--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
14
2010

■香港ドルでトラリピ運用開始。史上最安値到達でも維持率は1179%■100万の資金で5銭ずつ買い下がり、1000円で利確設定。長期的資産運用としてデイトレとは別に実行

CATEGORYトラリピ
日曜の記事で触れた香港ドルによるトラリピですが
早速6/14から香港ドルで注文を発注して開始しました。


資金は200万円を香港ドル専用で入金し、
上記のように午前中に買い指値を11.78から0.05ごとに20本設置。
利確は1,000円でFXトラリピ研究者さんの手法を真似させていただいて
今日から普段のトレードとは違った長期的運用も同時並行で始めます。

また午後には早速注文が一つヒットしました。



一応香港ドルでトラリピを始めるに当たって、
僕もさすがに自分でシミュレーションしないと不安なので
この週末に自分でも実際に安全性を確かめました。

とりあえずシミュレーションは最悪のパターンを考える、
とういことから入るのが必須だと思っていますので、
まずは過去の史上最安値である10.32まで一直線で落ちたと想定。

すると例えば100万で始めたとしても、、現在の水準から1銭も戻さずに
ひたすら一直線で落ちた場合の証拠金維持率は
なんと1179.7%とかなり余裕がある水準でした。



現在香港ドルは11.80付近なので1円50銭の下落ですが
香港ドルはドルとペッグ制をとっているため
ドル円の1/10程度の値幅でしか推移しません。
1日の値幅は10銭程度。昨年の大暴落時でも1日20銭程度です。

つまりこのシミュレーションは、ドル円が1銭も戻すことなく
現在の92円付近から史上最安値の79円75銭まで一気に落ちる、
ということと同等のシミュレーションをしているわけです。


それで1179.7%という証拠金維持率ですから、
200万円で5銭ずつ設置して1000円の利確というのは
極めて安全な水準であることがわかります。

なぜなら通常まっさかさまに1銭も戻さず落ちることはなく
波を描きながら推移するのが相場ですから、その間に利益確定されて
証拠金は増えることになるからです。

つまり時間が経てばたつほど証拠金の元金は増していき
それと同時に証拠金維持率の水準もより安全な水準になる、
という良いスパイラルになるわけですね。

あとは一応FXトラリピ研究者さんがすでに240日取引して
その間昨年の大暴落もありながら、ビクともしていないようですし
この安全性と12%程度のそこそこの利回りが期待できるのですから
やらない手はない、と思って始めた次第。

実は50万円の資金で上記と同じシミュレーションをしても
史上最安値での証拠金維持率は425.9%とかなり安全圏なので
50万円でも良いかなという気もしなくは無いのですが
一応安全には安全を、というのが僕の基本方針なので200万にしました。


何度かコメントのやりとりもして、考え方もある程度わかったのですが
完全自動売買で年利12%実績、しかも暴落時に維持率が危険水準に達していない
という結果を拝見して、僕も200万で始めてみようかと思った次第。
というか昨年夏から香港ドルの取引単位引き下げがあったの知りませんでした・・

年利12%ということはいわゆる「72の法則」で考えて
6年で倍、12年で4倍、18年で8倍・・36年で64倍ですから、
仮に100万で始めればトシとったときに6000万~7000万と
老後の安心を買うことができる可能性はかなり高いですし、
何より暴落時でも維持率が強制ロスカットから随分余裕がある
ということは放っておける安心材料でもあります。


この形で今日から普段のデイトレとは全く別に
もう一つの資産運用手段として試してみたいと思います。

何より忙しい時間でも、寝ている時間でも勝手に取引してくれるわけで
そこが僕の普段のデイトレでは絶対に出来ない領域ですから
自分の収入の手段を一つ増やすという人生でのリスクヘッジも可能。

一日の絶対金額はデイトレより少ないとしても
将来的に5000万円程度に増やすことが出来れば
十分今後の人生設計にも役立つと思っています。


 ■トラップリピートイフダンの詳細はこちら ・過去記事↓
■寝てる間も、働いている間も、旅行している間も資金が増える?
■トラップリピートイフダン(TRIFD)注文での資産運用方法


また注文が成立していれば日々のブログで追っていきますが
ある程度のまとめなどは週末の記事で書いていきます。

※【2011/10/19追記】
豪ドル1000通貨単位でのトラリピ運用を追加しました。
→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1607.html


※追記
トラリピで長く取引していたのが認められたからか、
このブログの読者の方に、「トラリピ戦略と考え方」
というレポートを進呈できることになりました。

→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1415.html

長期投資として考えると銀行に預けているよりはるかに効率良いですし
最近は日経新聞でも取り上げられるぐらい有名な自動売買ですから
また試したことが無い方は是非このキャンペーンを機会にして
うまく活用していただければ幸いです。

【このブログ限定!1,000円上乗せで合計6,000円!】
【為替見習レポート「トラリピの戦略と考え方」】
【運用方法がしっかりわかる!「FX トラリピの教科書」】

など多数のプレゼント企画をこのブログ限定で実施中!

詳細はこちら↓


■手順1:コチラからトラリピ口座開設申込
(当サイト限定プラス1000円クオカード付き)
トラリピ口座開設申し込み

※当サイトだけの限定キャンペーンですので、
 必ず当ブログよりお申込みください。
 途中で他サイトをご覧になりますと、
 対象外となる可能性がありますのでご注意ください。

※トラリピ運用ができるのはM2J(マネースクウェア・ジャパン)社だけ。


■手順2:コチラからレポート(トラリピレポート)申込
レポート申し込み

※条件を満たされたすべての方に当サイトオリジナルレポートプレゼント

■手順3:ログインして手順どおりに初期設定を行い取引を行うだけ。


【このブログ限定!1,000円上乗せで最大21,000円!】
【為替見習レポート「トラリピの戦略と考え方」】
【運用方法がしっかりわかる!「FX トラリピの教科書」】

など多数のプレゼント企画をこのブログ限定で実施中!

M2J×為替見習のFXブログ限定キャンペーン実施中。
アベノミクス相場はトラリピのチャンス。見逃したら損!
↓↓


m2j20130807a.jpg
m2j20130807.jpg

2 Comments

パーキン  

トラリピについて

”香港ドルでトラリピ運用開始”の記事を興味深く読ませていただきました。
教えてほしいことがあります。
”昨年の大暴落”とは具体的に何のことなのでしょうか?

2010/06/16 (Wed) 13:18 | EDIT | REPLY |   

為替見習  

パーキンさん、こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

昨年の大暴落は、11月27日にドル円が87円から84円後半をつけた日を指しています。

1995年の史上最安値以来の安値水準をつけたというインパクトの大きさと、
シミュレーション上最安値水準として維持率の計算に役立つので、
昨年11月27日をピックアップしてみました。

今年に入ってからは誤発注かと言われた5月6日が終値ベース55銭ぐらいなので
値幅だけを見るとこのあたりのほうがスゴいのですが
維持率で言えばここはそれほど問題ではないので
ドルとペッグ制をとっていることから史上最安値に近く、
維持率が最も悪い状態になったところを書いた次第です。


意図がわかりにくい文章を書いてしまってすみません(^^;)
また何かあれば是非おっしゃってください。

コメントありがとうございました。

2010/06/17 (Thu) 02:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。