archive: 2007年06月  1/2

スポンサーサイト

No image

■6月の結果:来週は日銀短観に雇用統計!

No image

今週はテクニカル面で見てなかなか面白い週でしたね。ここしばらく中期的目線の指値が刺さるようなこともなくメルマガに中期的指値を書き続けるのも気が引けたんですが今週はようやくそれらもヒットしてうまく回すことができましたし、テクニカル面で見ても相場に動きがあり、楽しい週だったと思います。昨日は本業の経理作業をやっていたおかげであまり相場を見れませんでしたがメルマガに書いていた通り中期的指値でもったドル円...

■FX重要指標解説:FOMC政策金利発表とは

各国の政策金利発表の中でも最も注目度が高く為替相場やその他の相場に大きな影響を及ぼすことがあるのがFOMC政策金利発表。つまり米国の政策金利発表です。今回はこのFOMC政策金利発表がどんなイベントなのかそして為替相場にどんな影響があるのかをおさらいしておきましょう。【FOMC政策金利発表とは】FOMC政策金利発表とはFOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)が米国の金融政策を決定する会合のことで、世...

■FX重要指標解説:ミシガン大消費者信頼感指数とは

米国の重要指標の中でも注目度の高いミシガン大消費者信頼感指数。速報、確報とそれぞれにインパクトが強く、為替相場の動き、特にドルに影響が大きく出ることがある重要指標です。今回はこのミシガン大消費者信頼感指数がどのような指標なのか、為替相場にはどのような影響が出るのかなどをおさらいしておきましょう。【ミシガン大消費者信頼感指数とは】まずミシガン大消費者信頼感指数とは消費者信頼感指数の一種です。消費者信...

■FX重要指標解説:消費者物価指数(CPI)とは

米国に限らずどの国でも注目される重要指標の代表格、それが消費者物価指数(CPI)です。しかも消費者物価指数(CPI)の結果は為替相場にも影響を与えることが多くFX取引をする上ではかなり重要度の高い指標と言えるもの。では消費者物価指数(CPI)がどのような指標なのか、おさらいしておきましょう。【消費者物価指数(CPI)とは】消費者物価指数(CPI)とはとは、消費者が実際に購入する際の小売価格の変動を表す指数。わかりやすく言え...

■FX重要指標解説:機械受注とは

日本の重要指標の中でも注目度が高く時折大きな動きが出ることもある機械受注。いわゆる企業の設備投資に関する指標なわけですが月次調査に加え、2月、5月、8月、11月には当該四半期の見通しが発表される重要指標です。では機械受注がどのような指標なのか、おさらいしておきましょう。【機械受注とは】機械受注とは、内閣府経済社会総合研究所が月次発表する指標で、代表的な景気動向の先行指数の一つと認識されている重要指標で...

■FX重要指標解説:鉱工業生産とは

各国の重要指標の中でも結果によって変動が大きくなりやすく、過去にも何度か大きな変動があった鉱工業生産。特に米国の鉱工業生産は重要度が高い指標ですし、ユーロ圏やドイツ、英国、日本それぞれの国において重要視されている指標。では鉱工業生産がどのような指標で、過去の為替相場でどのように変動したのか2002年以降の自分の経験を含めおさらいしてみようと思います。【鉱工業生産とは】まず鉱工業生産とは、鉱業または製造...

■FX重要指標解説:新築住宅販売件数とは

米国の重要指標である新築住宅販売件数。2002年からFX取引をするなかでも相場を動かすことが多い重要指標です。では新築住宅販売件数がどのような指標なのか、おさらいしておきましょう。【新築住宅販売件数とは】米国新築住宅販売件数とは、米国内で販売された新築住宅件数を、米商務省統計局が集計して毎月発表している重要経済指標です。(前月28日から当月4日までに販売された新築の住宅件数)「住宅の売上は米国全体の消費意...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。