税対象がどれだけになるかで
変わってくるのではないかなと思います。

このあたりは私もいつも税理士まかせですし、
確か素人が税金のことについて正式に答えてはいけない、
といったような法律があった気もしますので、
詳細まで詳しくお知りになりたいということでしたら
税理士さんか管轄の税務署に問い合わせをされると
きっとわかりやすく答えてくれると思いますよ☆

あまりちゃんとしたお答えになっていなくてすみません・・(^_^;)

2007/04/07 (Sat) 10:52 | EDIT | REPLY |   

るしか  

海外居住者の納税

現在米国在住で、セントラル短資の口座で取引をしています。2,3度税務署へ問い合わせて確認したところ、海外在住でも利益については納税の必要がある(国内での所得がないので、税率は最低のライン)との見解でしたので、先日出張のついでに以前に住所があった管轄の税務署に納税に行ってきました。

ところが、担当者がこの手のケースに詳しいという人3人くらいに確認したところ、この場合は日本での納税の必要は無く、居住国の米国で納税すればよい、との結論となり、結局日本の税務署での納税は行いませんでした。

なんだか担当者によっていう事が違うので、後から脱税したなどと、有らぬ疑いをかけられぬかちょっと心配しています。
実際のところ、どうなんでしょうかねえ?

2007/04/13 (Fri) 09:06 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

るしかさん、こんにちは。


私も身近にいる人に聞いた話というレベルなんですが、
完全に所得税法でいう「非居住者」とみなされている場合であれば
税金は現在住んでいる国(るしかさんの場合米国)で
払う形だったと思います。


ただそれが海外に居住して時間が経っていない場合や
日本と海外を行き来する職業の場合はみなされない場合もある
と聞いたことがあります。

商社マンの海外赴任と、実際に移住している場合などでは
また扱いが違うと思いますので、やはり確かめるには
税務署に聞いてみるのが一番だと思いますが、
るしかさんの場合すでにお聞きになっているということですので
納税義務は居住国に対してあるということでよいのではないかなと思いますが・・・。

ウーム、難しいですよね、税金って。。
私もよく税務署とか税理士さんに電話してますが。。

税務署に聞かれているということですので
「税務署名」「担当者名」「日付」などを控えておけば
もし、疑いがかけられたときにでもそれを伝えれば
大丈夫になるかもしれませんし、そういう控えを取っておくのが
一番良いかもしれませんね。同時にこちら側にも
それを聞いたという証人を作っておけば完璧だと思います。


お答えになったようなならないようなですみません・・汗

2007/04/13 (Fri) 12:01 | EDIT | REPLY |   

るしか  

こんにちは。早速お返事ありがとうございます。おっしゃるとおり、海外に移って一年未満の人なんかは日本での納税になるような事をその時は言ってました。

そうですよね。一応必要事項は記録しているのですが、証人も作っておけば、完璧ですね。アドバイスありがとうございました。

2007/04/13 (Fri) 19:58 | EDIT | REPLY |   

スキンヘッド  

なぜ「くりっく356」だけが・・・

こんにちは。
はじめてのメールです。地道に稼ぎたいと思ってこつこつやっておりますが、払う税金はなるべく少なくと(だれもが)思ってますよねえ。
ここで疑問です。タイトルにも書きましたがなぜ「くりっく365」だけが税金面で優遇されているのでしょうか?これじゃあくりっく365以外の証券会社を利用する人なんかいなくなると思うのですが・・・。どのような理由 or 条件で一律20%が税法上許されているのか理解できません。
また、色々な方の話を聞くと何百万も稼いでおられる方がたくさんいますが、必ずしもくりっく365ではないようです。そんなことで税金に30%も40%も持って行かれてどうするの!って思っちゃいますが。
ご存じでしたら、お教えいただけないでしょうか?

2007/04/16 (Mon) 23:49 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

スキンヘッドさんこんにちは。

くりっく365の税制優遇についてですが、
【公的】に認められた取引所を介して取引するということから
税制優遇されている、という経緯だったと思います。

ちなみに一般の業者は取引所を介さず
相対取引がされています。


稼いでいる方がかならずしもくりっく365でない理由は
私も推察するしかありませんが、おそらく使い勝手や手数料かと思います。

というのも人それぞれ取引のスタイルがあって、
それに合わせるとくりっく365が不利と考える人もいてもおかしくありません。

たとえば超短期取引で値幅も小さい取引を頻繁に繰り返す人がいた場合など。

毎回10銭抜きを一日に何十回と取引するトレーダーなど(たとえばですよ)は
手数料無料で使いやすい業者、スプレッドの小さい業者を使って
一日の取引回数を多くしたほうが利益があがるはずですよね。

そして、その結果くりっく365参加業者を使うよりも
一般の業者を使ったほうが利益の絶対額が数倍になる、
ということになればくりっく365よりは一般の業者のほうが
税率は高くても手元に残る金額は多いという判断をされる方もいると思います。

他にもユーロドルやポンドドル、ポンスイなどがすきな人の場合も
くりっく365ではまだそれらの通貨ペアの扱いがありませんし
他の業者を使うのも仕方ないと思います。

通貨ペアは好みがありますから、苦手な通貨で取引して利益がでないよりは、
得意な通貨で取引して税率が高くても利益が出たほうが良い
と判断する人もいると思います。


以上のように考えますがいかがでしょうか。
ちなみにサラリーマンで年収がそこそこあって、
取引するのはドル円で中期的取引だけ、

といったような人は当然クリック365のほうがメリットが大きいと思います。

2007/04/17 (Tue) 07:15 | EDIT | REPLY |   

スキンヘッド  

20%への疑問、納得!

早速のご返事、ありがとう御座いました。

まだあまりたくさんの業者とつきあったわけではないため、「使い勝手」の違いまで気がつきませんでした。確かに使い勝手の善し悪しが成績に大きく影響することもあるはずですから、たとえ高い税率でも大きく勝ち越せる業者を選ぶという選択があってもいいわけですね。納得しました。

「弘法、筆を選ばず」ではないわけですね!

・・・【公的】に認められた取引所を介して取引・・・

うーーん。公立の学校と私立の学校のようなものですかねえ。「私立」から「俺たちも20%を認めろ」って声がよくおきないもんですねえ。

うまいたとえぢゃありませんが制度上の問題はさておいて、よく納得できました。本当にありがとう御座いました。

2007/04/17 (Tue) 23:37 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

piyopikoさんへ


秘密コメでコメントをいただいたpiyopikoさん、
回答はこちらに記載しますね。

ボランティアで派遣されているとありますので
国内に住所はある状態だと思いますがいかがでしょうか。

移住と書かれていましたが移住となると
国内の住所等を完全に抹消して
海外で所得を申告することになります。

ただ派遣されているのであれば移住にはあたらないのではないか、
と思いましたのでまずはこの確認をされたほうが良いかと思います。

もし移住されているということでしたら
セントラル短資等の国外に住所OKのところに
口座を移したほうが良いかもしれませんね。

おっしゃられた「業者に知られるかどうか」については
私も経験がないことなのでわかりかねますが
税務調査などが入らなければ大丈夫なのかなと思ったりします。

ただ後ろめたい気持ち等を持ちながら生活するのはしんどいと思いますので、
まずは自分の状態が「移住」なのかどうか
(国内から住民票等を抹消してるかどうか)
という点を確認したうえで、移住しているなら
業者を変えて心置きなく取引するのが良いのではないでしょうか。

2007/07/29 (Sun) 13:23 | EDIT | REPLY |   

piyopiko  

返事ありがとうございました。

丁寧でなおかつお早いお返事ありがとうございました。

早速調べてみます。

2007/07/30 (Mon) 16:13 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

piyopikoさん、こんにちは。

FXの確定申告や、移住、業者については
まだまだ情報が少ないので困ったものですね・・

ボランティアをされているのはとてもすばらしいと思いますので
これからもお体に気をつけて頑張ってくださいね。

2007/07/31 (Tue) 19:07 | EDIT | REPLY |   

ゆらら  

税金

FXは去年から始めました。ビギナーズラックで何もわからないまま140万ほどの利益があがったのはいいのですが 納税が必要なことがわかり今 申告の準備をしています。(株で損をしていたので相殺されると思いこんでいました お恥ずかしいです)専業主婦なので 主人の扶養からはずれ 当然主人はその分増税。私は所得税 年金 国保 住民税など引かれ 利益などとんでいってしまいそうです。
悪意で隠していたわけではないのですが 重加算税も心配です。収入のない主婦にとって 単に利益に対する税だけでないことを知っておかなければいけないのだと思います。そのあたりの情報が少ないですように感じます。参考までに。

2007/10/17 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

ゆららさん、こんにちは!はじめまして。

アドバイスありがとうございました。
たしかに主婦の方々のためにも
主婦目線での税金について別途記事を書く必要がありますね。

私はついつい自営業でオトコということもあって
その辺に関してアンテナはってませんでした・・汗
ノ(´д`*)


本業の合間にでもまた別の記事として書いてみますね。



ちなみに

>悪意で隠していたわけではないのですが 重加算税も心配です

よほど悪質で意図的な場合には「重加算税」が課せられると思いますが
通常、修正申告であれば「過少申告加算税」と「延滞税」
という形になると思うので、早めに修正申告に行かれるのがよいと思います。
延滞税は日割りですし。

また、私の友人の主婦の方などの話を聞いていると、
扶養や年金、国保のことなどを考えて、ご主人名義にして
取引されている方が多いですよ。当然くりっくですが。

もしとても大きい金額になるのであれば
青色なども考えつつ税理士さんに相談するのも手ですね。

私は現在本業(FXではないです)で法人化しているため
顧問税理士をつけていますが、やはり税理士さんがいると
しっかり書類も作成してくれる上に年金や保険、住民税など
トータルで考えて最もよい手段を明示してくれるので
もし利益額が大きければお金を払ってでも
しっかり税理士さんをつけるか、相談しにいくのもよいと思います。



2007/10/18 (Thu) 12:58 | EDIT | REPLY |   

saya  

海外在住者の納税

検索でこちらのページにたどり着きました。
2007年の記事に対してコメントしてしまって申し訳ありません。どうしてもお聞きしたいことがありましたので。
海外在住者(住民票が日本にない)が日本のFX業者(口座開設は日本居住者のみ可の業者)で住所変更したことを知らせずに収入を得た場合、どうなるのでしょうか?
税務署から呼び出しがくるのでしょうか?
業者から罰金として収入分の取り消しなどをされてしますのでしょうか?

もしご存知でしたらお教えいただけないでしょうか?

2010/09/24 (Fri) 07:19 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

sayaさん、はじめまして。こんにちは。
こちらにコメントをいただいていたのに
気づくのが遅くなってしまいすみません(^^;)

おそらくおっしゃる問題は2つに分ける必要があると思います。
ひとつは税務署側からの見解、もうひとつは業者側からの見解です。

税務署側については、実際に税務署の職員によっても見解が違うので
最終的には税務署(および関連する相談窓口)に問い合わせるのが確実ですが
なんとなく僕の経験では、税務署は実態がどうかを見ているので
実際に海外に住んでいて、住民票もあって、かつ海外で納税していれば
それについては呼び出しなどは無いような気がします。

業者側に関しては、業者が罰則規定を設けているかどうかですが
おそらく普通に取引している分には問題がないように思います。

ひとつ問題があるとすれば、業者から取引履歴が全て税務署に送られるので、
それを元に税務署が税務調査に行ってみようとか、
納税状況について問い合わせしようと思った際に
sayaさんが海外にいることを知って、脱税の可能性を疑ってくるかもしれないことですね。

sayaさんが海外で在住されている国に納税している証明とか
経費があるなら経費の証明書とかは残しておく必要があると思います。

少し複雑で僕の回答が正しいかどうかの保障も出来ないので大変心苦しいですが
もしかなり心配されているようでしたら、税務署などに一度聞いてみるのが良いと思います。

業者に聞いても海外在住は知らんぷり、ということもありえますので
どちらかというと税務署側に電話して聞くのが良いかなと思います。

2010/10/04 (Mon) 12:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment