01
2014

■なぜ危険度の高い相場を回避できるのか■危険度の高い相場を回避するための相場把握・分析方法【FXで勝つための重要ポイントその3】

 重要ポイント その3 ・なぜ危険度の高い相場を回避できるのか
 危険度の高い相場を回避するための相場把握・分析方法


「重要ポイント1」「重要ポイント2」と読みすすめていただく間に
なんとなく気づいてきた方もおられるかもしれませんが、
利益を出すのに重要なこと、リスクを減らすのに重要なことは
決して「予想すること」ではありません。


むしろ個人的な感覚や、周囲の方が退場する例を見てみると
予想して相場を読もうとすればするほど勝ちから遠ざかり
退場する人が多くなっている
ように思います。





では何が大事なのか。
これも2つに分けて考えてみます。


[3-1]・自分の中にあるリスクを減らすこと

[3-2]・外部にあるリスクの程度を把握し、
    リスクが高い相場は徹底的に回避して
    リスクが低いときに積極的に攻めていくこと


いずれもリスクを低くするために必要なことですが
[3-1]は自分自身で全て解決できるため比較的容易。

しかし[3-2]は外部要因ですので完全を目指すのは難しいです。
それゆえに重要なのは[3-2]であり、これをいかに磨き上げるかが
永続的に利益を積み上げるための大きなカギと言えます。


[3-1]・自分の中にあるリスクを減らすこと

これは自分自身をコントロールすることで解決できることばかりで
「重要ポイント1」「重要ポイント2」で述べたこととも重なります。

全て自分の身近にある要因ばかりですから、
これを片っ端からチェックしてリスクがあればその要因を排除。

代表的なものは資金管理、レバレッジ管理。
そして「重要ポイント1」で説明した取引量の削減と
回転率を上げること
などが挙げられますね。


例えば資金は余裕資金の中からさらに余裕を見て入金し
さらに後方にはイザというときのために使える補充資金を用意。

そしてレバレッジは3倍未満というルールを作り
大量ポジションを一気に投入しないようにする、
というルールを作って必ず守ること。

これらは全て自分の中で出来ることばかりです。


そして「重要ポイント2」で述べた順張り。

逆張りは待ち構えて取引するだけに、
底と天井を狙って成功すれば最高の快感ですし
レンジ相場でもそこそこの結果が残せますが
退場パターンの多くが逆張り+ナンピン+資金管理の欠如
ということを忘れてはいけません。

特に資金量が1千万未満で、節目の算出やトレンドの把握が出来ない人は
逆張りが即、命取りになるということを頭に入れておくと良いでしょう。

節目の算出やトレンドの把握が出来ないということは
なぜそこで売買するのかの根拠が無いということですし
その状態で注文を入れるのはギャンブルと言えるわけです。

これらのことは全て自分の心がけ次第で出来ることですから
まずは自分の中にあるリスク要因を徹底的に排除しましょう。
これはトレードのセンスに関わらず誰でも出来ることなので
この土台をしっかり作っているかどうかが勝率・利益率に直結します。


[3-2]・外部にあるリスクの程度を把握し、
    リスクが高い相場は徹底的に回避して
    リスクが低いときに積極的に攻めていくこと

いよいよ最も重要なパートに来ました。
リスクの高い相場を徹底的に回避して、
リスクの低い相場で参戦するために必要なこと。

それは現在の相場状況を明確な数値的確に把握することです。

巷からは様々な予想などが情報として入ってくると思いますし
見かける予想には頼ってしまいたくなるというのが人間の心理です。

しかし実際巷に転がっている予想は、天気予報でたとえると
「将来大きな台風が来る」とか「近い将来大雪が降る」とか、
「明日は晴れの見込みです、でも寒気が強くなれば大雪です」
と言っているようなものがほとんど。

そりゃいつか待ってれば台風も大雪もきますよね(^^;)
あとは外れても責任はありませんから何とでも言えますし、
この程度の予想というのは頼りにすると痛い目にあいます。
(実際僕もFXを始めた2002年ごろは、この種の予想に頼って大損したので)

また同じ理由で、自分で相場予想をするという行為は
自分自身でこの程度の予想に近いことをしてしまうということです。



では予想をせずに勝つ(負けない)にはどうすれば良いのか。
どうすればリスクが高い相場、リスクが低い相場が判別できるのか。

それが先ほども書いた現在の相場状況を明確な数値で的確に把握することであり、
そのためにチャートや各種ツールを使って相場分析をすることです。


例えば先ほどの天気予報に置き換えてみましょう。
「フィリピン沖で台風が発生した」という「現在の情報」が手に入った場合、
週末に予定していた海水浴に、リスクを犯してまで行くか?という話です。

現在遠くではあるが「台風」というリスク要因が発生している。
じゃあ週末は安全重視で海水浴はやめて延期しよう、
というのがいわゆる低リスクな取引の第一歩なわけです。
直撃しなくても海が荒れれば危ないからやめたほうが良いよね、という判断。

さらに台風というリスク要因を細分化すると

・台風発生 (←客観的かつ、現在起こっている事実)
・台風の位置[東経・北緯] (←数値で把握できる事実)
・台風の規模[hPa] (←数値で把握できる事実)
・台風の速度[km/h] (←数値で把握できる事実)
・台風の進路に影響を与える高気圧の位置[東経・北緯] (←数値で把握できる事実)
・台風の進路に影響を与える高気圧の強さ[hPa] (←数値で把握できる事実)

などなど、僕は気象の専門家ではないので本当はもっとあるのでしょうが
天気予報などで出てくるだけでもこの程度は挙げることが出来ます。
そしてこれらは全て現在起こっている事実・数値で把握できる事実

ここでは現在のことのみに絞っていますので
未来のことは一切出てきていません。
未来のことを現在の事実から想像するのは人間。

そして同じ想像をするのでも、


「台風が直撃するか直撃しないか」(相場で言うと将来下か上か)

を考えるのではなく

「台風が来た場合にどう行動するか」
「台風が来なかった場合にどう行動するか」
「台風はそれたが波に影響がある場合はどう行動するか」

という考えられるパターンをまず挙げていき、
それぞれの場合に備えて行動計画を立てておく。

普段の生活ではおそらく皆さんがやっていることですが
これと同じことをFX取引においても行うことが重要です。



例えば

 「台風が来た場合」 1.家でゆっくり休む
2.映画館に行く
3.買い物に行く


 「台風が来なかった場合」 1.一応海に行く
 →1-1.波が荒ければ無理せず帰ってくる
 →1-2.海が穏やかなら釣り・海水浴を楽しむ
2.台風が来なくても今回は家で休む
3.映画館に行く
4.買い物に行く

などといったように、複数の行動計画を立てておき、
その日の気分、体調、一緒に行く友人とのすり合わせで
最も快適に過ごせる手段を選択するといった感じ。


これを僕は普段の取引でも行っています。

つまり、予想が出来るようになったから勝てるようになったのではなく
現状把握をして明らかにリスクが高い選択肢は外し
リスクの低い選択肢を選ぶことに集中した結果
負けは減り、勝率が上がり、利益率も改善した
のです。

テクニカル分析というと、ついつい予想と結びつくイメージがありますが
本来は「現在どうなっているのか」を明確な数値でわかりやすく示すものです。
現在の状況がしっかりと把握できていて、そこに危険要素があった場合は
「この取引は危険が潜んでいるかも・・」ということもわかるというわけですね。

そして行動計画の視点からもう一度おさらいしておくと、
予想することの危険性は、自分の予想を過大評価してしまい
それを軸にして自分の行動計画を立てることにあります。


予想通りにならなかった場合のことも一応考えていると思いますが
人間の心理として、自分で頑張って出した予想は信じたいので、
ついついそこに自分の希望的観測が加わったりして
どうしても甘い行動計画になってしまいますから
それを回避することが重要なわけです。

その回避に必要なのが現状を的確に把握することであり
それを元にあらゆる可能性を考え複数の行動計画を立てておき、
どんな相場が来ても「全て想定済みですよ」「対応考えてますよ」
という状況にしておくことです。


ちなみにテクニカル分析は難しそうだ
と思われそうですがそんなことはありません。
一度分析をすればアタマの片隅ぐらいには残っているものです。
それが一番大事です。覚えきる必要はありません。

そうしてぼんやりとでも分析したことが残っていれば、相場の動きを見ても、
「アレ?何かわからないけどおかしい気がする・・・」といったように
相場の動きの中に違和感を感じられるようになります


天気予報で遠くの台風情報を一応頭に入れておけば、
仮に当日海に行ってしまうことがあったとしても
海の微妙な波の変化に「アレ?なんか危ないかも」
と気づくとでも言いましょうか。

分析をしていなければ違和感の元になるものがないので
ちょっと波が高いかな、ぐらいにしか感じません。
そして状況が変わったころには手遅れなわけです。



僕は2002年に大損をして反省して以来、
これらを実行することで大損をする機会が劇的に減りました。

利益を出すことももちろん大事ですが、その前に大損をしないこと。
負けるときは小さく負ける、良い負け方をすること。
そして自分の資産を守りながら着実に勝てるときに増やすこと。
これがFXで勝ち続けるために最も大事だと確信しています。


「重要ポイント2」では簡単な例を出しましたが、
実際の分析は自分の失敗や修正を少しずつ改善して
自分独自のテクニカル分析(といっても組み合わせだけですが)を
毎日朝、昼、夕、夜と行うようにしています。

また節目やトレンドの判断は自分自身で分析した結果と
信頼できる情報ツールで取得したものとを見比べた上で
同じ数値が出ればより自信を持って取引するような形です。


ちなみに僕が使っているチャートやツールは以下。

■ 中長期トレンド分析・予想用チャート
GMOクリック証券のプラチナチャート

■ 短期トレンド分析・予想用ツール
FXプライムのぱっと見テクニカル


チャートについては以前からMT4、VT、DealBookなども使っていて
今でも一応PCには入っていて少し使ったりすることもあるのですが、
ここ数年は専らGMOクリック証券のプラチナチャート
click5.jpg


非常にシンプルであるとともに多機能で、カスタマイズが自由にきくので
必要なものを配置して自分の好みに仕上げることができるのがポイント。

一度使って慣れるとかなり分析時間が短縮できますし
一度に分析できる量も多くなるスグレモノです。


僕は2009年までチャートだけ使う業者と取引する業者を分けていて
それゆえに画面に複数のツールを立ち上げたりしていたのですが
GMOクリック証券約定率が高く、スプレッドも小さいですし
チャートも上記のプロ利用のものと比べても遜色なく、
自分好みにカスタマイズ出来て、かなり使いやすいことがわかったので、
半年間の検証を経て現在はプラチナチャートを利用しています。

僕が日々ブログで書いているテクニカル分析や節目、時間分析なども
全てこのプラチナチャートから導き出したもの。

また、中長期のトレンドを予想するのに特に向いていて、
日足や8時間足で平均足分析を行うと、中長期のトレンドが把握でき、
大きな流れを把握した上で目先の取引を行うことが出来ますから、
簡単な戻しやダマシに引っかからなくなる、というのは大きいと思います。

※ちなみにこのツールは、口座を持っていれば無料で利用できますし、
 まだ使ったことが無い方は一度利用してみると良いと思います。
 特に平均足分析は非常に役立ちますので。

平均足分析やってますか?中長期トレンド把握に必須
【期間限定】新規口座開設で5,000円キャッシュバックも実施中

GMOクリック証券プラチナチャート
https://www.click-sec.com/

※僕は常に業者の新機能やツールを試すために
 現時点で取引で使っている業者以外のツールなども
 必ず半年間は使ってみて、随時良いものに入れ替えています。

 また本業の仕事の関係で、事務所にいない時間も増えたので
 外出時にノートPCでも取引を行えるようにするためにも
 ツールや業者は可能な限りコンパクトにまとめる意識を持って
 どんどん無駄を省き、税金やスペックを鑑みた上で、
 最も効率的に利益を出せる体制を追求しています。

※関連過去記事
【現在使っているFX業者】コスト、情報、チャート等最適な組み合わせ



ただ、分析の時間などが少ない方、たとえばサラリーマンの方は
分析する時間を継続的に作りにくい場合もあると思います。

僕もサラリーマンをしていたころは結構そういう状態で、
土日にかなりの時間をテクニカル分析の勉強に費やしましたし
毎日夜帰宅してからもノートをつけたりして苦労しました。

今は便利な世の中になったもので、各業者から分析ツールがたくさん出ていて
ツールを使えば短期トレンドや節目が簡単に把握できて
さらに勝てる可能性まで高められる
ものが出ていますので
このようなツールを使いながら自分の分析力を高めるのも一つ手。

現時点ではおそらくFXプライムのぱっと見テクニカルが最良でしょう。

登場した際にはFX業界でも大きな話題となったツールであり
僕も実践で活用して勝率、利益率を押し上げたツール。

他のツールも検証して比較する必要があると思ったので
最初しばらく利用した後、別のツールを使って実践検証していましたが、
未来予測の精度を考えるとぱっと見テクニカルのほうが良いという結論に至り、
現在は元に戻してぱっと見テクニカルを活用して取引しています。

FXプライムで口座を持っていれば利用できる優れものツール。

 現在FXプライムでは、最大29,000円のキャッシュバックも実施中。
 そのためキャッシュバックもゲットして、原資を増やしつつ、
 未来予測ツールも活用可能です。(※1)

※1 キャッシュバックを最大限貰えるようにするため、
 1万円キャッシュバックが別途設定されている、
 選べるミラートレーダーのリンクを貼ってあります。

 ミラートレーダーで1万円、ちょいとれFXでも1万円(条件はミラートレーダーが良い)
 通常の口座開設関連で8,000円、 そしてハイスピード注文で1,000円の合計29,000円と
 現在行われているFXキャッシュバックの中でも最大級のものですし、
 キャッシュバック分は損しても大丈夫という考え方も出来ますので、
 有効に活用されると良いと思います。
 
 ちなみにキャッシュバックとツールの利用は、口座開設をした後、
 選べるミラートレーダーの利用に同意すればOKです。


また2014年8月の取引結果まとめ記事で書いたように、
未来予測ツールを、ぱっと見テクニカルに変更。

以前利用していた未来予測ツールにまた戻ってきたわけですが、
一度違う予測ベースのものを業者を変えて使用していたものの、
もう一度こちらの予測精度を確認したところ、非常に高いものがあったので、
さらに勝率を高める工夫になると思っています。
FXプライム
→https://www.fxprime.com/


2002年当時にぱっと見テクニカルがあれば
僕がFXをはじめた頃の百万単位の大損は無かったかも・・とか
もし損していても損失額は抑えられたのではないかと思うと
今はFX初心者の方にとって良い環境が整っていると思います・・(^^;)



「ぱっと見テクニカル」の最も良いと思う点は、個人投資家では到底集められない
過去の膨大なデータから類似パターンを見つけ、将来の相場を予測すること。
そして多くの通貨の中から最もリスクが低そうな通貨を選択できること。

しかもFXプライムは業界内でも良く知られているように、
雇用統計などのビッグイベントでもビクともしない抜群の約定力で、
通常のデイトレには欠かせないスペックを持っていることで、
それゆえに普段のデイトレでも活用しています。

まずは「過去の膨大なデータから相場を予測すること」について。

実は他業者の情報ツールでも情報量はかなり多いものがありますし
各種レポートの質も、書いている人もすごい業者があったりするのですが
やはり書いている人の相場を見るスタイルであったり
相場を見る時間軸によって表現に出てきてしまうわけです。

そして人が書くレポートですから、どうしても保険的要素であったり
上下両方にマージンが出来てしまったり、言い訳できるような要素も含まれていたり
そんな曖昧な部分が発生してしまうデメリットがあるわけですね。
つまりこれらは全て「人間が介在する二次情報」なわけです。


そのような「人間が介在するデメリット」が全く無い情報、
つまり完全な一次情報「生のデータ」

これに強いのがFXプライムのぱっと見テクニカル
僕も実際に使ってみてその利用価値に驚いたわけです。


このあたりの精度は自分が過去に使ってきたツールよりも秀逸で、
やはりもともとプロが使っていた有名な形状比較分析ですから
揉まれている競争のレベルが違うのかもしれませんね。

この形状比較分析の画面を表示すると以下のような感じ。



過去12年分のチャートから現在の状況と似ている形状を瞬時に引き出し、
それに基づいて将来の動きを予測する、というのがこの分析の特徴。
もともと形状比較分析はプロディーラーの間では使われていたのですが
一般に使うには膨大な手間とシステムが必要でした。それを解決したのがコレ。

プルダウンで検索条件を変えれば時間軸やモデル予測など
自分がそのときに見たいのものを瞬時に抽出してくれる優れモノです。↓



これを使うと市場が安定しているのか、それとも不安定になってきているのか
そして過去のパターンから「将来どう動くか」ということが一発でわかりますし、
複数の通貨を見比べれば、どれが最もリスクが低そうかも判別できるわけで、
その通貨「買い」か「売り」かまたは「中立」かということが一発でわかります。

さらに一致率という数値で過去のと類似性を見ることも可能で、
過去の相場を知らない初心者の方でも、良くあるパターンであれば、
一致率で瞬時に見て判別できますし、複数の通貨を見比べていけば、
どの通貨が最もリスクが低そうかも判別できるわけです。


つまり「ぱっと見テクニカル」で主要通貨を全て見ていけば、
どの通貨が待ちで、どの通貨がロングで、どの通貨がショートか
ということが全て明確に把握できることになるわけですね。

そして一致率が高い場合は取引して、低い場合はやめておく。
こうすることで、確率が高い通貨と方向性を絞り込めるわけです。

ちなみに「ぱっと見テクニカル」を提供するFXプライムは、
ブラウザでこれらの環境を提供していることに加えて、各種レポートが充実しており、
雇用統計などのビッグイベントでもビクともしない抜群の約定力で、
通常のデイトレには欠かせないスペックを持っていることで、
それゆえに普段のデイトレでも活用しており、秀逸な業者だと思います。


もちろんこれが全能とは思いませんが、少なくとも現在の相場が大変動しやすいのか、
それとも安定的で落ち着いた相場なのか、という状況把握ができますから
「危険そうだな」と思うような場面で無茶なポジションを取らずに済みます。

ということは過去に危険を顧みずハイリスクな取引をしていたとしても
形状比較分析を利用することで同じような大損失を防ぐことにつながり、
結果的に勝率のUP、利益率のUPに直結するわけですね。



相場で勝ちたいと思うと、つい未来を知りたくなるのが人間だと思いますが、
僕が2002年からFXをやってきて痛感するのは【現在を知ることが重要】ということ。
そしてその現状を知った上で無茶な取引を徹底的に減らすこと。
これで安定した利益を出せるようになりました。

ぱっと見テクニカルは将来の変動を示すと同時に現在のリスクも読み取れますし
ツールを見ていなかったら無理にポジションを持っていたかもしれないような
失敗取引を格段に減らすことができる効果的なツールなわけです。

またこれも重要なことなのですが、その生のデータが視覚的にわかりやすく
感覚的に頭で瞬時に理解できるように表示される点が非常に使いやすいため
より精度の高い取引をするためには非常に役立つツール。

そしてキャッシュバックも最大限ゲットしながら、ツールを使えるのも良い点で、
通常の口座開設関連以外に、効率良くキャッシュバックを得られるのは、
「選べるミラートレーダー」であり、この1万円分をゲットしつつツールを活用する場合、
口座開設後「ミラートレーダーへの利用に同意」すればOK。
普通だと入金30万など条件がありますがこれはありがたいですね。


また、これらの情報は取引しない判断にも使えるのが重要。
つまり先ほども書いたように、リスクが高い場合もわかるわけですから
今から自分が行おうと思っていた取引は良いのか悪いのかも判断できます。

そうすれば、無駄に損失を出すことを避けられることにつながり、
結果的に利益が出しやすい取引のみ行うことが可能なわけですね。

相場は常に動いていますが、リスクが低い状態が続くわけではありません。
むしろ僕が10年以上取引してきた感覚では、リスクの高い状態のほうが多く、
その分取引したい気持ちを抑えることも非常に重要だと考えています。

つまり利益を出すことよりも損失が出る可能性が高い相場は回避する、
ということが非常に大事だというわけですね。


これだけのツールが昔からあれば、僕が過去に大きな損失を出したのも
きっと防ぐことが出来たと思いますし、何より色々勉強してきたので
僕の10年間の蓄積はいったいなんだったのか、と少しへこみそうになりましたが・・(^^;)

ただ一応自分の失敗を修正することによって自分の軸を作ってきた、
という自負みたいなものがありますので、ツールの使い方としては
以下のような形で行っています。

・まず自分の分析を自分なりに今までどおりやってみる

・その上で上下両方にシミュレーションを行う

・ここで一旦ぱっと見テクニカルの分析と見比べて
 自分の分析結果と合う点、合わない点を見比べる

・合う点が多かったり、戦略上同じような方向性なら
 自分の分析と同じという自信を持って取引

 →結果的に勝率・利益率UPにつながる


・合う点が少なかったり、戦略上方向性が違う場合は
 自分の戦略に穴がある可能性を考えて取引は控える。
 (自分が正解かもしれないが、リスクはあると考えて)

・その後の相場状況を見て、自分の分析が合っていれば
 それはそれで自信になり次につなげていく

・その後の相場状況が自分の戦略と違うようであれば
 どの時点からズレが生じたのか、どの数値が違ったのか、
 という点をピックアップして改善して次につなげる

 →結果的にこの場合でも勝率・利益率UPにつなげることができる


最後に、これは書くかどうか非常に迷うことではあるのですが、
初心者の方であれば、最初からこれらのツールにある数値や分析を見て
それをそのままソックリ真似てトレードするだけでも良いかもしれません。

特にぱっと見テクニカルで主要通貨を全て見ていけば、
どの通貨が待ちで、どの通貨がロングで、どの通貨がショートか
ということが全て明確に把握できるわけですから。

最初からこの数値・分析結果を元にトレードしていくことで
なるべく失敗や大きな損失を出さずに自分の軸を作る、
という方法を取っていくわけですね。


ただ僕個人としては、やはり一度自分でゼロから分析し
それなりに数字を出した上で、答え合わせをする、
という使い方をしてみることを提案します。

これは初心者に限らず経験がある方にも。


人間、教科書を読むと知識が身につくことはつくのですが、
試行錯誤していく際にしか出てこない工夫や知恵といったものは
教科書を読んで真似ていっているだけではなかなか身につきません。

特に相場は生き物と言えるぐらいドラスティックに変化しますから
時間が無いときは教科書的にこの情報ツールを使うにしても
時間があるときはまず一度自分相場を徹底的に分析してみて
その上でぱっと見テクニカルとつき合わせれば
きっとご自身のスキルを上達させることにも役立つと思います。

そしてメイン業者として活用できる約定力の高さは
取引すればするほど他業者で取引するよりも差がつきますから
是非一度使ってみて、その質の高さを体験してみてください。

■ 中長期トレンド分析・予想用チャート
平均足分析やってますか?中長期トレンド把握に必須
【期間限定】新規口座開設で5,000円キャッシュバックも実施中

GMOクリック証券プラチナチャート
https://www.click-sec.com/

■ 短期トレンド分析・予想用ツール
形状比較分析を活用して勝率UP!これだけ見れば勝てる?
FXプライム・ぱっと見テクニカル→http://www.fxprime.com/

※ キャッシュバックを最大限貰えるようにするため、
 1万円キャッシュバックが別途設定されている、
 選べるミラートレーダーのリンクを貼ってあります。

 ミラートレーダーで1万円、ちょいとれFXでも1万円(条件はミラートレーダーが良い)
 通常の口座開設関連で8,000円、 そしてハイスピード注文で1,000円の合計29,000円と
 現在行われているFXキャッシュバックの中でも最大級のものですし、
 キャッシュバック分は損しても大丈夫という考え方も出来ますので、
 有効に活用されると良いと思います。
 
 ちなみにキャッシュバックとツールの利用は、口座開設をした後、
 選べるミラートレーダーの利用に同意すればOKです。


著作権管理番号JHT154554-C






【未来予測ツール】使わないと損!これさえ見れば勝てる?
【現在使っているFX業者】税金面、コスト面、情報面、チャート面等最適な組み合わせ

0 Comments

Leave a comment