■FX重要指標解説:S&Pケースシラー住宅価格指数とは

米国の重要指標であるS&Pケースシラー住宅価格指数
重要度はそれほど高くないかもしれませんが、住宅関連指標のひとつとして
時に重要視され、相場の変動も大きくなりうる米国の経済指標です。
ではS&Pケースシラー住宅価格指数がどのような指標なのか、おさらいしておきましょう。


S&Pケースシラー住宅価格指数とは


S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)とアメリカの調査会社
マクロマーケッツが共同で算出しS&Pが発表している指数です。

一戸建て住宅の販売価格の推移を示す指数で、
2000年1月を100として算出。
全米をまとめた指数は3カ月ごとの発表。
主要10-20都市を対象とした指数は毎月発表。

ケース・シラー指数を開発したのは、「根拠なき熱狂」という本で
米国株のリスクを指摘したロバート・シラー教授です。(エール大学)

全米20の主要都市で実際に取引された不動産価格から
指数を算出しているため、取引実勢を反映しているといわれています。

サブプライムローン問題で住宅関連指標には注目が集まっていますが、
実勢価格をあらわすこの指標も一応覚えておいて損はないと思います。
FX業者などでは注目指標として挙げられることは少ないんですけどね。
マーケット全体においては知られている指標です。

過去の値動きという点ではそれほど強烈な動きはありませんでしたが
2002年から取引する中で一応毎回チェックしている指標。

発表前後の相場の流れを見た上で、たとえば膠着しているときや
何かの材料を必要としているときなどは重要視されることがあるので
その点に気をつけて見ておくと、対応しやすいと思います。

特にテクニカル面で低リスクな相場になっているときは
同じ方向性に加速すれば取引のキッカケになりえる指標ですね。





【なぜ逆張りして負けるのか?僕のチャート活用法】 低リスク時だけエントリーする方法
2007-08-29 : 為替予想・取引結果 : topへ戻る

■FX重要指標解説:RBA政策金利発表(RBAキャッシュターゲット)とは

オーストラリアの政策金利発表であるRBAキャッシュターゲット
オーストラリア準備銀行(RBA)が発表するその名のとおり誘導金利ですが
政策金利関連はその結果次第で大きな動きが出ることがあるイベントです。

ではこのRBA政策金利発表(RBAキャッシュターゲット)
為替相場にどんな影響を与えるのか整理しておきましょう。

RBA政策金利発表(RBAキャッシュターゲット)とは


まずRBA政策金利発表(RBAキャッシュターゲット)RBAとは
Reserve Bank of Australia、つまりオーストラリア準備銀行のことで
日本では日本銀行にあたるオーストラリアの中央銀行です。

キャッシュ・ターゲットとはオーストラリアの政策金利のこと。
金利の誘導目標なのでキャッシュターゲットというわけですね。

オーストラリアの面白いところは他の主要国と違って、
RBAの金融政策手段は公開市場操作のみとしており
1996年にインフレ・ターゲットを導入して以降、
消費者物価指数の対前年比上昇率を平均2~3%に抑えること
を目標としてキャッシュターゲットが決められています。

アメリカではFFレートに当たりますし
日本では無担保コール翌日物金利が
RBAキャッシュ・ターゲットに当たるものです。


ではRBAキャッシュターゲット発表時に為替相場がどう動くか
これはその都度相場状況によって当然変化はあるのですが
政策金利に対しての市場予想が分かれているときなどは
発表後に動きが出やすいです。

2002年からのFX取引においても、豪ドル円で1円以上の値幅、
時には2円近い値幅を動かすこともありましたし、
市場予想と結果が違う場合には特によく動きます。

逆に市場予想がばらけておらず、結果もそのとおりとなれば
ほとんど動きが出ないことが多いイベントでもあります。

オーストラリアは政策金利がほかの国に比べて高く
それゆえにスワップ金利目的での投資も多いのですが
政策金利が0.5%ほど下がればスワップも大きく下がりますし
くれぐれも現状の金利だけで判断しないことが重要です。

特にスワップ派は長期投資になりやすいですから
景気が悪化して政策金利が下がっていくことになると
長期的な戦略の見直しも必要となってきますので
RBAキャッシュターゲットの結果はもちろん、
今後の金融政策がどのような方向に行くのか、
引き締めか、緩和かなどを意識しておくと良いでしょう。


※最新の相場予想・テクニカル分析はトップページからご覧ください
→http://kawasefxken.blog71.fc2.com/





【一致率99%も!】使わないと損!過去データから相場を予測【ぱっと見テクニカル】
【現在最高の条件!】15,000円は確実、狙えば23,200円の仰天企画!まだの人は急げ!
【トレンドに逆らってませんか?】トレンドに乗るための【短期・中期の出し方】
【大損失→継続的勝利への最短ルート】 - 勝率改善に最も効果があった検証・上達方法


2007-08-09 : 為替予想・取引結果 : topへ戻る

■FX重要指標解説:RBNZ政策金利発表(RBNZオフィシャル・キャッシュレート)とは

各国の政策金利発表の中でも発表時間が早いため
取引をするには早起きが必要なRBNZの政策金利発表
正式にはRBNZオフィシャルキャッシュレートと言われます。

ではRBNZ政策金利発表(RBNZオフィシャルキャッシュレート
どのようなものなのか、そして為替相場にどう影響するのかをおさらいしましょう。


RBNZ政策金利発表(RBNZオフィシャルキャッシュレート)とは


RBNZ政策金利発表(RBNZオフィシャルキャッシュレート)とは
ニュージーランドの中央銀行であるNZ準備銀行(RBNZ)が、
政策金利として採用している金利のことです。

日本では日銀が発表する政策金利、
米国ではFOMC政策金利発表にあたるものですね。

RBNZの政策金利発表は年に8回。
しかも毎回日本時間の早朝に発表があるので
普段からオセアニア系通貨で取引している方は
時間の早さにツラい思いをしながらも見なきゃいけない、
という気持ちになってしまう指標でもあります。(^^;)

RBNZ政策金利発表後の値動きについては非常に重要で
それまでの流れを一変させてしまうほどの影響があります。

利上げ、利下げ、据え置きと選択肢があるのですが、
利上げ、利下げの場合はそのパーセンテージに注目が集まり
さらに事前予想と同じか、サプライズがあるかによって
その後の為替相場の変動は全く違うものになります。

個人的には2002年以降の相場を見る中で
激しいときは3円ほど変動した相場を見ていますし、
動かないときは全くといって良いほど動かないなど
その変動のブレも相当なものという印象を持っています。

いずれにしてももしNZD関連のペアで取引する場合は
最大の注目材料になる指標と言えますから、
取引する前には資金管理を万全にしておくこと。

またオセアニア系で取引される方はスワップ目的も多いと思うので
その点に注意して過剰なポジション量にならないように注意が必要。

さらにオセアニア系はスワップが多いことが多いのですが
米ドルやユーロなどに比べて突発的な動きが出ることもありますし
年間の変動率も大きくなることが多いため注意しておくと良いと思います。







【なぜ逆張りして負けるのか?僕のチャート活用法】 低リスク時だけエントリーする方法
【期間限定!業者提供の無料売買シグナル】 時間の無い方必見の売買シグナル活用法
【秘密を公開?円高でも負けない取引の秘訣】 - 僕の分析&取引方法レポート
2007-08-03 : 為替予想・取引結果 : topへ戻る

■7月の取引結果&今日のドル円分析■ISM製造業景況指数に注目

昨日は一旦戻す動きを見せたドル円ですが、今朝はまた元に戻り
さらに膠着感から下落方向の気配が出てきていますね。

メルマガに書いていた119.30付近の節目を明確に抜けるかどうか、
という点に注目していたのですが、結局そこもクリアできず。
雇用統計に向けてますます面白くなってきました。

今日の重要指標としては、米ISM製造業景況指数の発表が予定されています。

ドル円においては引き続き118円と119.30付近の間の動きがどうなるか、
下を固めていくことができるのかに注目しています。
週末に向けてある程度固めていければ、雇用統計でどちらかへの
ブレイクが期待できるだけに楽しみなところ。

さて昨日は結局夜もなかなかチャンスを見出せず
本業の作業をしていたこともあって取引はなしでした。

119.3を超えられずに落ちればショートしたいと思っていたのですが
結局落ちたのは寝た後だったようで、今朝おきて1つポジを追加したのみ。
7月最終日はこれといったハイライトもなく終わりました。

ではまず7月の結果から。

続きを読む

2007-08-01 : 月別FX取引結果・長期トレンド : topへ戻る
ホーム

期間限定復活!取引手法レポート

2007年以来3,000人超申込の人気企画
取引手法レポート 初心者や勝てない方に向けて、負けない取引をするための手法について書いてみました。
→詳細はこちら

バイナリーオプション戦略・攻略法

FXバイナリーオプション戦略・攻略法 FXバイナリーオプション戦略・攻略法
 最低50円から。最短2分後の相場が
 現在値より上か下かを当てるラダー、
 レンジに収まるかを当てるレンジ取引。

 リスクを限定できる面白い投資だけに
 【勝率が高く見込める相場だけ攻める】
 という戦略・攻略法を考えてみました。
・FXバイナリーオプション攻略法&戦略

使わないと損!プロ御用達のFXツール

フォーキャストチャート 使わないと損!【未来予測ツール】
 初心者でも簡単に使える秀逸FXツール。
 膨大な過去データから未来を予測。

 為替相場分析をする時間が少ない方や
 サラリーマンの方にオススメ。

 過去一致率99%以上の驚愕結果も。
・ぱっと見テクニカルを活用した攻略法

短期・中期トレンド・節目を簡単に出す方法

時間のないサラリーマンは活用必須!
【節目,短期・中期トレンド,売買戦略】
などを通貨ごとに網羅した秀逸ツール。
時間のない方も活用して勝率UPに!

為替見習限定キャッシュバック上乗せ!
■ トレンド・節目を簡単に取得する方法

もらわないと損!【トラリピ教科書&DVD】

トラリピFX 【長期運用】100万を30年で5000万に
 円高はトラリピのチャンス?
【実践FXトラリピの教科書&トラリピチャンネルDVD

指標過去データ活用で勝率・利益率UP

指標過去データ 重要指標の取引前に効果を発揮
指標過去データ 【ファンダメンタル図マップ】

初心者も簡単に使える秀逸ツール。
過去の重要指標データから未来を予測。

雇用統計などの重要指標をはじめとして
重要指標をピンポイントで狙うことで
取引の効率化&勝率UPへ繋がります。


指標インパクトランキングは必見!
■ ファンダメンタル図マップ活用法

勝つためのFX業者選択

勝てないのはFX業者選択のせい?
FX業者活用術 FX業者変更で勝率UP!
■ 知らなきゃ損!用途別FX業者活用法

勝率改善に有効だった検証方法

FX検証 継続的勝利への最短ルート!

【なぜ注文した瞬間逆に動くのか】
【あの時待ってれば勝てたはず】
【あと資金が100万円多かったら】

これらを全て解消する検証方法。

過去の失敗を修正するなかで
偶然生まれた検証方法であり、
勝率が劇的に改善した方法です。

自分の経験からも間違いなく
継続的勝利への近道と確信。
是非一度試してみてください
■ 【FXにおいて最も大事なこと】

FXブログアーカイブ

FXブログ内検索

オートレールを試してみた

使わないと損!デイトレ革命かも
リスクを限定しつつ利益はどこまでも伸ばせる。しかも繰り返し自動発注機能まで!
→詳細はこちら

通貨比較で勝てるFX取引手法

初心者でも失敗・大損しないために
通貨比較で勝てるFX取引手法 実際読んだ初心者の方から失敗しなくなりましたとの声を多くいただいているレポート。
→詳細はこちら

iサイクル注文、トラリピ比較検証

同設定比較検証結果追記!
取引手法レポート 仕組みの違いや同設定比較検証結果を踏まえたメリットデメリットを書いてみました。
→詳細はこちら

マイナススプレッドも!ウルトラFX

使わないと損!スプレッド最狭!
 まだの人は必見。年間数万円差も?
・セントラル短資FX・ウルトラFX詳細

実際の利益率、比べたことありますか?

【コスト安は当然。信頼性が鍵】
 FX業界最狭水準スプレッド
 かつ最良スワップ水準!
 ストップ狩り・くるくる詐欺徹底排除
 使ったことが無い人は必見!
・信頼性抜群。顧客目線のSBIFXトレード

スワップだけで年利7%&不労所得!?

【今トルコリラが面白い!】
スワップだけで不労所得も?年利7%超、レバ3倍でも年利22%。さらにスワップ金利を証拠金に振替可能で安全性UPも確保。
知らない人は見ないと損!
■ 年利換算7%超!スワップで稼ぐならトルコリラ!?

【1枚取引のみ】で1,000円プレゼント!

1取引だけで1,000円プレゼント

FXにおける体験・検証・工夫・修正

FX必勝法 継続的に勝つために工夫していること
■ FX取引手法(短期取引)関連
秀逸FXツールを活用して勝率を高める
バイナリーオプション攻略法
僕の順張り取引法・チャート活用法
最も低リスクな通貨だけ攻める工夫
短期・中期トレンドの出し方



■ FX長期運用関連
・トラリピ攻略法・戦略レポート
100万を30年で5000万に【長期運用】
・トラップリピートイフダン(トラリピ)とは?



■ リスク管理、資金管理、取引前の準備
定点観測することの重要性
円高相場を得意にする取引の秘訣
メンタル鍛錬、取引前シミュレーション法
勝率改善に最も有効だった取引改善法
円高大損体験から導き出したリスク管理法
初心者が陥りがちな失敗パターン
スプレッド縮小の落とし穴
FXにおける人間の心理と対策



■ FX業者使い分けに関する工夫
FX業者使い分けで勝率、利益率を改善
上手な人の取引内容を真似る方法
重要指標の過去データを活用する方法



■ FX業者のキャッシュバックで儲ける
FX業者キャッシュバック【高効率版】
FX業者キャッシュバック【全業者版】



■ FXの税金対策・確定申告関連
【2012年版】FXの確定申告・税金処理
早めの準備で大きな差(FXの税金対策)



■ 参考にしているFX書籍
参考にしているFX書籍1
参考にしているFX書籍2

まぐまぐ殿堂入り!為替見習のFXメルマガ

FXメルマガ 【殿堂入り!】2007年1月から配信中
2011年3月から発行周期・内容変更
登録はこちら→FXメルマガ登録
powered by FXメルマガ powered by まぐまぐ

月別FX取引履歴(ブログ開設以降)

FXブログ開設後の取引履歴
2002年から開始した僕のFXは、
早いもので10年以上が経過しました。
ブログを作ったのは2006年4月。
以下が開設以降の月別収支です。

たくさん利益を出されている方は
世の中にたくさんおられるので
僕の履歴などショボいものですが、
失敗談などが反面教師として
参考になれば幸いです。

■ 月別FX検証結果(カテゴリー)
・2016年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2016年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2015年の年間FX確定利益額も記載)

・2015年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2015年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2014年の年間FX確定利益額も記載)

・2014年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2014年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2013年の年間FX確定利益額も記載)
・2013年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2013年1月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2012年の年間FX確定利益額も記載)
・2012年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2012年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2011年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2011年の年間FX確定利益額も記載)

・2011年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2011年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2010年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2010年の年間FX確定利益額も記載)

・2010年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2010年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2009年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2009年の年間FX確定利益額も記載)

・2009年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2009年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2008年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2008年の年間FX確定利益額も記載)

・2008年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2008年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2007年12月のFX取引詳細&確定利益額
(2007年の年間FX確定利益額も記載)

・2007年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年4月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年3月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年2月のFX取引詳細&確定利益額
・2007年1月のFX取引詳細&確定利益額

・2006年年間FX確定利益額
・2006年12月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年11月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年10月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年9月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年8月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年7月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年6月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年5月のFX取引詳細&確定利益額
・2006年4月のFX取引詳細&確定利益額

「兵ブロガー相場予想」参加中!

兵ブロガー

FXブログ - RSSフィード


FX・外国為替証拠金取引ブログ - RSSフィード

お気に入りに追加する


為替見習のFXブログをお気に入りに追加する