--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03
2010

■FXブログ、FXメルマガ内で使う用語解説【力関係、短期・中期・長期テクニカル】

CATEGORYその他
FXブログやメルマガで書いているテクニカル分析や
力関係、節目といった表記についての解説です。

ブログ開設当初は使っているテクニカル指標や
その数値なども記事にして公開していたのですが
ほどなくして全く同じ文章、分析方法、数値などを
そのままパクられて商売に使われそうになる事件がありました(^^;)

そのため現在は具体的なテクニカル指標や数値を出すのをやめていて
短期・中期・長期という3段階の時間軸で表記することにしていますので
それぞれについて目安を紹介しておきます。


解説の前に僕の取引方針について再確認しておきますが
僕はほとんど「予想」ということをしません
むしろ予想をしないほうが利益率・勝率は上がると考えています。


僕の取引方針を簡単にまとめてみると

 【取引前】 
A.まず現時点での相場の状況を詳細にわたって把握する

B.未来の相場で起こりうる選択肢を数多く出しておく

C.AからBへの起こりうる相場状況(選択肢)に対応した
 取引・様子見等の選択肢をそれぞれに対して複数出しておく


 【取引時】 
D.現在の相場がBで考えた中のどれに近いか確認

E.Cの中で最もリスクが低い選択肢を選択

F.取引or様子見等実際の行動


という感じです。
つまり将来この通貨が上がりそうだから買う、という行動は絶対にしません。

常に起こりうる多数の事象をあらかじめ想定して
それに対する複数の行動計画も立てておいた上で、
「現在はこういう状況だから最もリスクの低いこれを選択する」
という形で最もリスクの低い行動をとっています。

「予想をすれば負ける、予想から視点を外せば勝ちに近づく」
 ということについては別記事で詳細をまとめてありますので
 よろしければ読んでみてください。

※該当過去記事
 【なぜ逆張りして負けるのか?】
 【低リスクのときのみ参戦し、円高・急変動相場に勝つためのチャート活用法】
 【取引量を減らしたにも関わらず、勝率がUPした3つの工夫】


このような理由からブログでは数値などで測れるものを中心に
現状を把握するような要素に絞り込んで書くようにしていて
要人発言や噂などの類は大きなものだけを取り上げています。

と同時に、相場状況が変わらない場合は当然数値もほぼ同じなので
前の日とほとんど同じような内容を書くこともあります。(^^;)


ブログとしては何かネタがあったほうが面白いですし
相場としても何らかの材料があったほうが人は納得しやすいですが
実際に変化が無いものに何か理由をつけてみたところで
取引には混乱のもとになるだけ
と考えていますので
変化が無い日は数日同じような文章が続くこともあるので
その点も踏まえて読んでいただければ幸いです。

逆に毎日読んでいただいている方であれば
変化が無い相場から変化が出たときにわかりやすいと思いますし
今後もこのようなスタンスで続けていこうと考えています。


さて、長々と前置きをしたら文章がかなり長くなりそうだったので
わかりやすいようにテクニカルと力関係の解説を分けました。

これらの表記の解説を読んでイメージを掴んでいただいていれば
日々のブログやメルマガの内容もより理解していただけるかと思います。

  【主要通貨間の力関係】 FXブログ、FXメルマガ内で使う用語【主要通貨間の力関係】について

  テクニカル編【短期・中期・長期】 FXブログ、FXメルマガ内で使う用語(テクニカル編)【短期・中期・長期】について


著作権管理番号JHT154443








【なぜ逆張りして負けるのか?僕のチャート活用法】 円高・急変動相場に勝つための工夫
FXブログ、FXメルマガ内で使う用語(テクニカル編)【短期・中期・長期・節目】について
FXブログ、FXメルマガ内で使う用語【主要通貨間の力関係】について




0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。