■2月の取引結果まとめと2/26NY終値(月足終値)で確定したドル円長期テクニカル・チャート■2月もマイナス1シグマ付近で停滞。中期下向き転換にてこのまま加速するかが焦点

2月の取引結果まとめと2月26日NY終値で確定した
ドル円の長期的テクニカル状況・チャートについてまとめました。

■目次---------------------------------
・2月の取引結果とまとめ
・ドル円長期テクニカル状況(2/26NY終値で確定したもの)
---------------------------------------------

続きを読む

2010-02-28 : 月別FX取引結果・長期トレンド : topへ戻る

RBA、BOC、BOE、ECB政策金利発表、米国雇用統計他重要イベント目白押し!円高加速か反転か、中期的トレンドにおける重要な一週間!【今週の重要指標おさらい】

先週はドル円、クロス円ともに火曜の大きな円買いによって
短期テクニカルが下方向へと加速するとともに中期にも影響が出始め、
水曜に一旦落ち着いたものの再び木曜に円が買われたことによって
これまでフラットだった中期テクニカルも下向きに変化。

金曜はまた一旦落ち着く形になりましたが、
最終的にドル円、クロス円の中期は全て下向きとなり
久しぶりに短期・中期ともに下向きで揃って
ショートにはリスクが低い相場へと変化しました。

特に先々週には一旦円が大きく売られたことによって
ドル円などは中期が上向きに転換するかどうか、
というギリギリのラインまでピタリ面合わせをして
そこで跳ね返されての下向き加速ですから
チャートとしては教科書的な動き。

そのまま下向きに転換したことで各通貨とも取引はしやすくなりましたし
個人的にも先週はポンド円ショートである程度結果を残せた週となりました。


金曜NY終値時点ではNZD円の短期のみフラットに戻していますが
その他は相変わらず短期・中期ともに下向きの状況ですから
ここから早い段階で再びフラットに戻すかどうかが今週のポイント。

早い段階で戻せばまたフラットから上向きも狙える位置ですが
ここから下向きへと加速するようなら短期・中期が明確に下で揃い
今後数ヶ月に及ぶ中期的トレンドが固まる可能性もあります。

特に今週はRBA、BOC、BOE、ECBの政策金利発表や
雇用統計をはじめとして重要イベントが目白押しですから
これらをキッカケとして大きく力関係に変化が出て
それがテクニカルにも影響するかを見ていきたいですね。

 ※文中のテクニカル表記(短期・中期・長期)とこのブログの読み方について
 →http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1298.html



続いて金曜の引け方に目を移して一日の対円変動率を見てみると
最も強い位置で引けたNZDが0.63%、続いてAUDが0.54%、CADが0.48%、
CHFが0.34%、EURが0.28%、USDが-0.28%、GBPが-0.42%
となっていて
力関係はNZD>AUD>CAD>CHF>EUR>JPY>USD>GBPに変化。

木曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係が
JPY>EUR≒CHF>USD>NZD>AUD≒CAD>GBPでしたから
円、ドルがともに弱い位置に変化したこと、
オセアニア、カナダが上げてきたこと、
ポンドが弱い位置をキープしていることなど
位置関係にはしっかりした変化が見られます。


さらに金曜の動きで変化した各通貨のテクニカルを軽くおさらいすると
ドル円の短期は金曜夜のFXメルマガ配信時に出した時間分析の目処である
89.20を割り込んで引けたため短期は下向きで継続。

また中期は木曜に下向きに変化してから
金曜も戻すことはできず下向きで継続中。

金曜は2月最終営業日ということで長期テクニカルも確定しましたが
こちらも位置はマイナス1シグマ付近をキープしているものの
相変わらず下向きで継続しているため、現時点のドル円は
短期から長期まで全て下向きで揃い、ショートにはリスクの低い相場。

■2月末NY終値で確定した長期的テクニカルの状況
※2月の取引結果まとめ・2月末NY終値で確定した長期的テクニカルの詳細
→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1540.html


金曜は全体的にドルと円が力関係上近い位置で推移したため
終値ベースでもそれほど大きな差は無く引けていますが
テクニカルは上記のように短期から長期まで下向きですから
今週の相場でも下に加速すれば順張りショートのチャンス。

ただ早い段階で戻すような動きが出た場合は
短期・中期がバラバラになる可能性もありますので
その点に注意して相場を見ていくと良いでしょう。



一方クロス円のテクニカルは金曜の動きで変化していて
力関係上強い位置で引けたNZD円の短期はフラットに変化。
また同じく強めの位置で引けた豪ドルとカナダの短期は
下向きで継続も上の抵抗帯上限付近で推移。

そしてユーロ、スイスは下向きで継続も上の抵抗帯半ばに位置。
ポンド円はこれまでどおり下向きで継続しています。

また中期は金曜と変わらず全通貨で下向き継続。
そのため現時点で短期・中期が明確に揃うのはポンド円。
その他は一応揃っていても抵抗帯の中にあるため
少しリスクは増している状況です。

ただこれらも今週のRBA,BOC,BOE,ECB政策金利発表で
大きく変化する可能性も十分ありますし
下へ加速すればショートのチャンスですから
今週も力関係の変化には注目したいところです。



週明けのポイントは朝の窓開きや各国初動に伴う力関係とテクニカルの変化。
特に円、ドルを軸とした力関係変化を重点的に見ていくと良いでしょう。

そして今週はRBA,BOC,BOE,ECB政策金利発表や
トリシェ総裁記者会見、米国雇用統計のほかにも
各国重要イベントが控えて材料は十分。

これらをキッカケにして力関係に変化が出る可能性は十分ですし
相場は誰に対しても同じように動いているわけですから、
今週の相場に備えた資金管理やポジションコントロールなど
早めに出来る準備は徹底的にしておきたいですね。


またこれまで書いたことの繰り返しになりますが、
週末でまとまった時間がある方も多いと思いますし
2月16日から確定申告の期間が開始されましたので、
確定申告や税金・損失繰越に関して動く必要があります。

昨年損失を出した方で損失繰越ができない方などは特に
早い段階で損失繰越ができる状態にしておくことが重要です。

逆に昨年利益が出ている方は利益額が計算できると思いますし
業者から履歴も取れるので、「FXの税金」の計算と確定申告を。

損失が出ていて、損失繰越ができる状態の方は
「損失繰越額」の計算と確定申告をする必要があります。

※確定申告の提出期限は、2月16日(火)から3月15日(月)まで

税金に関しては早めに手を打つかどうかが後々大きな差となることが多く、
同じ利益額を上げている人同士でも税金等で数十万単位で差がついたり、
損失が大きい方は損失繰越等を使うかどうかで2,3年後のトータル利益に
百万単位の差が出ることも良くあることです。


もう2009年は終わってしまいましたが、昨年損失が出てしまった方で
かつ損失繰越できない状態で取引していた方などは特に、
今年のスタートから損失繰越が出来るようにしておくことで
税金面だけで数十万の損をしなくても済む可能性があります
ので
年始のうちに早めの準備をしておきたいところです。



 ※FXの確定申告や税制優遇・損失繰越について
 ■FXの税金と確定申告について[2010年版]
 http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1310.html
 サラリーマンは使わなきゃ損!円高の損失繰越・FX税金対策
 http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-125.html
 【番外編】損失補填にこんな方法も・・誰でもノーリスクで月利10%越え
 http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-431.html




では続いて日曜恒例の今週の重要指標おさらいと、
為替相場全体の流れ、テクニカルの詳細について書いていきます。

■今日の目次---------------------------------
・月曜から金曜までの重要指標とポイントのおさらい
・金曜NY終値時点のドル円短期・中期テクニカル
・ドル円の上下の重要節目とテクニカル・力関係におけるポイント
・2月末時点でのドル円長期テクニカル状況
・金曜NY終値時点のクロス円短期・中期テクニカルと今週のポイント
---------------------------------------------


続きを読む

2010-02-28 : 来週の為替予想 : topへ戻る

来週は円高加速か、一旦踏みとどまるか!?RBA,BOE,ECB政策金利発表、米国雇用統計他重要イベント目白押し!

昨日は木曜に比べて変動の少ない一日でしたが
力関係では水曜と同じく円、ドル、ポンドが弱い位置に来るなど
変動が少ない中にもしっかり特徴が出た一日となりましたね。

個人的には夜の相場で取引するか迷ったのですが
今週取引してきたポンド円やポンドドルともに
前述のように力関係上近い位置で推移していたため
無理せず相場の把握と分析だけして終える形となりました。

ちなみに昨日オープンからクローズまでの対円変動率を見てみると
最も強い位置で引けたNZDが0.63%、続いてAUDが0.54%、CADが0.48%、
CHFが0.34%、EURが0.28%、USDが-0.28%、GBPが-0.42%
となっていて
力関係はNZD>AUD>CAD>CHF>EUR>JPY>USD>GBPに変化。

木曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係が
JPY>EUR≒CHF>USD>NZD>AUD≒CAD>GBPでしたから
円、ドルがともに弱い位置に変化したこと、
オセアニア、カナダが上げてきたこと、
ポンドが弱い位置をキープしていることなど
位置関係にはしっかりした変化が見られます。

今週は火曜=木曜、水曜=金曜というような形で
変化しては戻し、変化しては戻しという展開が続いていますが
木曜の動きによって各通貨の短期・中期ともに下向きへ変化し
中期的トレンドを見る上でも大きな動きが出ましたので
週明けでもこの流れが加速するのかどうかが焦点。

特に来週はRBA、BOE、ECBの政策金利発表に加えて
週末には米国の雇用統計を控えるなど材料は十分ですから
チャンスがあれば積極的に取って行きたいところです。

 ※文中のテクニカル表記(短期・中期・長期)とこのブログの読み方について
 →http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1298.html



続いて金曜の動きで変化した各通貨のテクニカルをおさらいすると
ドル円の短期は昨夜のFXメルマガ配信時に出した時間分析の目処である
89.20を割り込んで引けたため短期は下向きで継続。

また中期は木曜に下向きに変化してから
昨日も戻すことはできず下向きで継続中。

昨日は2月最終営業日ということで長期テクニカルも確定しましたが
こちらも位置はマイナス1シグマ付近をキープしているものの
相変わらず下向きで継続しているため、現時点のドル円は
短期から長期まで全て下向きで揃い、ショートにはリスクの低い相場。

■2月末NY終値で確定した長期的テクニカルの状況
※2月の取引結果まとめ・2月末NY終値で確定した長期的テクニカルの詳細
→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1540.html


昨日は全体的にドルと円が力関係上近い位置で推移したため
終値ベースでもそれほど大きな差は無く引けていますが
テクニカルは上記のように短期から長期まで下向きですから
来週の相場でも下に加速すれば順張りショートのチャンス。

ただ早い段階で戻すような動きが出た場合は
短期・中期がバラバラになる可能性もありますので
その点に注意して相場を見ていくと良いでしょう。


一方クロス円のテクニカルは昨日の動きで少し変化していて
力関係上強い位置で引けたNZD円の短期はフラットに変化。
また同じく強めの位置で引けた豪ドルとカナダの短期は
下向きで継続も上の抵抗帯上限付近で推移。

そしてユーロ、スイスは下向きで継続も上の抵抗帯半ばに位置。
ポンド円はこれまでどおり下向きで継続しています。

また中期は昨日と変わらず全通貨で下向き継続。
そのため現時点で短期・中期が明確に揃うのはポンド円。
その他は一応揃っていても抵抗帯の中にあるため
少しリスクは増している状況です。

ただこれらも来週のRBA,BOE,ECB政策金利発表で
大きく変化する可能性も十分ありますし
下へ加速すればショートのチャンスですから
来週も力関係の変化には注目したいところです。



またこれまで書いたことの繰り返しになりますが、
週末でまとまった時間がある方も多いと思いますし
2/16から確定申告の期間が開始されましたので、
確定申告や税金・損失繰越に関して動く必要があります。

昨年損失を出した方で損失繰越ができない方などは特に
早い段階で損失繰越ができる状態にしておくことが重要です。

逆に昨年利益が出ている方は利益額が計算できると思いますし
業者から履歴も取れるので、「FXの税金」の計算と確定申告を。

損失が出ていて、損失繰越ができる状態の方は
「損失繰越額」の計算と確定申告をする必要があります。

※確定申告の提出期限は、2月16日(火)から3月15日(月)まで

税金に関しては早めに手を打つかどうかが後々大きな差となることが多く、
同じ利益額を上げている人同士でも税金等で数十万単位で差がついたり、
損失が大きい方は損失繰越等を使うかどうかで2,3年後のトータル利益に
百万単位の差が出ることも良くあることです。


もう2009年は終わってしまいましたが、昨年損失が出てしまった方で
かつ損失繰越できない状態で取引していた方などは特に、
今年のスタートから損失繰越が出来るようにしておくことで
税金面だけで数十万の損をしなくても済む可能性があります
ので
年始のうちに早めの準備をしておきたいところです。



 ※FXの確定申告や税制優遇・損失繰越について
 ■FXの税金と確定申告について[2010年版]
 http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1310.html
 サラリーマンは使わなきゃ損!円高の損失繰越・FX税金対策
 http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-125.html
 【番外編】損失補填にこんな方法も・・誰でもノーリスクで月利10%越え
 http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-431.html





では昨日の取引ですが、前述のようにシミュレーションはしたものの
相場状況が自分の基本戦略上様子見すべき状態ではなかったので
取引はせずに相場の分析だけ行って一日を終えました。

ですので今日の記事は金曜の動きを踏まえたドル円、クロス円のテクニカル、
主要通貨間の力関係と来週のポイント等を書いていきます。

■今日の目次---------------------------------
・金曜NY終値時点のドル円短期・中期テクニカル、上下の重要節目
・ドル円のテクニカル面での重要ポイントと戦略
・ドル円の長期テクニカル状況
・金曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係
・金曜NY終値時点のクロス円短期・中期テクニカルと重要ポイントと戦略
---------------------------------------------

続きを読む

2010-02-27 : 来週の為替予想 : topへ戻る

円高の目処はどこまで!?加速か、早い段階で戻すか。ドル円、クロス円全てで短期・中期が下向きで揃う【昨日の取引結果と今日のドル円・クロス円相場テクニカル分析】

昨日は朝から円が軸となって力関係上強い位置に変化し
夕方以降も加速するなど終日円が軸となって引っ張りましたね。

NY後半には一応戻したもののそれほど大きな戻しではなく
終値ベースでの変動率は軒並み1%を越える下落となっていて
各通貨のテクニカルにも影響が出ています。

個人的にはブログやメルマガでも書いていたように
短期・中期が下向きで揃ってリスクが低くなっていたポンド円が
下方向へ加速したため基本戦略に従って順張りショートで取引し
何度か損切りを出すなどしましたが一応の結果が残せました。

ちなみに昨日オープンからクローズまでの対円変動率は
最も強い位置で引けたのが円、続いてEURが-1.01%、CHFが-1.03%、USDが-1.12%
NZDが-1.31%、AUDが-1.65%、CADが-1.67%、GBPが-2.02%
となっていて
力関係はJPY>EUR≒CHF>USD>NZD>AUD≒CAD>GBPに変化。

水曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係が
AUD≒CAD≒CHF>EUR>NZD>JPY>USD>GBPでしたから
円が最も強い位置に来たことやオセアニア、カナダが位置を落としたこと、
そしてポンドが弱い位置で継続していることが見て取れます。

これらの力関係変化によって注目のドル円中期は下向きに変化。
またクロス円の中で中期がフラットだったオセアニアとカナダも
昨日の動きでフラットから下向きに変化しています。

そのため今日早い段階で戻してフラット化するか、
このまま継続するかによって中期的な流れにも影響するので
今日の力関係変化はかなり重要となりそうですね。

 ※文中のテクニカル表記(短期・中期・長期)とこのブログの読み方について
 →http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1298.html



では続いて12時時点での各通貨テクニカルをおさらいすると
ドル円は昨夜のFXメルマガ配信時に出した時間分析の目処である
89.70を割り込んで引けたため短期は下向きで継続。

また中期は昨日のFXメルマガ配信時に出した
中期の下向き転換目処である89.30を割って引けましたし
NY市場で88円台に入ったことで下向きに転換しています。

転換直後だけに早い段階で戻ればフラット化できますが
長い間フラットで推移した末の変化となっていますし
先週木曜に一時上方向への転換ラインに面あわせして
そこで跳ね返されての下落となっていますので
今日のNYクローズでどこにつけるかが焦点ですね。


また今日は2月最終営業日ですので、
長期的トレンドを見る上で重要な月足終値が出ます。

今月はこのままいくと陰線で引ける見込みですが
位置は昨年12月、今年1月と同じくマイナス1シグマ付近。

ただセンターラインまではまだ距離があり
今月も下向きで継続することはほぼ確実と言えるので
長期的トレンドもこの機会にしっかり把握しておきたいですね。

■参考過去記事:現在の長期的トレンドとチャート
※1月のFX取引結果まとめ・1月末で確定した長期テクニカル詳細
http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1506.html



一方クロス円のテクニカルも昨日の動きで悪化していて
短期は全ての通貨ペアで下向きのまま継続中。

また中期はこれまで下向きだった欧州系に加えて
オセアニア、カナダもフラットから下向きに変化しており
現時点でクロス円は全て短期・中期が下向きで揃っています。

今日午前中はやや円が売られているためリスクがありますが
ここから再び円が買われるような動きに変化した場合には
短期・中期が下向きで揃った状態で下に加速することになるので
順張りショートにはリスクが低い状態となることに。

そのためクロス円においても短期・中期が揃った状態から
このまま加速すれば順張りショートのチャンスとなるので
事前の資金管理、シミュレーションを万全にしておけば
今日もチャンスが多そうですね。

今日予定されている重要指標・イベントは以下の通り。

■今日の重要指標・イベント
18:30 (英) 第4四半期GDP・改定値
22:30 (米) 第4四半期GDP・改定値
23:45 (米) 2月シカゴ購買部協会景気指数
23:55 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数


今日は夕方以降英国と米国の4QGDP改定値の他
シカゴ購買部協会景気指数、ミシガン大消費者信頼感指数確報、
そして中古住宅販売件数と重要イベント目白押し。

特に昨日円軸の力関係変化が出ていますから
今日もまずは力関係とテクニカル状況を把握した上で
夕方のヨーロッパ勢参入後からの変化を見ておけば
チャンスが来たときに素早く動けるかと思います。


また週末金曜は過去7年間つけているFXノートを見てみても
指標の有無にかかわらず値幅が大きくなったりすることが多く、
テクニカル的にも重要な変化があったことが多いです。

そのため夕方から夜にかけてのテクニカルや力関係を見て
取引のチャンスがあればしたたかに狙っていきながら、
相場のリスクが大きくなった場合はムリに逆張りしたりせず
安全重視で様子見するなど自分で消せるリスクはきっちり消したいですね。


さてでは昨日の取引ですが、前述のようにポンド円で取引し
一応の利益が出せましたので今日の記事はまず昨日の取引結果詳細から。

その後昨日の動きを踏まえたドル円、クロス円のテクニカル状況、
主要通貨間の力関係等を書いていきます。

■今日の目次---------------------------------
・昨日の取引結果とその根拠等
・12時時点のドル円短期・中期テクニカル、上下の重要節目
・ドル円のテクニカル面での重要ポイントと戦略
・1月末時点でのドル円長期テクニカル状況
・木曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係
・12時時点のクロス円短期・中期テクニカルと重要ポイントと戦略
---------------------------------------------

続きを読む

2010-02-26 : 今日の為替予想 : topへ戻る

■このブログに対する一連の脅迫コメント、妨害行為について

以前から何度かブログ上でお伝えしましたが、
昨年から続くこのブログへの妨害行為、脅迫行為に関して
少しまとめておくことにしました。


昨年始まった妨害行為は、まずランキングサイトを絡めたものでした。

ランキングへの応援やクリックによるポイントは、
僕が管理委託している会社(※)が毎日集計しているのですが
それに明らかな異常がでたのです。

※僕は本業の都合で海外出張などもありますので
 記事は全て自分で書いた上で管理会社に転送し、
 UP後の誤字修正やコメントチェック、著作権の管理、
 さらに嫌がらせなどに対する警察とのやり取りをお願いしています。


人気ブログランキング、ブログ村それぞれで発生しました。
同時に、勝手にランキングのIDでランキングサイトにログインを試みており
何度もパスワード再発行のメールが来ました。

その後ランキングサイトから削除されたわけですが
おそらく外部からポイントを操作することと同時に
ランキングサイトへ通報するという手段だと思われます。

このときこの分野に詳しい知り合いのセキュリティ会社に聞いたところ、
ランキングを妨害するために外部からポイントを操作する業者がある、
ということも知りました。

このランキングに対する妨害前後には
何度も嫌がらせのコメントが入っていましたので
IPその他付随する情報は管理会社が全て取得しており
この時点で既に警察に情報提供しはじめています。



さらに嫌がらせはエスカレートして、今度は脅迫コメントが入りました。
まったく身に覚えの無い行為を並べてそれを非難し謝罪を求めるもので、
単なる嫌がらせではなく、「脅迫」です。昨年11月のことです。

その内容は以下です。


--------------------
日付 09/11/19
名前 吉永
ホスト FNAcd-02p1-53.ppp11.odn.ad.jp
--------------------


警告
ワレに警告をしておく


ワシはある人間に依頼を受けて
出張らせて貰ってる者だが
どうもワレは嫌がらせメールだのクリックだのと
他人に陰湿な嫌がらせをしているそうだな


ワレがクライアントに根も葉もない
メールしたんはチョンバレやで

アホみたいに嫌がらせで
ランキングURLをクリックしたんも
チョンバレや


このド素人が


ワレの個人情報タレ流しながら
ようやってくれたもんや

証拠はもちろんワレのヤサも割れてるから
近々若い衆が直接家庭訪問することになってるわ

ワレが逃げてもアカンで
もうワレの身の周りも調べ上げてあるからな



これを回避したいのなら
ワレが嫌がらせした相手にワビ入れろや
しっかりとワレの名前を名乗って
コメントなりメールなり文章でワビ入れろ


ワレが根も葉もない中傷メール送りつけた
クライアントにもワレが正直に名乗り出て
訂正と謝罪のメールをしろ


ワレが今後何かしらの嫌がらせをすれば
ワシも動くことになる
狂ったように後悔する事になるわ

二度と他人に嫌がらせなんぞするな
ドアホが

今週中にワビと訂正連絡を入れなかったら
せいぜい覚悟しておけ


最初で最後の警告だ


--------------------


上記のような内容です。

吉永という名前は僕の管理会社の担当者の名前で
それを僕の名前と勘違いしたのか、わざと入力してきています。

また当然脅迫コメントを入れるからには
普段使っていないIPで接続するつもりだったと思われ
上記のようなODNのIPからアクセスしてきています。

しかし実は同じ11月に同じ人物が4度このブログを訪問しており、
そのIPはいわゆる移動通信系IP2つ(業者は同じ)、
固定IP1つ(ODNとは別、北陸地方の県名記載)で
全て管理会社にて把握できていました。


またアクセスの日時はランキング妨害前後、
そして脅迫コメント当日、脅迫コメント後で
こちらの状況を確認していたものと推測されます。

過去のアクセス、妨害行為とあわせて考えると
この犯人が行った他人への妨害行為を僕になすりつけるため
この脅迫コメントをしたと思われます。

この時点で弁護士に相談し、内容が脅迫に当たることと
IPアドレスとそれに付随する情報がかなり手に入ったので
全てを揃えて警察に相談して警察に動き始めてもらいました。


その後は警察の動きを待つ必要があったことから
僕も管理会社により記録を綿密にとることと
全ての記録を2重のバックアップすることを依頼。

さらに過去の全ての行動の日時を記録するとともに
証拠を残すため関係する複数の人に報告、情報共有し、
次の妨害行為に備えました。



これに続く妨害行為は今年1月17日のスパムメールです。
このスパムメールが流されていることは
読者からのお叱りで気づきました。

その内容は以下のものです(URLは【】で説明しています)


-----------------------
毎日7500円入金!!

http://【怪しいネットビジネスのURL】

日本人のほとんどが知らない禁断のサイトを利用して即金毎日7500円がほったらかしで入金される方法!!
不可能と思われた「即金」と「ほったらかし」の最終融合形態!!

これこそまさに最新の全自動収入発生装置!!!

http://【怪しいネットビジネスのURL】

このノウハウを知らずして・・・
あなたはネットビジネスを語ることが出来ますか?

http://【怪しいネットビジネスのURL】


当メールの配信は同意に基づいて行われております。
悪戯や配信不要の方は解除願います。
http://【ここがランキングのOUTポイントにあたる部分】
http://kawasefxken.blog71.fc2.com/
-----------------------



これは僕のところに届きませんでしたので
お叱りをいただいて驚き、急いで対策を講じたというのが現状です。

おそらく犯人の意図は、ランキングのURL、ブログのURLを掲載し
スパムメールを流すことによって、FC2ブログやランキングサイトから
ブログそのものを削除させるように働きかけるためだと思われます。

そのためランキングサイト、FC2ブログともに即連絡して
過去の嫌がらせの内容と今回のスパムメール、
それと警察が動いていることなどをお伝えしたところ
理解していただいくことができました。


ちょうどこの頃警察でもかなりの情報を得はじめていたので
スパムメールの件もあわせて報告するとともに、
具体的に色々と対処をしはじめてもらうことができました。


この一連の嫌がらせ行為や脅迫、妨害行為については
このブログの本題である為替相場やFXと全く関係ないことなので
ブログ上で全てをお知らせすることを控えていましたが、
さすがに今年1月のスパムメールのようなものでは、
迷惑をこうむる方もあることなので公表することにしました。

今回の事件で知ったのですが、
警察でもネット社会の犯罪については理解が進んでおり、
様々なケースを想定した動きが進みつつある様子です。

さらにFXに関してはさまざまなトラブルも多いようで
弁護士によると集団訴訟なども増えているとのことですので
是非読者の方も情報を得る際にはお気をつけてください。


僕は警察、弁護士と相談して対処しているわけですが
同時に自衛のためにも知り合いの刑事さんに紹介してもらった
セキュリティ会社にも新たに監視してもらっています。

また警察の方もかなり親身になっていただいていて
定期的にお電話をくださってこちらの状況を確認してくれます。
普段警察というと交通課のイメージしかなかったのですが(^^;)
今回の件でとても頼りになる方々だと感じました。


2月も終わりに差し掛かった現在でも
その人物からのアクセスがまだありますので、
全アクセス、コメントを頂いた場合など
すべてIPと付随する情報は警察がチェックし、
このような情報共有・バックアップ体制のもとで、
これ以上悪質になれば次の手段へ進もうと考えています。


為替と関係の無い話ではありますが、
読者の皆様も考えてもらえるきっかけになればとも考え、
少し横道にそれた話ですが、ここにお知らせいたします。

2010-02-26 : FXブログに対する脅迫・妨害行為 : topへ戻る

円買い加速で中期転換なるか!?独雇用統計、英キングBOE総裁講演、バーナンキFRB議長半期金融政策報告に注目!

昨日は全体的に静かな一日となりましたね。
円軸、ドル軸で明確な動きも特に出ることは無く、
高値安値の変動率も低い上終値ベースではほぼ差がなく
それゆえにテクニカル的な変化も少ない状態で引けました。

個人的には夜中の相場で一度ポンド円で取引するかどうか迷ったのですが
時間が少し遅いこと、取引したとしても138円の節目が見えていたこと
他通貨の動きも全体的に乏しかったことから取引はせず。

また今朝も円軸ドル軸での動きが出たのでまた迷ったのですが
同じように138円の節目が見えていたことから取引は避けていて
夕方から夜の相場でチャンスがあればと思っています。

ちなみに昨日オープンからクローズまでの対円変動率は
最も強い位置で引けたAUDとCADが0.14%、続いてCHFが0.13%、
EURが0.10%、NZDが0.02%、USDが-0.09%、GBPが-0.19%
となっていて
力関係はAUD≒CAD≒CHF>EUR>NZD>JPY>USD>GBPに変化。

火曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係が
JPY>USD>GBP>EUR>CHF>AUD>NZD≒CADでしたから、
強い位置にあった円、ドル、ポンドが位置を落とした他
弱い位置にあったオセアニア、カナダが戻しています。

ただ変動率はかなり低いことから力関係に差はないと見て良く、
今朝はまた円軸、ドル軸の動きが出てドルと円が強い位置に来ているので
今日も夕方のヨーロッパ勢参入後から夜のNY市場にかけての変化で
テクニカル面にも影響を与えるような動きが出るかに注目ですね。

 ※文中のテクニカル表記(短期・中期・長期)とこのブログの読み方について
 →http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1298.html




では続いて12時時点での各通貨テクニカルをおさらいすると
ドル円は昨夜のFXメルマガ配信時に出した時間分析の目処である
90.30を割り込んで引けたため短期は下向きで継続中。
また中期はフラット、長期は下向きで継続しています。

※1月のFX取引結果まとめ・1月末で確定した長期テクニカル詳細
http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1506.html


昨日は力関係上円、ドルともに強い位置から弱い位置に変化し
それぞれの差もほとんどない状態で引けたことから
テクニカル的にも全く変化はありません。

そのため今日のポイントもこれまでと同じで
先週木曜に上向き転換ライン直前まで達した中期が
転換ラインでピッタリ跳ね返されてから下落を続けていて
教科書的な形で今度は下向き転換ラインに迫っているため
これが加速して下向きに転換するかどうか。

中期は長い間フラットで続いているだけに
転換すれば今後数ヶ月に影響する動きになるので
今週末にかけて中期が転換するかは非常に重要。

上向き転換ラインで跳ね返された時と同じように
下向き転換ラインで反発するような形になるか
そこを突き抜けるか、今週決着がつく可能性も十分なので
その点を意識して相場に臨みたいですね。

※転換ラインは日々の変動で少しずつ変化するので
 このあたりはまたFXメルマガで追っていきたいと思います。


一方クロス円のテクニカルも昨日とほぼ同じ状況で
短期は全ての通貨ペアで下向きで継続中。

また中期はユーロ円、ポンド円、スイス円が下向きで
その他の中期はフラットな状態で継続しているため
現時点では欧州系クロス円で短期・中期が下向きで揃い
順張りショートにはリスクが低い状態となっています。

その他は短期・中期が揃っていませんので
取引するには少しリスクがある状況ですが
中期の形も少しずつ悪くなってきていますので
週末にかけて円が買われる展開が続いた場合は
オセアニア系やカナダ円の中期が下向きになる可能性も。

そのためクロス円においても現在短期・中期が揃う欧州系は
このまま加速すれば順張りショートのチャンスとなりますし
その他も中期が下向きに変化すればリスクが低くなるので
個人的にも今日明日の動きにはかなり注目しています。

今日予定されている重要指標・イベントは以下の通り。

■今日の重要指標・イベント
17:55 (独) 2月雇用統計(失業率・失業者数)
18:30 (英) キングBOE総裁講演
22:30 (米) 1月耐久財受注
23:00 (米) バーナンキFRB議長半期金融政策報告@上院


今日は夕方にドイツの雇用統計や英国のキングBOE総裁講演、
そして夜には米国の重要指標である耐久財受注に加えて
今日もバーナンキFRB議長による半期金融政策報告が控えるので
夕方から夜の相場における円軸・ドル軸の力関係変化に注目したいところ。

また夜の相場ではドルを軸として動きが出る可能性も高く
ドルが買われれば欧州系ドルストレートにおいても
短期・中期がドル買いで揃ったまま加速することになるので
ドル軸の動きが出ればチャンスも十分。

ドルストレートテクニカルについてはメルマガで書きますが
昨日とテクニカル的に変化はないので欧州系で短期・中期が揃っています。

相場は誰に対しても同じように動いているわけですから、
資金管理やポジションコントロール、事前のシミュレーションなど
チャンスとなればすぐ動けるような準備は徹底的にしておきたいですね。

※シミュレーション方法に関してアクセスの多い過去記事
【相場に振り回されないためのメンタルトレーニング】&【為替見習流FXノートの作り方】


では昨日の取引ですが、前述のようにシミュレーションはしたものの
相場状況が自分の基本戦略上様子見すべき状態ではなかったので
取引はせずに相場の分析だけ行って一日を終えました。

ですので今日の記事はまずドル円のテクニカルの節目について
いつもメルマガに書いているような形で。その後昨日の動きを踏まえた
ドル円、クロス円のテクニカル状況、今日のポイントの順で書いていきます。

■今日の目次---------------------------------
・12時時点のドル円の細かい節目
・12時時点のドル円短期・中期テクニカル、上下の重要節目
・ドル円のテクニカル面での重要ポイントと戦略
・1月末時点でのドル円長期テクニカル状況
・水曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係
・12時時点のクロス円短期・中期テクニカルと重要ポイントと戦略
---------------------------------------------

続きを読む

2010-02-25 : 今日の為替予想 : topへ戻る

バーナンキFRB議長半期金融政策報告に注目!円買い加速で各通貨テクニカル悪化!欧州系短期・中期揃う【昨日の取引結果と今日のドル円・クロス円相場テクニカル分析】

昨日は全体的に夕方ごろから力関係上円が強い位置に変化し
さらにNY市場に入ってからもさらに加速するなど
一日を通して円が軸となって引っ張る展開となりましたね。

個人的にはブログやメルマガでも書いていたように
短期・中期が下向きで揃ってリスクが低くなっていたポンド円が
18時過ぎからのキングBOE総裁による発言によって
下方向へ加速したため基本戦略に従って順張りショートで取引し
最後は2回損切りを出すなどしましたが一応の結果が残せました。

ちなみに昨日オープンからクローズまでの対円変動率は
最も強い位置で引けたのは円、続いてUSDが-1.05%、GBPが-1.41%、EURが-1.65%
CHFが-1.71%、AUDが-2.01%、NZDが-2.25%、CADが-2.27%
となっていて
力関係はJPY>USD>GBP>EUR>CHF>AUD>NZD≒CADに変化。


月曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係が
JPY>GBP≒USD≒NZD>AUD>CHF>EUR>CADでしたから
円が他よりも強い位置で加速したこと、ユーロ、スイスがやや上げて
オセアニアが弱い位置に変化したことなどが見て取れます。

これらの力関係変化によってドル円、クロス円ともに
短期テクニカルは悪化して引ける格好となっていますので、
今日もこの力関係が加速するか早い段階で下を固めるかがポイント。

さらに今日明日はバーナンキFRB議長の半期金融政策報告ですから
ここから力関係の変化が出る可能性は十分と言えますので
資金管理やポジションコントロールなど自分の中のリスクを減らした上で
リスクが低い通貨を選択してチャンスを確実に取っていきたいですね。

 ※文中のテクニカル表記(短期・中期・長期)とこのブログの読み方について
 →http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1298.html



では続いて12時時点での各通貨テクニカルをおさらいすると
ドル円は昨夜のFXメルマガ配信時に出した時間分析の目処である
91.10を割り込んで引けたため短期は下向きに変化。
また中期はフラット、長期は下向きで継続しています。

※1月のFX取引結果まとめ・1月末で確定した長期テクニカル詳細
http://kawasefxken.blog71.fc2.com/blog-entry-1506.html


昨日は力関係上円、ドルともに強い位置をキープしたものの
円とドルの差が開いたため値を下げて引ける形となり
それに伴って短期テクニカルは下向きとなって引けました。

一応夜のFXメルマガ配信時には既に下向きになっていましたが
夜中の動きでもさらに加速したことで方向性も明確となっています。

先週のドル円は木曜に大きく上方向へと加速したことで
中期が上向き転換かどうかという地点に到達しましたが
その後の展開は金曜、月曜、火曜と下げが加速していますから
中期の転換ラインでピタリ跳ね返されるという教科書的な形となっています。

さらに昨日はその下落幅も大きくなって短期も明確な下向きになったので
今度は中期の下向き転換ラインのほうが近くなってきました。

中期は長い間フラットで続いているだけに
転換すれば今後数ヶ月に影響する動きになるので
今週末にかけて中期が転換するかは非常に重要。

転換ラインは日々の変動で少しずつ変化するので
このあたりはまたFXメルマガで追っていきたいと思います。


一方クロス円のテクニカルも昨日の動きで悪化していて
短期は全ての通貨ペアで下向きとなっています。

また中期はユーロ円、ポンド円、スイス円が下向きで
その他の中期はフラットな状態で継続しているため
現時点では欧州系クロス円で短期・中期が下向きで揃い
順張りショートにはリスクが低い状態となっています。

その他は短期・中期が揃っていませんので
取引するには少しリスクがある状況ですが
中期の形も少しずつ悪くなってきていますので
週末にかけて円が買われる展開が続いた場合は
オセアニア系やカナダ円の中期が下向きになる可能性も。

そのためクロス円においても現在短期・中期が揃う欧州系は
このまま加速すれば順張りショートのチャンスとなりますし
その他も中期が下向きに変化すればリスクが低くなるので
個人的にもかなり注目しています。


今日予定されている重要指標・イベントは以下の通り。

■今日の重要指標・イベント
16:00 (独) 第4四半期GDP・改定値
18:25 (英) ボーゼン英中銀委員 講演
19:00 (欧) ビニ・スマギECB専務理事講演
24:00 (米) 1月新築住宅販売件数
24:00 (米) バーナンキFRB議長半期金融政策報告@下院金融委員会
24:00 (米) ガイトナー財務長官下院予算委員会証言
25:00 (米) トヨタ公聴会


今日は夕方以降要人発言や米国の新築住宅販売件数を控えるほか
24時には注目のバーナンキFRB議長による半期金融政策報告が控えるので
夕方から夜の相場における円軸の力関係変化に注目したいところ。

また夜の相場ではドルを軸として動きが出る可能性も高く
ドルが買われれば欧州系ドルストレートにおいても
短期・中期がドル買いで揃って加速することになるので
ドル軸の動きが出ればチャンスも十分。

ドルストレートテクニカルについてはメルマガで書きますが
今週に入ってだんだんと取引しやすい相場状況になってきています。

相場は誰に対しても同じように動いているわけですから、
資金管理やポジションコントロール、事前のシミュレーションなど
チャンスとなればすぐ動けるような準備は徹底的にしておきたいですね。

さてでは昨日の取引ですが、前述のようにポンド円で取引し
一応の利益が出せましたので今日の記事はまず昨日の取引結果詳細から。

その後昨日の動きを踏まえたドル円、クロス円のテクニカル状況、
主要通貨間の力関係等を書いていきます。

■今日の目次---------------------------------
・昨日の取引結果とその根拠等
・12時時点のドル円短期・中期テクニカル、上下の重要節目
・ドル円のテクニカル面での重要ポイントと戦略
・1月末時点でのドル円長期テクニカル状況
・火曜オープンからクローズまでの主要通貨間の力関係
・12時時点のクロス円短期・中期テクニカルと重要ポイントと戦略
---------------------------------------------

続きを読む

2010-02-24 : 今日の為替予想 : topへ戻る
ホーム  次のページ »

期間限定復活!取引手法レポート

2007年以来3,000人超申込の人気企画
取引手法レポート 初心者や勝てない方に向けて、負けない取引をするための手法について書いてみました。
→詳細はこちら

バイナリーオプション戦略・攻略法

リスク限定+高勝率で利益を増やす
バイナリーオプション攻略法 勝率が高く見込める相場だけ攻めるバイナリーオプション攻略法を実行しています。
→詳細はこちら

使わないと損!プロ御用達のFXツール

フォーキャストチャート 使わないと損!【未来予測ツール】
 初心者でも簡単に使える秀逸FXツール。
 膨大な過去データから未来を予測。

 為替相場分析をする時間が少ない方や
 サラリーマンの方にオススメ。

 過去一致率99%以上の驚愕結果も。
・ぱっと見テクニカルを活用した攻略法

短期・中期トレンド・節目を簡単に出す方法

時間のないサラリーマンは活用必須!
【節目,短期・中期トレンド,売買戦略】
などを通貨ごとに網羅した秀逸ツール。
時間のない方も活用して勝率UPに!

為替見習限定キャッシュバック上乗せ!
■ トレンド・節目を簡単に取得する方法

もらわないと損!【トラリピ教科書&DVD】

トラリピFX 【長期運用】100万を30年で5000万に
 円高はトラリピのチャンス?
【実践FXトラリピの教科書&トラリピチャンネルDVD

指標過去データ活用で勝率・利益率UP

指標過去データ 重要指標の取引前に効果を発揮
指標過去データ 【ファンダメンタル図マップ】

初心者も簡単に使える秀逸ツール。
過去の重要指標データから未来を予測。

雇用統計などの重要指標をはじめとして
重要指標をピンポイントで狙うことで
取引の効率化&勝率UPへ繋がります。


指標インパクトランキングは必見!
■ ファンダメンタル図マップ活用法

勝つためのFX業者選択

勝てないのはFX業者選択のせい?
FX業者活用術 FX業者変更で勝率UP!
■ 知らなきゃ損!用途別FX業者活用法

勝率改善に有効だった検証方法

FX検証 継続的勝利への最短ルート!

【なぜ注文した瞬間逆に動くのか】
【あの時待ってれば勝てたはず】
【あと資金が100万円多かったら】

これらを全て解消する検証方法。

過去の失敗を修正するなかで
偶然生まれた検証方法であり、
勝率が劇的に改善した方法です。

自分の経験からも間違いなく
継続的勝利への近道と確信。
是非一度試してみてください
■ 【FXにおいて最も大事なこと】

FXブログアーカイブ

FXブログ内検索

オートレールを試してみた

使わないと損!デイトレ革命かも
リスクを限定しつつ利益はどこまでも伸ばせる。しかも繰り返し自動発注機能まで!
→詳細はこちら

通貨比較で勝てるFX取引手法

初心者でも失敗・大損しないために
通貨比較で勝てるFX取引手法 実際読んだ初心者の方から失敗しなくなりましたとの声を多くいただいているレポート。
→詳細はこちら

iサイクル注文、トラリピ比較検証

同設定比較検証結果追記!
取引手法レポート 仕組みの違いや同設定比較検証結果を踏まえたメリットデメリットを書いてみました。
→詳細はこちら

マイナススプレッドも!ウルトラFX

使わないと損!スプレッド最狭!
 まだの人は必見。年間数万円差も?
・セントラル短資FX・ウルトラFX詳細

実際の利益率、比べたことありますか?

【コスト安は当然。信頼性が鍵】
 FX業界最狭水準スプレッド
 かつ最良スワップ水準!
 ストップ狩り・くるくる詐欺徹底排除
 使ったことが無い人は必見!
・信頼性抜群。顧客目線のSBIFXトレード

スワップだけで年利7%&不労所得!?

【今トルコリラが面白い!】
スワップだけで不労所得も?年利7%超、レバ3倍でも年利22%。さらにスワップ金利を証拠金に振替可能で安全性UPも確保。
知らない人は見ないと損!
■ 年利換算7%超!スワップで稼ぐならトルコリラ!?

【1枚取引のみ】で1,000円プレゼント!

1取引だけで1,000円プレゼント

FXにおける体験・検証・工夫・修正

FX必勝法 継続的に勝つために工夫していること
■ FX取引手法(短期取引)関連
秀逸FXツールを活用して勝率を高める
バイナリーオプション攻略法
僕の順張り取引法・チャート活用法
最も低リスクな通貨だけ攻める工夫
短期・中期トレンドの出し方



■ FX長期運用関連
・トラリピ攻略法・戦略レポート
100万を30年で5000万に【長期運用】
・トラップリピートイフダン(トラリピ)とは?



■ リスク管理、資金管理、取引前の準備
定点観測することの重要性
円高相場を得意にする取引の秘訣
メンタル鍛錬、取引前シミュレーション法
勝率改善に最も有効だった取引改善法
円高大損体験から導き出したリスク管理法
初心者が陥りがちな失敗パターン
スプレッド縮小の落とし穴
FXにおける人間の心理と対策



■ FX業者使い分けに関する工夫
FX業者使い分けで勝率、利益率を改善
上手な人の取引内容を真似る方法
重要指標の過去データを活用する方法



■ FX業者のキャッシュバックで儲ける
FX業者キャッシュバック【高効率版】
FX業者キャッシュバック【全業者版】



■ FXの税金対策・確定申告関連
【2012年版】FXの確定申告・税金処理
早めの準備で大きな差(FXの税金対策)



■ 参考にしているFX書籍
参考にしているFX書籍1
参考にしているFX書籍2

まぐまぐ殿堂入り!為替見習のFXメルマガ

FXメルマガ 【殿堂入り!】2007年1月から配信中
2011年3月から発行周期・内容変更
登録はこちら→FXメルマガ登録
powered by FXメルマガ powered by まぐまぐ

月別FX取引履歴(ブログ開設以降)

FXブログ開設後の取引履歴
2002年から開始した僕のFXは、
早いもので10年以上が経過しました。
ブログを作ったのは2006年4月。
以下が開設以降の月別収支です。

たくさん利益を出されている方は
世の中にたくさんおられるので
僕の履歴などショボいものですが、
失敗談などが反面教師として
参考になれば幸いです。

■ 月別FX検証結果(カテゴリー)
・2016年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2015年の年間FX確定利益額も記載)

・2015年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2014年の年間FX確定利益額も記載)

・2014年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2013年の年間FX確定利益額も記載)
・2013年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2012年の年間FX確定利益額も記載)
・2012年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2011年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2011年の年間FX確定利益額も記載)

・2011年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2010年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2010年の年間FX確定利益額も記載)

・2010年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2009年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2009年の年間FX確定利益額も記載)

・2009年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2008年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2008年の年間FX確定利益額も記載)

・2008年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2007年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2007年の年間FX確定利益額も記載)

・2007年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2006年年間FX確定利益額
・2006年12月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年4月のFX取引詳細&確定利益額

「兵ブロガー相場予想」参加中!

兵ブロガー

FXブログ - RSSフィード


FX・外国為替証拠金取引ブログ - RSSフィード

お気に入りに追加する


為替見習のFXブログをお気に入りに追加する