--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26
2011

■【定点観測の重要性】僕が使っているテクニカル指標、時間軸の解説

まずテクニカル指標については、さまざまな指標があるので
同じ短期トレンドを把握・分析するにしても方法は無限大です。

そのため僕は「自分が感覚的に気に入ったものを使う」
という程度で良いというのが大きな軸。その結果僕は主に
【一目均衡表】
【ボリンジャーバンド】


を軸にして

【RSI】
【フィボナッチ】


あたりを見れば十分と考えています。



また短期は

【1時間足を軸に30分や2時間を補足的に見る】

中期は

【日足を軸に4時間足、週足を補足的に見る】


というのが時間軸の目線としてはベストかなというところ。

もちろんこれ以外のテクニカル指標を活用するのも良いですし
何より重要なことは【同じテクニカル指標を毎日みること】だと思います。

つまり他の記事でも書いたことがありますが【定点観測】
これが最も相場を見ていく上で重要なことであり、
現在の状況を定点観測によって常にチェックしつづけることで
将来のリスクを読み取ることが出来るようになると考えているからです。

初期の頃はいくつか色々なテクニカル指標を見ても良いと思いますが
ある程度複数を見たら、感覚的に気に入ったもの、つまりなんとなくで良いので
それを常に毎日見続けると、だんだんと相場の流れは見えてきます。






【天気がなんとなく読める農家の人】≒【相場がなんとなく読める投資家】
【時間のないサラリーマン必見!】短期・中期トレンド、節目をツールから取得する方法

1 Comments

為替見習  

こちらに鍵コメをいただいたboggyさん、はじめまして。
こんにちは。

コメントいただきありがとうございました。

そのようなお言葉をいただいて恐縮です。
まだまだ至らぬところも多いと思いますが
読んでいただける方のお役に立てるように
今後も少しずつ改善していければと考えています。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

2010/03/09 (Tue) 12:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。